資格マニア?


―――――――――――――――――――――――
【夏季休業のお知らせ】
まことに勝手ではございますが、8月11日(金)~8月15日(火)まで
夏季休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――


こんばんは、スズメです。

昨日から税理士試験が始まり、シマ会計の税理士試験受験は今日で終わりました。

今年も受験しようかなと思い、申込をしていたのですが受験しませんでした。

しばらく税理士試験はお休みして、ほかの勉強をしようかなと考え中です。

ただ、平成24年に簿記1級を受かってから、毎年勉強をして何かの資格は取れているので(税理士試験は…ですが)、今年も何かを勉強して資格を取りたいなぁと思ってます。

資格マニアではないのですが、なんとなくこのままでは…と。

そんな資格の取得の際の費用の一部助成をしてくれる「教育訓練給付金」について書きたいと思います。

こちらは雇用保険に加入している人で、条件を満たすと給付金を受けとることができます。

この制度は厚生労働大臣が指定する講座を受講し、修了すると支払った受講料の20%(上限額10万円)が戻ってきます。

税理士、簿記検定等でも給付金対象の講座はあります。

こちらの給付金を貰える人は、雇用保険に1年以上加入している人(過去に教育訓練給付金を使ったことがある人は雇用保険の加入が3年以上)で、教育訓練給付金対象の講座を修了して、教育訓練給付金の申請書、講座の受講後に発行される教育訓練修了証明書、受講料の領収書、雇用保険被保険者証をハローワークの担当窓口に持っていき、手続きを行うと概ね1ヶ月以内に入金がされます。

ただし受講修了日から1ヶ月以上経過してしまった場合は、給付金がもらえなくなります。

こちらの給付金は、たとえ万が一資格試験に落ちても支給はされます。
(でも、一発で受かるように頑張りましょう!!)

スキルアップや就活のために資格を取りたいと思っていて、給付金対象の講座であればお金が戻ってくるかもしれませんので、自分が対象になるかどうかはハローワークに給付金担当の窓口があるのでそちらで確認することができます。

それではお疲れさまでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2017.08.09 23:55 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

性別は…

こんばんは。
今月はもうブログに登場する予定がなかったので、油断していたらブログ当番が急遽変更となり、焦っているスズメです。


先日悩みの多いスズメは自分について占ってもらったところ、頭のいい方で、仕事も出来る男ですねと…男?えっ?と思い、聞いてみたところ、一人でも生きていける男性みたいな方ですよと…。

数分固まってしまいました…


今日は来月に迫った税理士試験について書きたいと思います。

税理士試験は毎年8月に3日間に渡り行われます。

すべての日程を受けるわけではなく、税理士試験は基本5科目(簿記等の会計科目と法人税法等の税法)を合格することが条件となるので、自分が受ける科目の時間のみとなります。

税理士になるためには5科目合格が条件になっているのですが、一度で5科目合格する必要はなく、1科目ずつ積み上げて、最終的に5科目合格すればよいこととなっています。

また合格した科目の時効はありませんので、受かった科目は何年でも維持されます。

税理士試験には受験資格も必要で、学歴や実務経験が2年以上とか日商簿記1級等を取得していることなどがあります。

税理士になるためには基本5科目合格することなのですが大学院に行くことによって、一部の試験科目免除する制度があります。

会計、法学の大学院を修了することにより、最大3科目が免除されます。

あとの2科目は自力で試験を突破しなければなりませんが…

去年の新規税理士の登録は試験組より科目免除
を受けた人の方が多かったようです。

自分も2年連続税理士の授業の申込をしていますが仕事が忙しくて授業も出れないままとなっており、一応試験は受けるつもりで受験の申込もしていますが、今年も受けないことにしました。

今年もシマから何人か税理士試験を受ける職員もいますので、ほかのみんなに頑張ってもらって、来年は自分も頑張ります!!

それではお疲れさまでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.07.19 23:55 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

今夜はパーティ!!

こんにちは、スズメです。

今日はシマ10周年記念セミナー・パーティの開催でございます!!

この日のため、全社員毎日毎日残業をしながら準備をしてまいりました・・・。

そして当日になった今日も準備に追われています・・・。

不慣れなため、至らぬ点があるかと思いますが貴重なお時間をいただいて
ご来場されるお客様には楽しんで帰っていただけるよう頑張ります!!

今日はものまねタレントさんのショータイムや、弊社代表の島元の
2ヶ月間で15㎏のダイエットが達成が出来たか等
いろいろな企画を用意しておりますので、ご期待下さい!!

そして本日の司会もうまく行くかどうか心配です・・・。

すべてひっくるめて、お客様、シマ会計職員一同楽しんで、いいイベントになればいいな・・・と思っております。

本日ご来場される皆様、シマ会計職員一同お待ちしております!!






ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.07.06 13:20 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

そろそろ赤くなる?

こんばんは、スズメです。
本当は所長のシマの番ですが、
シマからの攻撃をかわせず…スズメが登場です。

先日ドラクエに出てくるキャラクターのスライムの目薬を買いました‼

パッケージや瓶等も凝っていて、これ人気があるみたいですね。

私の家の近所のサツ○ラでは、売り切れていました。

この目薬を指しながら仕事を頑張っているのですが、もう目薬も栄養ドリンクも効かなくて画面が黄色から戻らない…。

そんなこんなで、今日の話は体調が悪くなり通院や入院などで医療費が高額になりそうなときに事前に申請を出せば使える「限度額適用認定証」についてです。

病院のお支払時に高額な医療費を払い、支払い後に自己負担限度額を超えた医療費を払い戻してもらう「高額療養費制度」があります。

ただ払い戻されるとはいえ、一時的には高額な医療費の支払いをしなければなりません。

あらかじめ自己負担限度額を越える医療費がかかることが明らかであれば、限度額適用認定証の申請をして、認定証と保険証を病院に出すと1ヶ月(1日から月末まで)の支払う金額は自己負担限度額までとなり、一時的に全額を支払って、あとで申請して払い戻してもらうということがなくなります。

こちらは申請をしますとだいたい3~4日で認定証が届きます。

自己負担限度額は、収入によって異なります。

例えば標準報酬月額が26万以下の場合は57600円が限度額となりますので、それ以上の支払いをすることはなくなります。

こちらの認定証の有効期間は1年となります。

高額療養費制度や限度額適用認定証については、お近くの協会けんぽなどの健康組合に聞いて頂ければ、申請方法やさらに詳しい内容なども教えて貰えます。

病気にならないのが一番いいのですが…
こういった制度もありますので、事前に申請しておきますとあとからの医療費の払い戻しの申請が不要になりますし、お支払も限度額以上はありませんので、安心して治療出来るかな…と。

それではお疲れさまでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.06.13 23:56 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

ぎゅるる・・・ごろごろ

こんばんは、おなかの調子が悪いスズメです。

さっきあたりから、お薬を飲んでもお腹がなります・・・。

グーとかならまだ可愛いような気がしますが、ギュルギュル・・・ポコポコ・・・
ボコッギュー・・・とかあきらかにお腹から変な音が発生しています・・・。

しーんとした中で、お腹の異音が
鳴るといたたまれない・・・。

ここ最近会社に緑の封筒が届いていませんか?

こちらは1年に1回行う「労働保険料の年度更新」の申告書になります。
内容は毎年4月1日から翌年3月31日までの概算(予定)の給与に基づく労働保険料(概算保険料)を労働基準監督署に納付して、翌年に実際に支給した給与に基づく労働保険料(確定保険料)との差額を精算します。

この手続きを労働保険料の年度更新といいます。

年度更新は労働保険申告書に保険料を添えて、毎年6月1日から7月10日までの間に管轄の労働基準監督署や銀行等へ提出します。

概算保険料の納付額が40万以上の場合には、納付を7月、10月、1月の3回に分割して納付をすることもできます。

計算方法は労災や雇用保険にかかっている従業員さん(役員を除く)の人数及び賃金を集計します。

こちらは緑の封筒に入っている算定基礎賃金集計表を使うと簡単に数字が出せます。

(厚生労働省のホームページにこちらのエクセルがあるので、こちらを使うと更に便利です。)

こちらを決められた通りに入力していきますと、どの数字はどこに記入とかが書いていますので
その通りに書いて頂いて、去年の概算の納付額と差引をし、不足か充当になります。

こちらに前年度の給与の実績や今年の概算給与額を書いたりするのですが、概算の給与額は支給予定額が前年実績の2分の1以上2倍以下の場合には、その支給予定額ではなく前年実績と同額を記載をします。

長々書きましたが労働保険料の年度更新は集計表さえ出来れば意外と簡単なので、いままでやったことがない方でも、マニュアルなどもついていますので、作成は出来るかと思います。

それではお疲れさまでした。





ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.06.06 23:59 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |