お金のおはなし(借りる場合)

こんばんわ、ノリオです。




また、お金の話です(笑)




奨学金制度というものがあるというのをご存知でしょうか?



代表的な奨学金制度に、日本学生支援機構が行う奨学金制度があります。


無利息の第1種奨学金と利息付の第2種奨学金があります。


奨学金制度の利用要件には、親の所得金額に係る基準が設けられています。




貸与対象者は、学生本人



申込時期は、決められた募集期間内(年2回だったような気がします)



貸与金額は、区分によって異なります。月々定額の貸与



成績要件は、ありです。ただし住民税非課税世帯であれば成績要件はないです。



返済期間は、割賦方法、金額によって異なります。



利息は、第1種奨学金は無利息です。第2種奨学金は年利3%を上限とする利息付
(在学中は無利息です)



対象となる学校は、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校です。


教育資金に参考なさってはいかがでしょうか?


実はワタクシ、この9月で支払いが完了します。月々15,000円払ってきました。

長かったな(笑)



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.06.19 17:36 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

資金計画のおはなし

こんばんは、ノリオです。



先日、株式投資を始めました。

まだ結果は出ていませんが、(評価益がプラス)なるべく長く持ちたいですね。
(売った買ったはなるべくしたくないので)





お金の話をしたところでなんですが、今、100万あったとします。

年2%で運用した場合、5年後の金額はいくらでしょうか?



は、






す。





はい、正解は1,104,100円です。








控えめにいって、年1%なら、1,051,000円です。







年5%なら、1,276,300円です。





年1%と5%なら、結構違いますね。






運用益もそうですが、利息が利息を呼ぶというのが、なんとも言えないですね。




ノリオがおいしそうな金の話をしてたぞ、っていっても自己責任でお願いいたします。

責任は取れませんので、悪しからず。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.07 20:20 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

役員報酬パート2

こんばんわ、奥さん。


NORIOです。





前回は、役員報酬について書いたのですが、続きです。




法人が役員に対して、法人所有の資産を贈与等した場合、経済的利益の供与を
した場合には、その経済的利益についても給与として取り扱います。




1 法人の資産を役員に無償で贈与した(その資産の時価100万円)→その資産の時価


2 法人の資産を役員に低額で売却した(時価100万のものを10万円で売却した
  →その資産の時価-売却額=90万円


3 法人が役員の資産を高額で買い取った(50万円のものを120万円で買った)
  →購入価額-その資産の時価=70万円


4 法人が役員の債務を無償で引き受けた(債務の額は50万円)
  →50万円が給与


5 法人が役員に低利子で金銭を貸し付けた(100万円を無利子で貸し付けた、通常は2%)
  通常の利子-受取利子



これ以外にも、多々あるので、社長と法人の取引は気を付けましょう。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.28 19:19 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

役員給与のおはなし

こんばんは、ノリオです。




役員に対する給与について書いてみたいと思います。





1 定期同額給与

1月以下の一定期間ごとに、一定額が支給される給与 です



2 事前確定届出給与

所定の時期に確定額を支給することを、あらかじめ所轄税務署に届けている給与

「これは、期末になってヤバイ、利益が出てる。
そうだ役員給与を上げて利益がなくなるようにしよう、」とのことを防いだものといえます

これも適正部分は損金算入できますが、不相当に高額な部分は損金不算入です

事前確定届出給与と異なる金額の給与を支給した場合は、その全額が損金になりません



3 利益連動給与

業績連動型で支給額の算定方法が客観的である給与



4 上記以外  

損金にできません



なお、従業員に対する給与は、全額損金算入できます

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.17 20:26 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

働かざる者、食うべからず。

こんばんは、ノリオです。


もう4月半ばですよ、奥さん。



新入社員の方にとっては、初給料がまもなくといった感じですが、 


何でもかんでも税金がかかるのかな?


そうではありません。


次のものは所得税が非課税となるものです。



1.社会保険(労災や失業・障害・遺族給付)の給付金
→これは、ちょっと関係ないかもしれません。長く働くと少しは関係あるかも。



2.通勤手当(月15万円まで)
→最も距離が短い通勤手当ということです。まあ、朝にそんな時間すごしている暇ないわっていう感じですね。





3.生活用動産(30万円以下のもの)の譲渡による所得
→車を売った感じでしょうか。



4.損害または生命保険契約の保険金で身体の障害に起因して支払われるもの
→1に付随していますが、命あっての物種です。



5.損害保険契約の保険金で資産の損害に起因して支払われるもの などです
→車をぶつけたということですね。


以上です。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.04.17 18:30 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |