FC2ブログ

税制改正(案)のポイント

前回のブログで待ちぼうけになってた荷物が、今日届きました。
良かった良かった笑

こんばんは、スギちゃんです。

先日、財務省のホームページで、平成31年税制改正(案)のポイントが発表されています。
まだ可決されてないので(案)がついてるみたいですね。

気になるのは「法人税」の設備投資等の支援、「資産税」の小規模宅地特例の見直し。。。でしょうか?
税理士試験受験するなら法人税と相続税だからですけどね。。。笑


毎年変わる税制ですが、施行されるまで長い道のりがあります。
今回はその流れについて、サラッとご紹介します。

①税制改正の要望
夏頃に各省庁から財務省へ翌年の税制の改正要望が挙げられます。

②改正大綱の閣議
12月頃に与党で、①の改正要望をもとに大綱の閣議決定をします。
大綱のないようがほぼ翌年の改正内容になります。

③税制改正法案の提出
2月頃に②の大綱をもとに法案が国会に提出されます。
法人税や所得税、消費税などの国税は財務省。
住民税や事業税などの地方税は総務省が担当です。

私が冒頭に紹介したのはこの法案についてです。

④可決・施行
4月頃に法案をもとに、改正内容が施行されます。


長い道のりですね。
今が2月なので、あと2か月したら改正案が施工されるわけです。

とりあえず、このポイントを読んどこうと思います。
それでは、お疲れ様でした!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2019.02.13 23:03 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

住宅ローン控除の誤り

荷物の宅配をお願いしてたのですが、配達指定時間から2時間過ぎても届かなければ電話も来ませんでした。
どういうことでしょうか…?

こんばんは、スギちゃんです。


いつ来るかもわからないので、お風呂にも入れません。
諦めて明日の朝入ろう…。

連絡って大事ですね。
朝に、某寿司チェーンのアルバイトが食材を捨てて拾ってまな板に置くという動画についてニュースでやってましたが、対応とか行いとか本当に大事だと改めて思いました。


さて、話は戻りまして確定申告の時期ですね。
還付申告の方は1月から申告できますので、なるべく早く済ませたいものです。

そんな中で、一部の申告について誤りがある方が結構多いようです。
それが、「住宅ローン控除」です。

一例を挙げますと…
最近施行された、親などの直系尊属からお金をもらって家を建てるなどすると、そのもらった金額に対して一定金額までは贈与税が課税されないという、いわゆる「住宅取得資金の贈与の特例」の制度があります。

通常の住宅ローン控除は、ローンの金額と購入や建築した建物などの金額を比べて低い方に率をかけて計算しますが、贈与を受けて建物等を取得した場合は、建物等の取得金額から贈与を受けた金額を差し引いた金額とローンの金額を比較します。

が、取得価額から贈与金額を差し引かないで計算されている方がが多いようです。
3000万円の家を購入して、内1000万円は贈与金額の場合、(3000万円ー1000万円)=2000万円で計算するのが3000万円でしてしまったということですね。

1000万円違ったら大分控除額変わりますよね!
控除割合が1%だとしたら10万円も違うのです。


というようなことが国税庁で発表されています。
もしよろしければご参考ください。
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2018/oshirase/index.htm#case1


日々法律は変わっていくので、勉強しなきゃですね。

それではお疲れ様でした!
明日業者に電話します!笑

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.02.07 22:58 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

ふるさと納税の返礼品

【H30年分確定申告書作成サービスの受付について】

H30年分の確定申告(申告期限2019年3月15日)に係る、新規のお客様の『確定申告書作成サービス』につきましては、2018年12月27日(木)にて受付を締め切らせていただきます。

何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

------------------------------------------------------------------------------------

今日はクリスマスですね。
世では1人クリスマスのことを「クリぼっち」というそうです。

ほっといてほしいですね笑。

こんばんは、スギちゃんです。


皆さんのところは年末調整終わっていますか?
今年から配偶者控除の資料が1枚増えたので大変ですが、頑張りましょう!

先日発表された税制大綱についてですが、その中にふるさと納税についての記載がありました。
ニュースでも返礼品の価格が寄付額より大きいことが話題となっていますよね。

これにあたりまして、ふるさと納税ができる自治体の要件が追加されました。
細かいことは割愛しますが、大きな要件としましては以下の2つです。
-------------------------
総務大臣の指定を受けた都道府県に対する寄付であること。
②返礼品が以下の要件を満たすこと。
 ・返礼品の割合が3割以下であること。
 ・地場産品であること。
-------------------------

この改正が施工されると、2019年6月1日~から適用されます。

私もふるさと納税していますが、やはり返礼品によって寄付先を決めてしまいますので、今後どうなるのか気になりますね。
来年は早めにやっておこうと思います。。。笑

それでは、お疲れ様でした!
よいクリスマスを!!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.12.25 22:57 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

未婚のひとり親の寡婦控除

会社で制服を買っていただきました。
試着したらあらピッタリ。

太ったら着れませんね笑

こんばんは、スギちゃんです。


税制大綱の時期になりました。
明日発表です。


先日、未婚のひとり親の寡婦控除についてご案内させていただきました。
が、改正は見送られてしまったようです。。。


所得税はダメでしたが、年収204万円以下のひとり親の方については、住民税については非課税にする旨、大綱にのるようです。

住民税が非課税なるだけでもだいぶ家計は楽になると思います。


また、児童扶養手当が来年から17,500円上乗せにもなるみたいですね。


他詳細わかりましたらまたお伝えします!
おつかれさまでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.12.13 23:31 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

引越しって大変ですね。

来月、やっと一人暮らしをします。
なぜ冬直前にって。。。?

準備が遅かったからです笑

こんばんは、スギちゃんです。


毎年思いますが、部屋の片付けって面倒くさいですね。。。笑
今回、引っ越すにあたって必要なものと不必要なもので分別していたのですが、全然終わる気配がありません。。。
正月にも帰るので、ほどほどでいいかななんて思い始めている今日この頃です。


今回は、従業員さんの引越し経費の会社負担できる範囲についてお伝えしようと思います。

まず、従業員さんの引越し代についてですが、会社の経費にするためには要件があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑴「就業規則」などで負担について定めている場合
⑵従業員さんの引越しが業務命令によりされている場合
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引越し費用も結構しますので、会社で負担できるならとても助かりますよね!


次に経費にできる出費の内容ですが、実際にかかった引越し代金のみです。
家具家電など私的なものは負担できません。
あくまで、引越し業者や転居先の大家さんなどに支払う実費負担額になりますので、ご注意ください。


手当金や新居祝いなどとして金品で渡すと、その従業員さんのお給料の取り扱いになりますので、ご注意ください。
この場合、会社の経緯としても計上できますが、消費税のかからない経費となりますので、消費税負担額を減らすことはできません。


簡単ではありますが、ご紹介でした!
それではみなさん、良い三連休を!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.11.22 23:51 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |