離職理由

こんばんは、スズメです。

今、帰りのバスを待っているところです。

どうしても、この時間になるとバスの本数が少なくて、通勤時間が1時間のところが1時間半になったりします。

1日2時間とかって、結構大きいですよね…

現在、シマ会計では中途採用、来年の新卒の社員等を募集しております。

そこで、厚生労働省の前職を辞めた理由の多いものの統計を見てみました。

男性と女性の理由の上位は異なっていたので、男女別に見てみると

【男性】

1位 定年、契約期間の満了

2位 労働時間、残業等の労働条件が悪かった

3位 会社の将来が不安だった

4位 お給料等の収入が少なかった

5位 職場の人間関係

【女性】

1位 労働時間、残業等の労働条件が悪かった

2位 職場の人間関係

3位 定年、契約期間の満了

4位 お給料等の収入が少なかった

5位 仕事の内容に興味がなかった

前年度の統計より、労働時間、残業等の労働条件が悪かったのポイントが上がっているようです。

転職歴のある私も上記の1位~5位にある理由で退職したりしています。

新しい人材の確保が難しい中、今いる従業員の退職を防ぐためにも、不満を減らして、長く働いてもらえる会社作りは大切ですね。


お疲れ様でした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.06.20 22:15 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

お金のおはなし(借りる場合)

こんばんわ、ノリオです。




また、お金の話です(笑)




奨学金制度というものがあるというのをご存知でしょうか?



代表的な奨学金制度に、日本学生支援機構が行う奨学金制度があります。


無利息の第1種奨学金と利息付の第2種奨学金があります。


奨学金制度の利用要件には、親の所得金額に係る基準が設けられています。




貸与対象者は、学生本人



申込時期は、決められた募集期間内(年2回だったような気がします)



貸与金額は、区分によって異なります。月々定額の貸与



成績要件は、ありです。ただし住民税非課税世帯であれば成績要件はないです。



返済期間は、割賦方法、金額によって異なります。



利息は、第1種奨学金は無利息です。第2種奨学金は年利3%を上限とする利息付
(在学中は無利息です)



対象となる学校は、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校です。


教育資金に参考なさってはいかがでしょうか?


実はワタクシ、この9月で支払いが完了します。月々15,000円払ってきました。

長かったな(笑)



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.19 17:36 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

未知の力

こんばんは、税理士のシマです。

最近、いろいろな方から未知の力をいただいております。

タロット占い、星占い、手相占いの方や風水師の方、そして陰陽師の方。

僕はこういう未知なる力を信じています。

そして、言われたことを素直に受け止め、実践します。

法外なお金を要求されるようなおかしな宗教は信じませんが、僕が妥当だと思う料金だと思う方の未知なる力は信じます。

松下電器の松下幸之助も3人の占い師の意見を聞いて、商売の参考にしていたようで、やはり人間は何事もやってはいけないトキはあります。そのトキを確認するため、未知なる力を持っている人の力を借ります。

ついこの間、事務所の間取りを見ていただいたときに、出入口が二つあることを指摘されました。

基本的に出入口が2つあることはよくないようです。

入ってきたものが出ていってしまう。
内部留保が溜りにくいようです。

これを素直に聞いて、出入口を一つ閉鎖しました。

今まで使っていた扉なので、事務所のスタッフには不便をかけることになるのですが・・・


ただいま人材教育の研修を受けておりまして、将来的に事業として行っていこうと考えております。

その事業についても聞いてみたところ、最初はもたつくかもしれないですが、将来的にはお金を生む商売となるとのこと。

これを信じて、この事業を継続させていこうと思っています。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.18 20:32 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

収益認識に関する会計基準と税務

こんにちわ。
美術館巡りが大好きなクミちゃんです。

最近話題の「収益認識に関する会計基準と税務」について少し
調べてみました。

法人税法第22条の2が創設され、収益計上基準と対価が法令
で明文化されました。


1.収益計上基準について
  原則は、目的物の引き渡し又は役務の提供の日の属する
  事業年度に益金算入されます。
  一方、一般に公正妥当と認められる会計処理に従って収益
  として経理した場合は、「目的物の引き渡し又は役務の提供
  の日」に近接する日の属する事業年度に益金算入されます。

2.対価について
  資産販売もしくは譲渡した時の価格又は提供した役務に対し
  て通常得べき対価と明文化されました。


ちなみに、返品調整引当金と長期割賦販売等に係る延払基準
が廃止となりました
(※経過措置あり)。


色々と難しく書きましたが、収益の帰属時期は「引渡し」、計上
金額は「時価」の基本思考が税法上に明文化されただけで、
従来の解釈とあまり変わらないようです。

日々勉強ですね~!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.15 17:25 | 職員クミちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

人不足

とうとうワールドカップが今日から開幕しますね。
毎日のようにサッカーが見れるわけですが、
見たい試合が真夜中だったりすので寝不足になること間違いなしでございます。笑

こんにちは。
デーキタです。


最近、どこの会社でも人の採用に関することを多く耳にします。

人不足で求人を出したけど全く効果がなかったり、
入ってもすぐに辞めてしまった、
などなど

頭を悩ませているようです。



私もダカウーさんと
求人票の内容を考えたり、企業説明会に参加したりと
シマ会計の人事関係で色々と動いているのですが、
実際やってみると思っていたところと
違うことが多いですね。


自分たちが新卒で働いた頃はこんくらいの給与だったから
同じでくらいで求人出しちゃおうと思っていたけど
周りの同業種の求人を見たら水準が全然違っていたり

給与が高ければ来るんじゃね?
なんて考えてたりもしましたが、
給与面よりも残業が少ないことを
優先する人が実は多かったり

この資格は持ってて欲しいよねっと思っていたけど
その資格を持っている人が実はかなりレアなケースだったり


思っていたことと全然違いすぎて衝撃的の連続です。




こういうことも求人出して何も考えずに待っているだけでは
いつまでたっても気がつけなかったと思うので非常に良い経験でした。

説明会なんかは学生のリアルな声が聞けるので
逆に勉強になることが多かったです。笑



あと、これからは会社側も努力しなければならないですね。
給料も低いよりは高い方が良いに決まっているし、残業もあるよりはない方が良い。
そのためには生産性をあげていく必要があると思いますし、
必ずしも即戦力になる人が常に採用できるとも限らないので
人を育てる仕組みづくりをしたり、逆に育てなくとも誰でもできる仕組みづくりをしたり。

今後、そういったことをした・している会社に人は集まるのではないでしょうか。

というより、そうであってくれ!笑

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.14 18:51 | 職員デーキタ | トラックバック(0) | コメント(0) |