感謝。

こんにちは。
シマヨメです。
長いですよ、今日は。今日も?あれ?

うちの事務所も開業して丸4年が経過しました。

4年前の夏、何にもない10坪の事務所に、夢と希望と無謀さだけを入れて
シマと2人で事務所をスタートした頃の事を思い出します。
不安もあったけど、楽しかったなぁ。
ついこないだのような気がするのですが、早いものですね。


今、事務所は移転し(同じビルだけど)、スタッフは
帳簿センターSのパートさんを入れて8名。


色んな方の助けがあって、お世話になったり 迷惑をかけたりしながら、
今の事務所になりました。
本当にありがとうございます。


スタッフ第一号のイノッチは、いまや中間管理職的ポジション。
記帳部門である帳簿センターSの運営をまかされています。
事務所に入った頃とは別人のようです。
なんか、おしゃれさんになったし!

業務はユースケが中心となってまわしています。
話しやすく、何かとよく気がつくユースケ。
それゆえに苦労する事も多いと思うけど、業務の立派な柱です。
事務所内外の架け橋になっています。

去年彗星のごとく登場したデーキタ。
そのガッツで急成長し、いまやユースケ・イノッチとともに、
外勤業務の一端を担っている。
どこをつついても、超絶ひねりのきいた答えを返してくれる。
ムードメーカーでもあり、今後の業務の要となる人です。

そして、マイさんが所内の事務を一手に引き受ける。
とんでもない量の仕事を、この一年こなしてきました。
根性もあるし、頼んだ仕事は何としてでもこなしてくれるという
みんなからの信頼もある。
これで事務所内のサポートは万全。

帳簿センターSのお二人には、
まだまだ若いメンバー達の良きおねえさんとして、
なかなか目が行き届かない細かいところのフォローをお願いできる。
入ってくれたのが、本当にこのお二人で良かった。


まだまだ未熟な事務所だとはいえ、それぞれにしっかりとしたポストがある。
与えられた役割をみんながこなして、事務所がまわっている。


シマが留守でも、本当に万が一だけど、もしシマに何かあっても、
きっと何とかなるでしょう。
これで、一安心。


そんな中、ここ一年ほど、ずーっと考えていた事があります。

「私、もうそろそろ、良いかなぁ?」

申し訳ないけど、後の事はお任せしよう。
そうしよう。


というわけで、私は今月いっぱいで、通常勤務から外れます。
よって、このブログが最後の投稿になります。


今まで読んで下さった方々、ありがとうございました。

リアルな友人からは「いつも仕事と関係ない事を書いてるなー」と
言われておりました。
難しい事をさらっと面白おかしく書く技術が無いのよね~。
専門的な事は、皆さんに任せますわ。

お会いした方に、ブログのことで突っ込みをいただくのも、
とても嬉しかった!
ありがとうございます。
ちゃんと誰かが読んでくれているっていうのが、
もう、嬉しくて、嬉しくて。

そして、
「どこどこの○○さんが、シマヨメさんのブログ面白いって言ってたよ」
というお褒めの言葉をちらほらといただきました。
ありがとうございます。
すいません、あまり為になる事が書けなくて。
でも、本当に嬉しかったです。
ありがとう。ありがとう。

なんでしょうね。
もっと、こう、思い出をしっかり振り返ったり、
真面目な事を書こうと思ったんだけど、
ここに来て思うのは、「ありがとう」だけです。


あ、念のため、離婚するとかそういうんじゃありません。
一部で妊娠説もあるようですが、違います。
ちょっとのんびりしたいだけです。
わがままですいません。

ただ「そろそろいいかな~」と思って、
なんとなく事務所の表舞台(?)からいなくなるだけです。


いつも通り、だらだらと長くいつまでもブログを書いていたい気分だけど、
きりがないので、そろそろこの辺でお別れです。



この4年、至らない点が多々あり、各方面の方々に、
沢山ご迷惑をおかけいたしました。
その節は大変申し訳ございませんでした。

関与先様、関係業者の皆様、
シマ会計に関わって下さった全ての方々、そしてスタッフ達。
皆様のおかげで、この4年、ここにいることができました。
改めて心の底よりお礼申し上げます。
大変お世話になり、ありがとうございました。

今後とも、主人、そしてシマ会計、帳簿センターSをよろしくお願い申し上げます。


どこかでまたお会いできる日を楽しみにしています。

それまで、さようなら!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2011.08.29 21:01 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

保険。

こんにちは。
シマヨメです。

保険、かけていますか?

あー、いや、保険を売ろうとしているわけではございません。
別に、「ねぇねぇ、いくらのどんな保険入ってるの?」と聞くつもりもございません。

それから、税理士事務所らしく、保険の節税効果について語ったりもしないし、
保険についての為になる情報も書いていません。
相変わらず読んでためになるブログでもございません。

あぁ、今日もダメじゃん。私。


先日、保険について考える機会がありました。

よく「人生設計」とか「何歳までに○○」という言葉を聞きますが、
自分がかかわる保険について考えると、
とてもリアルに今後の人生を想像してしまいます。

うちは、シマと私の夫婦。

たとえば、もし今シマが病気やケガで長期入院したら、
シマ家は個人で自営をやっているため、
仕事を長く休んでも、社会保険関係の給付金などを受ける事ができません。

そうなったら、通常の入院に備えた保険の他に、
生活費を貯金しておくか、民間の保険でなんとかするしかないわけで。

さらに最悪シマが死んでしまった場合。
取り残された私はどうするのか。
自分でしっかり稼いで生活するのが一番だけど、
ある程度の保障があると安心。
シマは何かしら考えてくれているようです。
頼りないヨメで、すまんね。

いつ亡くなったら、いくら必要なのか。
それは一括で受け取るのか、毎月受け取るのか。


私が病気やケガをした場合に、いったいどの位の保険があれば、
家計が破綻しないのか。
私が死んでしまったときにはお葬式代くらいでOKだけど、
それは、掛け捨てで安く済ませるのか、
保険料が高くなっても貯蓄目的を兼ねたものにするか。

何歳でこうなったらという最悪のシナリオを考え続けながら、
必要な保障を出していきます。

一通り出そろったら月々の保険料がいくらになるのか、
それは、きちんと無理なく払えるのかを検討。

なかなか濃い時間です。
頭がグルグルします。

世の中に「何歳までにこうなりたい!」という夢や希望にあふれた人生設計は
たくさんあります。
それは、心身健康であってこその人生設計。

保険について考えるときには、どうしても病や死について考えた、
リアルな人生設計になります。
自分の人生だけではなく、自分がいなくなった後のことも
めいいっぱい想像する不思議な時間です。

うちは夫婦だけですが、子供がいたらもっと考える事が多くて、
リアルに想像しすぎて、泣いてしまうかもしれない。

自分は独りだし、別に保険なんか要らないよという方も、
万が一の病気などを考えると、戦えるだけの資金が必要になるでしょう。


20才位の頃、何も考えずに知人のすすめで初めて保険に入ったときには、
説明を聞いても、ここまで考えなかったなぁ。

っていうか、自分も周りの人達も、いつまでも元気でいると思っていた。
保険が必要になるケースなんて、全くリアルに想像できなかった。
若くて、おめでたくて、幸せだった。

初めてきちんと考えたのは、20代の半ばで結婚した頃。
その時に出会えた説明上手な保険屋さんのおかげ。

そして今30代半ば。
自分はボケーッと生活していても、色々と考えさせられる事が増えてきた。




年、とったなぁ。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2011.08.24 20:47 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

嘘をつく。

こんにちは。シマヨメです。

嘘つきです。嘘です。
いや、それも嘘かも。

こうして嘘の上塗りをしていると、何が本当かわからなくなりますね。

最近どんな嘘をつきましたか?


以前コーチングを少し習った事があります。

コーチングとは、相手の話を引き出して、その人が何を望んでいるのか、
目標を達成するにはどうすればよいのかを導き出す技術です。
迷っているときでも、すでに答えは自分の中にあるものです。
それを導き出すのがコーチング。

短期講習が終わった後、個人的に講師の方とお話しする機会を作っていただき、
30分ほどコーチングを受けました。

プロにコーチングしてもらうと、
自分では全く自覚していなかった本音がポロポロと。

怖いですねぇ。
全く自覚無く自分に嘘をついていたなんて恐ろしいわぁ。


その後、どうして先生がこの道に入ったのかを伺う事ができました。

以前は会社にお勤めでしたが、ある日コーチングに出会い、
勉強を重ねるうちに、自分のクライアントを持つまでになったそうです。

コーチングの仕事をしながら、そのまま会社にいても良かったけれど、
いつからか勤め続ける事に何となく違和感を持つようになりました。
でも、会社を辞めると生活の保障はなくなる。
この先どうしようか、毎日悩みながら暮らしていたそうです。

コーチングには相手と対話するものの他に、「セルフコーチング」という、
自分自身の心の中を探るものがあります。

先生は、セルフコーチングをするのがとても怖かったそうです。
なぜなら、自分には絶対に嘘をつけないから。

聞き出すのも自分。答えるのも自分。
その作業には、希望もあるけど、もちろん大きな痛みや決断が伴います。

しばらく迷った後、ようやく覚悟を決めてセルフコーチングをして、
出た結論は「会社を辞めて独立する」でした。

結論が出たときには清々しかったし、
自分のことだから勿論少しは結果の予想は出来ていたけれど、
セルフコーチングの覚悟を決めるまでの怖さは相当なものだとおっしゃていました。

本当に自分の心に嘘無く向き合うのは、難しいですね。



自分にも他人にも全く嘘をつかずに生きるなんて、絶対無理だけど、
なるべく正直に生きたいものですねぇ。

正直者のおじいさんには良い事があるっていう昔話もあるし。

もしも私が正直者のおじいさんで、隣の強欲なおじいさんに可愛いポチを殺されたら、
器が小さいので、強欲じじいを赦すという選択肢は多分ありません。
そこで正直に行動してしまったら、何をしてしまう事やら。
隣のおじいさんの嫉妬をかう位なら、
嘘をついてでも何事もなかったふりをして生活した方がいいや。
その前に、大事なポチを失うくらいなら、大判も小判もいりません。
枯れ木に花が咲いたって、ポチは戻ってこないでしょう?
綺麗な花が咲いたら、私は余計寂しくなる。
得意げに灰をまくなんて、ありえない。

嘘つきと呼ばれない程度の嘘をついて、
宝のありかなんてわからない、何の芸もない犬と暮らし、
犬が天寿を全うするのを見守る方がいいや。

ま、私は特に正直者でもないので、そんなお利口な犬がうちにやってくることはないでしょう。

あれ?正直に生きるって話をしていたはずなのに、
また話がおかしな方向に行ってしまいました。



最近どんな嘘をつきましたか?

え?嘘をついた事がない?

それ、絶対嘘でしょ。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2011.08.08 19:35 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

早めの更新。

こんにちは。
シマヨメです。

税理士試験受験生の皆様、お疲れ様でした。
・・・・・・って、まだ受験中の方もいらっしゃいますね。

今日は所内研修のため、早めの更新です。





うちの犬(かなり大きめのチワワ)は、去年まであまり散歩が好きでは
ありませんでした。

散歩へ連れて行こうとハーネスを出すと、なぜかテーブルの下に隠れる。
ハーネスを着けようとすると、怒る。
なぜかひっくり返りながら怒る。

なんとかハーネスを着けると、今度は自分の基地へ行き、
出てこようとしない。
そんな面倒くさい犬でした。

ちなみに、休日大きめの公園へ行く「特別散歩」の時は、
妙に乗り気です。
ゲンキンなヤツです。

ところが今年、何故か突然散歩好きに。
ハーネスを出すと、伸びをするなど、謎の準備運動を始める。

リードを着けようとすると、フライングして玄関へダッシュ。
外へ出ると、はしゃぐ。

彼に一体何があったのでしょう?
飼い主ですが、さっぱりわかりません。

ちなみに、彼はもうすぐ10才。
人間に換算すると56才。

最近ますます人間の言葉を理解するようになったし、
おねだりするときの可愛い顔にも磨きがかかってきました。

まだまだ成長しています。
可愛いのぉ。


さすがに少し老いてきたのか、血液検査でコレステロールと肝臓の数値が
ひっかかってしまいました。

餌はシニア用だけど、もっと気をつけてあげなきゃなぁ。

いつまでも元気でいて欲しい。
それだけが私の願いです。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2011.08.03 16:26 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

税理士試験が始まりました。

こんにちは。
シマヨメです。

今年も始まりましたね。
税理士試験。

当事務所からも受験する者が3名。
年に一度のこの日のために勉強してきた3人。
どうか受かりますように。


ところで、税理士試験ってどんなものなんでしょう?


さて、税理士を目指すとしましょう。
(軽く言ってみたけど、茨の道・・・)


税理士になるには、当たり前ながら税理士試験を受けなければなりません。

(正確に言うと、試験を受けなくても、ある学歴で試験が一部免除されたり、
経歴や持っている資格によって受験が免除される事もあります。)


その前に、税理士試験には「受験資格」があります。
代表的なのは、
・大学、短大などで、一定の科目を履修し卒業した人
・日商簿記1級又は全経簿記上級を持っている人
などなど。
(この他にも色々ありますが、種類が多すぎるので省略)

なので、「よし!受験しよう!」と思っても、
受験資格が無い場合には、簿記の勉強から始める事になります。

ちなみに、日商簿記1級と全経簿記上級の難易度も、かなりのものです。
合格率は10%前後といわれています。


めでたく受験資格を手に入れて、次は試験。
「税理士試験」と言っても、一回受けて合格すれば、
税理士になれるという訳ではありません。


税理士試験は、科目別に行われます。
科目別に受験し、全部で5つの科目に合格して、税理士になる事が出来ます。

税理士科目は、1科目ずつ取得する事が出来て、1度に何科目でも受験できます。
ただし、それぞれかなりのボリュームがあるので、
複数科目の受験は相当ハードです。

科目のうち、簿記論・財務諸表論は必ずとらなければなりません。
ちなみに、簿記を勉強していた人はちょっと有利です。

その他に税法の中から3科目。
こちらは好きなものを選べます。
消費税・法人税・相続税・所得税・国税徴収法・酒税などがあります。

実際に仕事で使うのは、消費税・法人税・相続税・所得税が多いので、
この中から3つを選ぶのが王道のようです。



実際にどんな勉強をするのか?
なんで勉強している人はそんなに必死なの?
と思われるかもしれません。

まずは簿記論。
この科目は計算メインです。
帳簿をつける基礎(基礎を超えているような気もしますが・・・)の
問題が出ます。
とにかく練習問題を解きまくり、知識とスピードをつけるしかありません。


なにやら難しい名前の財務諸表論は、
理論問題と計算問題が出ます。

理論問題は、会計の原則的なことを、記述式で回答します。
「財務諸表」というくらいなので、計算は簿記論に近いのですが、
決算書類を作るまでの問題が多いです。
(ただし、妙に捻った問題が出たり、それは計算なのか?という問題が出る事も。
よめません。)


その他の税法は、理論問題と、計算問題が出ます。
計算ももちろん難しいのですが、なんと言っても厄介なのは理論問題。

試験対策としてテキスト一冊丸暗記です。
科目によってボリュームは違いますが、これが、本当に、大変。
試験が近くなると受験生はどこでも頭の中で理論の暗唱をしています。

問題は「○○について述べなさい」というシンプルなものが多いのですが、
回答欄は、白紙に罫線がひいてあるだけ。
それに覚えてきた理論をひたすら書く。
とにかく書く。
何も浮かばなくても、とにかくなんとか書く。


そうして頑張って勉強して試験を受けて、
各科目の合格率が10パーセント前後という狭き門。


みんな、働きながらよく勉強したなぁ。
本当に偉い。すごい。

受験生の皆さん、
今日試験が終わった方は、本当にお疲れ様でした。
そして明日・明後日受験の方、頑張って下さい。


うちの3名が無事突破出来る事を祈ります。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2011.08.02 19:35 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |