コンビニ

こんばんは。ジャスティスです。



世間は、ワールドカップ一色ですね。



開催国、ロシアとの時差の関係で、観戦しづらい試合もあったりはしますが、日本代表の初戦の時は、9時からということもあり、観戦することができました。



結果、初戦は申し分のない試合で金星スタートすることができたので次戦への戦いに期待してます。
視聴率も50%近く行ったようで、なんだかんだで日本人はサッカー好きが多いということですね。



そういえば、コロンビア戦の開始時は人の出が普段よりも少なかったです。



え~話はガラりと変わりますが、札幌市が7月2日(月)から新サービスを始めるようです。



証明書を手軽に取得できるように、コンビニなどで、個人の市道民税の証明書が発行可能になるようです。
取得時にはマイナンバーカードが必須です。



受け取ることができる市の証明書には、本年度と前年度の所得証明書、市道民税の課税証明書が該当してきます。



料金の面は、証明書1通当たり400円です。これは市役所の窓口での取得した場合と料金は同額のようですね。



また、利用時間は6時半から23時。年末年始以外は稼働していますので利便性は高いです。



取得にはマイナンバーカードが必須となります。まだ未取得のかたは、この機会にご検討をしてみてもいいのではないでしょうか?





それでは、本日のブログでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.06.21 20:41 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

お疲れさまでした

こんばんは。ジャスティスです。


シマ会計の皆さん、同業者の皆さん、3月決算お疲れさまでした。


今日でついに私たちの繁忙期が終わりを迎えました。


まずは、一段落したので、内心ほっとしています。


また、明日6月1日からは新人の方を迎えることになり、社内にも新しい風が吹くことに
なりそうです。同日には3月決算の慰労会と新入社員歓迎会が行われる予定になっています。



私たちの仕事の一つに会社の法人税の確定申告書の作成業務があります。


法人といってもその種類に株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4種類があります、


このうち、合同会社は2006年の会社法施行から設立が可能になった新しい会社の形態になります。


株式会社の設立件数は横ばいですが、合同会社の設立件数はここ数年で急激に伸びてきています。


また、合同会社は別名LLCとも呼ばれています。アマゾンやアップルなども実は合同会社です。


合同会社では、出資者である社員は、出資した金額の範囲でのみ責任を負う「間接有限責任」という形式が取られています。


その一方で、出資比率に関わらず、利益配分について定款で自由に定めることができ、社員は1人1票の議決権があることが特徴です。


合同会社のメリットとしては
①設立コスト面

株式会社を設立するのに約25万円かかるのに対して、合同会社は約10万円(電子定款の場合は6万円)で済ませることができます。


②設立時間

株式会社を設立するのに約10日間かかるのに対して、合同会社は5日もかかりません。

③社会的信用力が上がる

株式会社ほどではありませんが、個人事業主に比べると、社会的信用力が上がります。取引先によっては、個人とは取引をしないところもありますので、小さくても法人格をもっていることは、大きなメリットになります。あと、個人事業主に比べて、新しい従業員を採用しやすい点も、社会的信用に関係してくるのではないかと思われます。

④柔軟に運営できる

合同会社は、株式会社とは異なり、所有と経営が一致しています。そして「定款」によって、運営を進めることとされており、この定款の作成・変更によって、事業のニーズに応じた柔軟な組織運営が可能になります。

⑤有限責任なのでリスクが小さい

合同会社の場合、社員全員が原則として出資者が出資額までしか責任を負うことのない「有限責任」です。つまり、会社が倒産しても、会社の債務を個人の財産で返済する義務はなく、自分の出資金が返ってこないだけで済みます。

弊社の顧問先様の中にも一定数、合同会社のお客様がいらっしゃいます。やはり設立費用が低額であることが一番、流行ってきている理由であるかもしれません。


それでは、お疲れさまでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.31 20:27 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

3月決算

こんばんは。ジャスティスです。

連休も終わり、今週から3月決算法人の仕事が本格化してきました。

年間を通して3月決算の法人が一番多くなっています。

弊社でもほかの月の約3倍はあるかと思います。

img143_02.jpg


全申告法人数2,608,442社のうち508,507社、約20%が3月決算。次に多いのは、9月決算、その次に多いのは12月決算です。

3月決算が多い印象がありますが、数字で見ると20%だということがわかります


3月決算が多い理由として考えられているものにはいくつかあるようですが、主に下記の理由からだそうです。

1. 国や地方公共団体の会計年度が3月であるため
国や地方公共団体を取引先としている企業の場合、合わせて決算期を3月にするパターンが多いです。年度末には、消化しきれない予算を消化するためにさまざまな公共事業が民間企業に発注されます。そういった公共事業の受注のため会計年度に合わせたケースがよく見受けられます。


2. 教育制度が4月~3月という期間であるため
日本の学校では4月に入学し3月に卒業となります。企業が人材を新社会として採用・育成しようとする場合に、入社時期を4月にせざるを得ないため、それに合わせている可能性があります。また、人事制度の設計も4月~翌3月の期間が中心になります。多くの企業にとって人件費が占める割合が大きいことから、3月決算を選択していると考えられます。


3. 税法の改正に適応する
税法関連の法律の改正は4月1日から適用されることが多いです。そのため、決算日が3月末以外であれば会計年度の途中に仕訳の方法などを変更する必要があります。


会社は事業年度を1年以内の期間であれば自由に決定することができます。また、一度決めた事業年度をその後の状況変化に対応するため変更することも可能です

決算期を決めるにあたり、その会社の繁忙期や資金的な余裕を考慮して決定することも重要になってきます。


それではお疲れさまでした。





ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.08 20:54 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

保険証

こんばんは。ジャスティスです。


もうすぐゴールデンウィークですね。


皆さんはどんなGWを予定されていますか?


お花見をされる方や旅行に行かれる方、田舎に顔を出しに行く方、様々だと思います。


私は家族で興部町の田舎に遊びに行ってきます。


ちなみに札幌の桜の開花予想は4月26日となっているようですね。


昨年は連日20℃超えの日が続き、非常に暑かったGWだった記憶があります。


今年も暑い連休となるのでしょうか。


例えば、旅行中などで医療機関に係る機会があり、保険証が手元にない状態で、一時的に全額を自己負担で支払う必要があります。


保険証を持参できずに、医療費を全額自己負担しても、あとで手続きをすれば払い過ぎたお金は返してもらえます。


当日中に保険証を持ってきてもらえれば払い戻しをしてくれる親切な病院もあるようですが、大多数は「1週間以内」とか「月末までに」など、手続きの期限を設けているところもありますので、注意が必要です。


窓口で払い戻しするのは、義務ではありませんので、対応していない病院もあります。


病院で手続きできない場合は、加入している国民健康保険や健康保険組合の窓口で「療養費の申請」を行います。申請の際には、保険証や印鑑、病院の領収書、通帳などが必要になるそうです。


やはり、保険証を紛失すると多少、手間になってしますので、普段から携帯する癖をつけるのが良いかもしれません。


それでは、お疲れさまでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.04.20 19:48 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

新年度ですね

こんばんは。ジャスティスです。



4月になり新年度がスタートしました。


通勤電車でも新卒生とみられる新入社員の方々を目にします。


今の世代の方々は何を糧に仕事に励んでいるんでしょうか。


つい自分の新卒の時を思い出してしまいます。懐かしいですね。


もう10数年前の話になりますが。


人の動きの多いこの時期ですが、社会保険事務所やハローワークは大変込み合っているようです


税務署での確定申告が一段落した次は、年金事務所などに人が流れるわけですね。


ただ、来訪者数は圧倒的に税務署さんの方が多いとは思いますが。


新入社員の雇用した場合には、雇用保険資格取得手続きと社会保険資格取得手続きが必要です。


雇用保険はハローワーク、社会保険は年金事務所にて新入社員の資格取得手続きを行ないます。


社員に扶養家族がいる場合には、社会保険の資格取得手続きと同時に健康保険被扶養者届(配偶者の場合は国民年金第3号被保険者届)の提出も必要になります。



申請書の中に年金番号を記入する必要があるのですが、もし年金手帳など紛失していて番号がわからない場合には、資格取得届と同時に「年金手帳再交付申請書」を提出することで再発行することも可能となっていますので、年金手帳のない従業員さんがいましたら、再発行してあげるのもよいかもしれません。




それではお疲れさまでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.04.09 20:04 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |