FC2ブログ

法定外目的税

こんばんは。ジャスティスです。


フットサルの筋肉痛がまだ完治しません。これはもはや筋肉痛ではないのかもしれません。


たまにジョギングなどはしていたのですが、ここまで体にダメージが残るとは思ってもいませんでした。



さて、話は変わり、倶知安町では、町が独自に導入する法定外目的税として「宿泊税」を導入することとなったそうです。



2019年11月より町内の宿泊施設に宿泊する方から2%の宿泊税を徴収することになります。



ホテル・旅館、民宿、ペンションのほか、民泊の宿泊客も対象となり、食事料金を除いた素泊まり料金に一律2%を課税する方式で、宿泊施設が宿泊客からの税金を預かって一括で納入する仕組みとなっているそうです。



年間の税収額を2億6千万円から3億1千万円と見込んでいるそうで、その財源はより観光客の満足度を高められるようなことに使っていくことになっています。


世界に誇るパウダースノーの町、これから益々盛り上がっていってほしいと思います。



以上、本日のブログでした。










ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2019.08.21 20:07 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

経過措置(消費税の)

こんばんは。ジャスティスです。


筋肉中の真っ最中です。先週、会社のメンバーと一緒にフットサルをしてきました。


1週間経ってもまだ、筋肉痛が収まりません。たまに市の運動施設などで体を動かしていて


体力には多少自身があったのですが、試合当日は、全く動けませんでした。


どれだけ日ごろから運動不足だったのか改めて考えさせられました。


話はかわりまして、再来月から増税になる消費税のお話ですが、消費税増税に伴い経過措置というものの存在をご存知でしょうか



消費税の経過措置とは「税率変更の前後にまたがる取引についての取り扱い」をまとめたものです。


社会に流通する商品やサービスの中には、契約の締結と実際の引き渡し、消費の時期がずれるものがあり、例として以下のものが挙げられます。

1.電車の回数券
2.映画館や遊園地等の前売り券
3.電気料金など
4.請負工事等、資産の貸付


上記の中でも、「請負工事等」に絞って確認してみると

指定日(2019年3月31日)までに締結された請負契約(住宅の建設や機械装置の製造など)で、2019年10月1日以降に引き渡しが行われるものについては、旧税率が適用されます。


例1)
2019年4月25日に住宅建設の請負契約を締結し、8月20日に引き渡し
→引き渡しが8月中ですから、適用されるのは旧税率です。

例2)
2019年4月15日に住宅建設の請負契約を締結し、11月30日に引き渡し
→契約の締結日が指定日よりも後なので、新税率が適用されます。

例3)
2019年3月20日に住宅建設の請負契約を締結し、11月20日に引き渡し
→契約の締結日が指定日よりも早く、引き渡しが10月以降なので、経過措置が適用され旧税率となります。




上記のように消費税については経過措置が設けられています。いわゆる「軽減税率」と混同されがちな本制度について再確認が必要になってくると思います。






ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.07 20:03 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

消費税

こんばんは。ジャスティスです。


選挙が終わり、10月からの消費税増税は確実なものになりましたね。


先週、SHARPが「軽減税率対応電卓」を販売すると発表していました。


電卓には「8%」と「10%」の税込み専用キーが搭載され、10月に予定されている消費税の変更・軽減税率の
導入に合わせて8月23日から販売を開始するそうです。


レジに続き、電卓も消費税増税に対応していく必要があるということですね。



今、軽減税率の対応のレジの入れ替えを行った事業者さんは「レジ・システム補助金」が使えます。


原則、かかった費用の3/4が補助され、レジ1台あたり20万円までとされています。


期限は、9月30日(月)までで、1事業者あたり200万が上限となっています。


また、こちらの助成金は、圧縮記帳の対象にもなっているようです。


申請自体もそれほど難しくないようですので、お早めに申請することをお勧め致します。


以上、本日のブログでした。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.07.22 20:39 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

相続税。

みなさんこんばんは。ジャスティスです。



5月までの私たちの業界の半年間の繁忙期も終え、少しほっとしているところです。



今日はE-TAXの改正の件のご案内です。



今まで、相続税の申告書についてはE-TAXでの電子申告には対応しておらず、申告書も含めすべて
書面での提出をしておりましたが、本年10月1日から、E-TAXで相続税の申告することが可能となるようです。



また、分割協議書等の写しなどのの添付書類についてもPDF等のイメージデータでの提出ができるように検討を進めているそうです。



さらに、今まで申告書には納税者の実印の押印が必要とされていましたが、電子申告によりこれらの作業も不要となります。



相続時精算課税などの申告にも対応しているとのことですのでE-TAXの利便性はさらに向上することになりました。



相続税の申告を主たる仕事としている税理士の方々にも朗報といえそうですね。



以上、本日のブログでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.06.17 20:45 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

会計業務。

こんばんは。ジャスティスです。



3月決算法人の申告期限まで残り3日となりました。ただ、まだ数社残っているので期限内申告目指して頑張り
たいと思います。



最近は、クラウド会計の普及によってインターネット上で会計業務をする機会が多くなっています。



特に経営者が若い方であったり、ITに強い場合、クラウド型の会計システムを利用されている方は多いように思います。



昔は、手書きで伝票を起こし、それを総勘定元帳に転記して計算を集計して試算表を作成していました。



私もこの業界に入った時には、振替伝票に勘定科目印を押して仕訳を完成させ、それの振替伝票を会計ソフトに入力していた記憶があります。



今は振替伝票を作成している会社さんはほとんどいないと思いますが、一見非効率なやり方も簿記の初心者によって簿記会計を理解する上では実は重要な作業かもしれません。



以上、本日のブログでした。







ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.05.29 20:13 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |