海外勤務

こんばんは、ノリオです。




本日は本来であればシマ所長の当番ですが、急遽ノリオがスクランブル登板です。



シマ会計では今のところ無さそうですが、お客様の従業員さんが海外勤務になるという
ことがあります。


もし来月から1年以上海外転勤なる場合、来月分の源泉徴収はどうなるのでしょうか?



海外に1年以上の予定で転勤する場合は、その来月分の給与には日本の所得税と復興特別所得税は
かからないので、会社は源泉徴収する必要はありません。



社員が給与計算の基になる期間の途中で海外勤務になっても、その期間の日本での勤務分について、
源泉徴収は不要です。



毎月末締めの給与の場合で、6月20日から海外の時、19日間は日本ですが、1か月分全てにおいて
源泉徴収は必要ありません。



ただし、出国後に支払うボーナスの計算期間中に日本勤務期間分が含まれているなら、
日本での勤務期間に対応する金額に20.42%の源泉徴収が必要になります。



海外勤務している社員の報酬であっても、国内の会社の役員として受ける報酬は国内所得
なので源泉徴収が必要です。



扶養控除等申告書を提出している社員が1年以上の予定で海外赴任する場合は、
会社は出国の日までに年末調整をしなければなりません。
(ただし、その年に支払う給与が2000万を超える場合は、不要です)

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2017.05.25 19:52 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

法務局へGO

首を寝違えて、○ェイタスを二日連続で貼っていたらかぶれてしまい、痒いです。



こんばんは、NORIOです。



前回は会社設立時の手続のうち、定款の認証まで書きました。

そのつづきで、「登記をしよう」です。


定款認証で、社名や事業年度や住所を決めたわけですが、登記をしないと
公に認められたことになりません。


どこで登記をするのかというと・・・法務局です。

方法としては
①実際に行く
②郵送で行う
③オンラインで行う

の3つがありますが、専門家に聞いたところ、①の実際に行くのがほとんどだそうです。

②の郵送で行うことはあまりなく、③のオンラインは専門家用のソフトが必要で、一般の方は
手に入らないようです。


法務局に提出した日が会社設立日になります。

1月4日が最も早い日になります。(1月1日から3日は設立日にはできません)


書類に不備がなければ、1~2週間で登記完了です。


登記が完了したら、登記事項証明書を複数取得しておきます。

銀行の法人口座設置、税務署への届出に使うためです。


登記が完了すると、いざ出陣という感じですが、

その前に届出書を役所に提出しなければなりません。


一例ですが、
法人設立届出署(税務署、都道府県、市町村の3カ所)

青色申告承認申請書(税務署)など

ハローワークや労基署に、

労働保険保険関係設立届出書、雇用保険適用事業所設置届出書、

健康保険・厚生年金保険新規適用届などを提出します。


銀行に法人口座設立のため、

履歴事項全部証明書、本人確認書類、法人の印鑑証明書(法務局で登録する)、
法人設立届出書(税務署の受領済み控え)などが必要です。


個人事業だと、開業届1枚で済みますが、手続や提出物にお金や時間がかかっていて
面倒な気もしますが、これが信用の元になっています。


法人設立を考えている方の参考になればと思います。











ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.05.16 19:28 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

定款とは

=======================================================================================================
連日、ご案内させて頂いております「シマ会計10周年記念セミナー&パーティ」はまだまだお申し込みを受け付けております。
お気軽に下記フォームからお申し込みください!

お申し込みフォーム↓
https://goo.gl/forms/jB9UELhoDomCFuX72
=====================================================
こんばんは、ノリオです。



朝5時くらいに、明るくて目が覚めます。
遮光カーテンの導入が必要でしょうか・・・



以前のブログで、会社設立の手続について書こうとして、途中で終わってしまっていたので
続きを書きます。


流れ的には、準備(社名、目的、資本金を決めるなど)→定款の作成と認証→登記書類作成と登記
→各種届出の提出 となります。



前回は準備まで書いたので、定款の作成・認証について書きます。


定款とは会社の憲法のような物で、


商号(社名です)、事業目的(何をする会社か)、所在地(どこに本店があるか)、資本金(元手はいくらか)、
発起人の名前と住所(資本金出した人の名前・住所)、発行可能株式数(何株まで資本金を集められるか)

これらは絶対に記載しなければいけません。(人間だって名前と住所が分からないとだめですよね)



行政書士さんや司法書士さんに手続を頼めば、定款を作ってくれますし、その後の手続もしてくれます。
自分で作るとしてもネットでひな形があります。


頼めば手数料、自分でやれば時間がかかります。 お金をとるか、時間をとるか、経営判断ですね。


定款が出来ましたら、これを認証してもらわなければなりません。(公証人の認証が必要)

公証役場で認証してもらいますが、公証人は元裁判官や元検事です。


自分で手続をするとしたら、
・公証役場に連絡して、定款原案のチェック依頼(メールなどで送って見てもらう)
・修正があれば修正する
・定款認証日時を予約して、その日に公証役場に行く。
・持ち物は、定款3部、発起人の印鑑証明、収入印紙4万円(自分でやる場合)、身分証明書、発起人の実印、
 委任状(代理人の場合)、認証手数料5万円です。

公証役場はどこにあるのか?ということですが、

札幌なら、大通西4丁目の道銀ビルと、大通西11丁目の登記センタービルにあります。


このあと、登記書類を作成して、法務局で登記をすることになります。


次回に続きます。
















ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.04.26 18:02 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

リサイクルショップに売る

こんばんは、ノリオです。


4月になって、今週は昨日からスーツは春物にしております。

こっそり履いていたヒートテック的なものも脱ぎ捨てました。


が、しかし・・・まだ若干早かったですかね、夜は寒いです。



3月末に引っ越して、4月から新生活が始まった方も多いと思います。

引越時にいらない物をリサイクルショップに売った人も多いでしょう。

売った個人から見れば不要品の売却処分ということですが、

お店の方から見れば仕入になります。



消費税は売上にかかった消費税から、経費にかかった消費税(人件費にはかかりません)を
引いて払うのですが、

仕入れ先が会社なら請求書が来ますし、そこには消費税額が記載されています。


しかし、一般人ノリオさんが不要な自転車を売りに行っても請求書は作りませんし、
消費税のことなんて考えませんし、早く売ってしまってそのお金で焼き肉が食べたいのです。


ノリオさんが売った自転車は消費税がかかる仕入にしてもいいのでしょうか?


結論としては、お店で売るために自転車を仕入れたので、仕入金額は消費税の
計算上引けることができます。

ノリオから5,400円(消費税400円)で仕入れて、10,800円(消費税800円)で売ったなら

800-400=400円を納めることになります。

実際には消費税込みで5,000円ちょっきりで仕入れると思うので、
この場合は4,630円が仕入値、370円が消費税になります。
※5,000÷1.08=4,630円、 5,000-4,630=370円と計算してます。



自転車売ったから譲渡所得が・・・と考えた方はいるかもしれませんが、
買値より損しているので所得は発生していません。
(生活用動産の譲渡による所得には所得税はかかりません、例えば自家用車を売ったなど、
ただし貴金属・骨董品などで1個30万円を超える物の譲渡による所得は対象です)



ノリオさんは5,000円を握りしめ、焼き肉屋へ走っていきました。
もちろんカロリーオーバーです・・・。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.04.06 18:21 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

一山越える

こんばんは、ノリオです。




最近午前五時半くらいに目が覚めます。

あと一時間寝かせてほしいです。

春眠暁を・・・とはいきませんね。




無事確定申告も終わりまして、一息ついているところです。

自分の確定申告はまだしたことがないのでそろそろやってみたいですね。

ふるさと納税くらいですかね、すぐ出来そうなのは。。。


お客様のふるさと納税の証明書を見てると、知らない市町村が多く出てきますね。
災害があったところへの寄付が結構ありました。


初めて、個人事業者として確定申告したという方もいらっしゃると思いますが、
どういう税金が発生するでしょうか?


主な税金は、所得税、消費税、住民税、個人事業税です。


個人事業主の所得税の納付期限は3/15ですが、口座振替を選択すると
支払期限が4/20まで延びます。(今年は)

1か月、納税資金の手当をする時間が出来ますので、来年に向けて
手続きしておくのもいいと思います。

前年分の申告納付額が15万円以上だと7月と11月に予定納税として3分の1ずつ
前払いすることになります。


消費税の納付期限は3/31ですが、口座振替を選択すると4/25が期限になります。

消費税も国税部分が48万円を超えて納めた方はこちらも予定納税として納めることに
なります。


上記は国税ですが、6月に住民税、8月に個人事業税の納税通知書が自治体から
送られてきます。


住民税は、一括か分割(4回払い)を選択することになります。


個人事業税は8月末と11月末に2回に分けて納税することになります。



他にも従業員を雇っていれば、源泉所得税、資産を持っていれば、固定資産税や償却資産税があります。


なんかもう毎月払っていますね。


正しく使われるといいですね。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

More ...

2017.03.16 20:04 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |