FC2ブログ

粗利益が大事

最近、すぐにお腹が減ります。


こんにちは、ユースケです。

日頃お客様との打ち合わせでよく聞かれるのは、その会社さんの利益がプラマイゼロになるポイントです。

「うちはあとどれくらい上がれば利益が出るんだろう?」
「うちはあとどれくらい下がってしまったら赤字になってしまうんだろう?」

というご相談です。

この時一番重要になるのが「粗利益(あらりえき)」です。
略して「粗利(あらり)」と言ったりします。

粗利益とは端的にいうと、「売上から仕入を引いたもの」になります。
が、実は「仕入」だけではダメで、「売上から売上に応じて変わる経費を引いたもの」というのが正解です。

この「売上に応じて変わる経費」を「変動費」と言います。
仕入はもちろん、外注費や荷物の運賃、業種によってはガソリン代などが該当します。

ちなみに、この変動費以外の経費を「固定費」と言います。
売上の有る無しに関わらず、絶対にかかる経費です。
人件費や家賃や広告費などですね。


で、本題です。
会社がプラマイゼロのポイントになるのは、この「固定費」と同じだけ「粗利益」があればプラマイゼロになりますよね。
年間の固定費が1,000万円なのだとしたら、粗利益を1,000万円稼げばプラマイゼロなのです。

ですが、これがわからなくなってしまいます。
なぜかというと、「売上」という小悪魔がいるからです。

どうしても気になってしまうんですよね、売上って。
どんな会社の社長さんでも売上だけは把握されています。
売上さえあげればいいという、売上至上主義の会社さんもそこそこあります。

でも、その売上をやっていくら残るか、つまりいくら粗利が残るかを把握している会社さんは意外に少ないです。
けれども、どんなに売上をあげても粗利が残っていなければ全く意味がありません。

重要なのは粗利益です。粗利益を把握することです。

この商品を売ったら、この仕事を受けたら、いくらの粗利益になるのか?
そして、それを何個売ったら、何件受けたら年間の固定費と同じだけの粗利益になるのか?

この考えがすごく大事です。
ただし、この考えをするためには小売・卸売業だと「商品別の販売管理」や、建設業だと「工事台帳」などで、きちんと粗利益の実態を把握することが必須です。


粗利益、大事です。
是非、売上ではなく、粗利益に視点をシフトしてみてください。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2019.06.18 19:23 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

諦めたらそこで

ワタクシ、寝汗がやばいみたいです。


こんにちは、ユースケです。

先週末で繁忙期(12月〜5月)が終わり、本日から通常期に入っております。

税理士業界の繁忙期と言えば、終電近くまで連日残るみたいなところがザラにあり、周りから「不夜城」と揶揄されたりしています笑

そんな中、今年シマ会計は繁忙期を振り返ると、なんだかんだ言って年々業務効率が良くなって、帰る時間もだいぶ早まりました。
残業しても日によりますが19:00までとかそんな感じです。
ただ、残業は残業ですけどね。

来年は、繁忙期といえどスタッフ全員が定時にピタッと帰るように仕組みづくりをしていきたいです。
そのためには、新しいものを怖がらずテクノロジーの導入も進めて、新たなサービス商品や社内の仕組みも作り上げなければなりません。

そして何よりスタッフ全員のマインドを変えなければなりません。
というよりも日本の企業風土を変えなければなりません。

働き者の日本人は残業について

「こんな遅くまで残業してて偉いね!ありがとう!」

というように、残業は会社のためにいいことという考えだったように感じます。


ですがこれを

「なんで残業してるの?仕事遅いね。もっと効率考えてよ」

という考えにシフトしなければならず、そのような文化を作らなければならないと思っています。

働き方改革が謳われて、少しはこの考えになっている企業も増えてはきているとは思いますが、まだまだ昔のままのところがほとんどです。

シマ会計では人事評価項目のうちの一つに「残業時間」があり、残業時間が少なければ少ないほど評価が上がる仕組みにしています。
仕組みで文化を変えていこうという取り組みです。

繁忙期に残業するのは「しょうがない」と思ってしまった時点で負けです。
諦めているのと同じです。
諦めたらそこで試合終了です(安西先生)

今までの当たり前を当たり前と思わず、新しいこと・考え方を取り入れて活動していけばきっと結果は出ます。

諦めることなく、チャレンジを続けます!!






ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.06.03 18:30 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

毎年恒例の

先月、二人目の子供が産まれました。

長男と顔が瓜二つで、遺伝子ってのはすごいなーと実感しております。


こんにちは、ユースケです。

先週末、毎年恒例の実家の田植えに行って参りました。
天気も良く、いい気分転換になりました。
肉体労働なので、体はバキバキになりましたが笑

農作業も税理士業界と同じで、どんどんIT・AI化されていっています。
某ドラマでもやってましたが、無人トラクターも本当にありますしね(ワタクシの実家にはそんな高価なものはありませんが笑)

ですが、今のところどうしてもIT・AI化できない手作業の部分が残っています。

田植えの工程だと、苗を育てているハウスから、田んぼまで苗を運搬する作業です。
ここはまだ、完全に手作業(肉体労働)です。

ハウスから苗をトラックに載せて、トラックを田んぼまで運転して運ぶ。
という作業内容です。

こういう手作業は毎回の工夫が必要で、以下に楽に早く運ぶかを考えなければ続けなければなりません。

「一般的には」
ハウスに並べられている苗をトロッコに数十枚載せる → それをトロッコでハウス外まで運ぶ → そこからさらにトラックに載せ替える
という流れを繰り返します。

が、基本的に何をするのでも工夫して楽をしたい考えのうちの親父(こういうところはワタクシ似たのかもしれません笑)は、新たな方法を編み出しておりました。

トラクターに苗を載せる台を製作して、トラクターごとハウスに入り苗を一度に大量に積み、それをフォークリフトという機械でトラックに載せるという方法です。
(実際に見ないとなかなかイメージできないかもしれませんが)

ですがこれで、劇的に楽になりました。
苗を人間が載せる作業が1回減ったのです。

おそらく、どの農家さんも上記の「一般的な」方法で作業していると思います。
農家さんに限らず我々も、「一般的」というのは一番怖く、その一般論を常に疑わないといつまで経っても新しいものは産まれませんし、効率も上がりません。

周りから見たら突飛なことをやっているように思われるかもしれませんが、そういうことが新しい文化を作っていくのではないかと思っております。

毎年のことながら、実家での田植えは色々学ばせてもらっております笑

今から新米が楽しみです!!
写真 2019-05-19 17 29 32









ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.05.21 19:27 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

医療費控除が申告不要に?

洗車した次の日は、基本的に雨か鳥のフンが降ってきます。

なんでだ!!笑


こんにちは、ユースケです。

今日、ネット版の日経新聞に、
「医療費控除手続き簡素化 マイナンバー活用」
という記事がありました。

なんと、政府が2021年分の確定申告を目処に、医療費控除の申告が不要になるシステムをリリースするようです。

医療費控除は、1年間の医療費(病院代、薬代など)が10万円を超えると、その超えた分がその人の所得から控除されて所得税・住民税が安くなる制度です。

ただこの医療費控除、なかなか大変な作業で、
1件の病院等ごとに、病院名、住所、医療費の集計額を記載しなければならなくて、しかも、年間10万円を超えた部分しか控除の対象にならず、作業の割に税金が安くならないという。。。

それが!申告しなくても計算してくれるなんてなんて素晴らしいのでしょう。
なんか、たまには政府いいことやってくれそうだな、って感じです笑

そして、よーーーーーーーーーーやくマイナンバーが動き始めたんでしょうか。
莫大な予算使ったのですから、いい加減動かさないとマズイと思いますが。。


何にしても、ITや仕組みの力で単純作業がなくなるのは大歓迎です。
なんなら、10年以内に税理士業界の仕事がIT・AIに取って代わられるとか前々から言われてますけど、10年以内なんて言わずもっと早く取って代わってくれないかななんて思います。

そうすれば今まで単純作業していた時間を使って、もっと違った良いサービスをお客様に提供できますから。

ちなみに明日は、最近気になるITサービスに関して打ち合わせがあります。
現在トライアル中ですが、シマ会計が誇るオタクゲーマーのデーキタが、そのゲーマーの能力を存分に発揮させていい感じで進めてくれているようです。

これもうまく実れば単純作業がだいぶ減りますのでなんとかやっていこうと思います。

それではまたー!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.04.16 23:12 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

特別償却

最近お腹がやけに減ります。
夜に米2合食べます。

32歳ユースケ、全然太りません。


こんにちは、ユースケです。

みなさん、「特別償却」はご存知ですか?
特別償却は、資産の購入時に通常の減価償却に上乗せしてさらにその金額を増やすことができる制度です。

例えば、その期の減価償却という経費が本来100万円だけど、そこにさらに30万円プラスして130万円の経費として計算できるという感じです。

おいしいですね。おいしい話ですよね?
はい、おいしい話ということは、色々条件があるわけです。

ということで、以下簡単に条件をまとめてみました。

①青色申告である
②資本金が1億円以下である
③2019年3月31日までに取得した資産である
④その資産が新品であること
⑤この制度に該当する資産であること
 →例えば機械装置だと「新品で」「取得価額160万円以上である」こと
⑥該当する事業であること
 →不動産業、物品賃貸業などは対象事業となりません

という条件をクリアすると特別償却することができます。
(ただ、実際には、もう少し細かい要件がありますので、具体的なことはお近くの税理士までお問い合わせください。)

この制度、知ってるか知ってないかの差だけでその取得した年に経費にできる金額が変ります。

「新品で」「ある程度高額な資産」を取得しておりましたら、この制度に該当する可能性がありますので、是非ご検討ください。

※2019年3月27日現在の法令に沿っております。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.03.27 19:05 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |