FC2ブログ

医療費控除が申告不要に?

洗車した次の日は、基本的に雨か鳥のフンが降ってきます。

なんでだ!!笑


こんにちは、ユースケです。

今日、ネット版の日経新聞に、
「医療費控除手続き簡素化 マイナンバー活用」
という記事がありました。

なんと、政府が2021年分の確定申告を目処に、医療費控除の申告が不要になるシステムをリリースするようです。

医療費控除は、1年間の医療費(病院代、薬代など)が10万円を超えると、その超えた分がその人の所得から控除されて所得税・住民税が安くなる制度です。

ただこの医療費控除、なかなか大変な作業で、
1件の病院等ごとに、病院名、住所、医療費の集計額を記載しなければならなくて、しかも、年間10万円を超えた部分しか控除の対象にならず、作業の割に税金が安くならないという。。。

それが!申告しなくても計算してくれるなんてなんて素晴らしいのでしょう。
なんか、たまには政府いいことやってくれそうだな、って感じです笑

そして、よーーーーーーーーーーやくマイナンバーが動き始めたんでしょうか。
莫大な予算使ったのですから、いい加減動かさないとマズイと思いますが。。


何にしても、ITや仕組みの力で単純作業がなくなるのは大歓迎です。
なんなら、10年以内に税理士業界の仕事がIT・AIに取って代わられるとか前々から言われてますけど、10年以内なんて言わずもっと早く取って代わってくれないかななんて思います。

そうすれば今まで単純作業していた時間を使って、もっと違った良いサービスをお客様に提供できますから。

ちなみに明日は、最近気になるITサービスに関して打ち合わせがあります。
現在トライアル中ですが、シマ会計が誇るオタクゲーマーのデーキタが、そのゲーマーの能力を存分に発揮させていい感じで進めてくれているようです。

これもうまく実れば単純作業がだいぶ減りますのでなんとかやっていこうと思います。

それではまたー!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2019.04.16 23:12 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

特別償却

最近お腹がやけに減ります。
夜に米2合食べます。

32歳ユースケ、全然太りません。


こんにちは、ユースケです。

みなさん、「特別償却」はご存知ですか?
特別償却は、資産の購入時に通常の減価償却に上乗せしてさらにその金額を増やすことができる制度です。

例えば、その期の減価償却という経費が本来100万円だけど、そこにさらに30万円プラスして130万円の経費として計算できるという感じです。

おいしいですね。おいしい話ですよね?
はい、おいしい話ということは、色々条件があるわけです。

ということで、以下簡単に条件をまとめてみました。

①青色申告である
②資本金が1億円以下である
③2019年3月31日までに取得した資産である
④その資産が新品であること
⑤この制度に該当する資産であること
 →例えば機械装置だと「新品で」「取得価額160万円以上である」こと
⑥該当する事業であること
 →不動産業、物品賃貸業などは対象事業となりません

という条件をクリアすると特別償却することができます。
(ただ、実際には、もう少し細かい要件がありますので、具体的なことはお近くの税理士までお問い合わせください。)

この制度、知ってるか知ってないかの差だけでその取得した年に経費にできる金額が変ります。

「新品で」「ある程度高額な資産」を取得しておりましたら、この制度に該当する可能性がありますので、是非ご検討ください。

※2019年3月27日現在の法令に沿っております。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.03.27 19:05 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

限られた時間で

こんにちは、ユースケです。

2週間前、妻が急遽入院をしなければならなくなり、本日無事退院してきました。

入院中は、夕方の早い時間から私が子供を保育園に迎えに行って、そのまま面倒を見なければならず、その関係で夕方から仕事ができない状況でした。

お客様には急遽日程を変更していただいたり、事務所スタッフの皆さんには私の仕事をお願いしたりで大変ご迷惑をおかけしました。
皆様には快よく対応していただきまして本当にありがとうございました。

この状況になり、わかったことがいくつかあります。

①在宅勤務の難しさ
 子供を迎えに行って、ご飯支度など一通りのことをやってから、自宅でも仕事をしていましたが、色々と思ったようにいかないところがありました。
 まず、子供が寝ない(笑)
 やはり寝付く時間が毎日バラバラで(そりゃそうだ)、「何時からこれぐらいの時間で仕事をしよう」と思ってもその通りにはいかず。。。
 結果的に、子供と一緒に早く寝て、朝の3時・4時に起きて仕事をするというスタイルに至りました。
 
 今回の私の状況とは違うと思いますが、在宅ワーカーさんを雇用しようと思った時にきっと同じような課題があるのだろうと思いました。
 ちょっと、在宅ワークを簡単に考えていましたが、「自宅の環境を整えてあげる」ことや「本当に自宅でやりやすい仕事を考える」ことをしないとなかなか難しいものだなと痛感しました。

②スケジュールの組み方
 今までは、空いている隙間に打ち合わせ日程などを組み込んでいましたが、それでは効率が悪いし計算が立たないのでこれを改善しなければならないと思いました(これは前からわかっていたことではあるのですが。。。)

 今回のような不測の事態が起こって、スケジュール調整をしようと思った時にできないのです。

 1年間の日程をあらかじめ決めさせていただいているお客様は何社かありますが、業務の関係上、このような決め方をどうしてもできないお客様もいらっしゃいます。
 
 ですので、1日中空けておく日を1ヶ月の間に何日か作るようにして、急遽の日程変更にも対応できるようにするなどの工夫が必要だなと思いました。
 

と、まだ色々と感じることはありましたが、今回の経験をもっと何かに活かしていきたいですね。

そして実はまだ、妻は退院したものの自宅からあまり外に出られない状況なので、保育園へのお迎えはしばらく続きます。
その間、引き続き皆様にはご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒よろしくお願いいたします。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.03.13 18:06 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

空家の3,000万円控除

キングダム(漫画)おもしろい。


こんにちは、ユースケです。

確定申告期間真っ只中ということで、確定申告ネタを一つご紹介いたします。

個人の方が、土地建物を売却した時に、その不動産を買った金額(※)より、売った金額の方が高ければ、その差額(売却益)に対して税率を掛けて税金を納めることとなります。
※建物については、買った金額から、売るまで期間に応じて価値を減少させた金額。

これは、相続で取得した不動産についても同様で、同じように計算され、税金がかかります。

ですが、その相続で取得した不動産が「空家」である場合、「あるいくつかの条件」を満たすものだと、その売却益から3,000万円を控除して税金計算をすることができます。

その主な条件は

①昭和56年5月31日以前に建築されたもの
②区分所有(分譲マンション)ではないこと
③亡くなった直前に、その亡くなった方しか住んでいないこと
④売るまでの間、「空家」であること
⑤建物を取り壊してから売ること
⑥建物を取り壊さず売る場合は、耐震基準を満たす工事をしていること
⑦売却額が1億円以下であること
⑧相続で取得してから3年以内の売却であること
⑨2019年12月31日までに売却すること
⑩市町村から「被相続人居住用家屋等確認書」の交付を受けること

となります。
これは、全国的に空家が増えたことから、その空家の売却を促すことを目的として、2016年から始まった法律となっています。

しかし、個人的には条件が多過ぎてどうも使い勝手が悪いというか。。

しかも、建物に関しては取り壊してから売るか、現代の耐震基準に適合させてから売らなければなりません。
この法律を知らない方がほとんどなので、そのまま建物ごと売っちゃう方がほとんどなんですよね。

とはいえ、条件に当てはまれば有効な節税策となりますので、空家を売却された方は是非ご検討いただければと思います。


(上記については、2019年2月22日現在の税制に沿った内容となります)

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.02.22 20:05 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

諦めません

牛丼愛が止まらない。


こんにちは、ユースケです。

会計事務所業界は、12月から年末調整が始まり、2月から3月は個人の確定申告、4月から5月は3月決算の申告業務と、ここから長い繁忙期に突入したわけですが、ワタクシはこの繁忙期を無くしたいとずーーーっっっっっっっと思っております。

事前準備の工夫や派遣さんの採用など、ここ何年もかけて色々な対策をしてきました。
対策の甲斐あってか、当初より少ーーしは良くなったと思います。
(当初は、毎日日付を越えるのが普通でしたからねーーー)

ですが、まだまだ「繁忙」になっているのは事実です。
残業もありますし、休日出勤もしなければならないスタッフもいます。

もっと大きな変革をしなければならないんでしょう。
常識に縛られない方法を取らなければならないのでしょう。
変なことしなけなければならいのでしょう。

その大きな変革の一つとして、あるものの導入を検討しています。
まだ具体的にはなっていませんが、来月その変革がスタートするかもしれません。
具体的になったら、改めてお知らせしますね。

繁忙期を「しょうがない」と思ってはいけません。
諦めたらそこで試合終了です笑

諦めず、変なことを考え続けたいと思います。



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.01.24 19:17 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |