業務委託

かわちゃんです‼︎

もう暑いですね。

今日、業務委託について調べました。

難しいですね。
そもそもどうしてこの違いが大切なのか。
それは、税務調査でこれって給与じゃないんでか⁇と言われかねないからです。

会社にとって、業務委託も給与もどちらも経費になります。そう考えると、なんてこともないと思えますが、消費税が問題なのです。

業務委託料は課税仕入れになりますが、給与は課税仕入れにはなりません。そのため、税務調査で否認されてしまうと、業務委託料で計算していた消費税分を追加で納める必要が出てくるのです。


業務委託の条件は…
1.時間的拘束がない
2.報酬の支払者は指揮命令をしない
3.材料用具は受託者が用意する
4.作業者が代わりに手配した者が作業することが認められている
5.成果物の引き渡しができなかった場合、報酬が出ない


実体がどうかで判断されるので、事前の確認が大切ですね‼︎

それでは、また〜‼︎

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.06.05 23:33 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

住宅手当と借り上げ社宅

かわちゃんです。

今日は借り上げ社宅と住居手当についてご紹介します‼︎


どちらも同じような感じがしますが、細かい点で違いがあるので注意してください。

まず、住居手当とは、基本給などに上乗せして支払われるもので、お給料としてみなされます。

そのため、従業員から見れば、源泉所得税の課税対象となります。
さらに、社会保険料の計算対象に含まれ、従業員、会社ともに収めるべき社会保険料の負担が増えます。

一方、借り上げ社宅は、会社が部屋を借りて、従業員を住まわせます。その際、半額程度を従業員に負担させることで、会社負担家賃はお給料として見なされず、源泉所得税もかかりません。また、社会保険も給与として見なされないため、保険料負担額は上がりません。

この時の、従業員負担額については源泉所得税と社会保険で、給与とするかの判断基準が異なるので、注意が必要です。しかし、大まかに家賃の半額程度とお考えください。


こう考えると、借り上げ社宅の方が、従業員負担の源泉所得税も上がらないし、会社と従業員が共に負担する社会保険料も上がらないのでいいですよね。


ということで、かわちゃんでした‼︎

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.22 23:35 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

事業所税

お久しぶりです。

かわちゃんですよ‼︎


最近、髪をバッサリ切りました。さっぱり‼︎

気分も変わるし、イメチェンはいいですね。



さてさて、話は変わりますが、今日は事業所税についてご紹介します。

事業所税とは一定の規模の個人や法人に課される地方税です。
よく耳にする事業税とは、別の税金なのでご注意下さい‼︎

事業所税には2種類あり、一つは事業所の面積を元に計算される資産割、もう一つは従業員の人数で計算する従業員割です。

資産割は床面積が1000㎡以下の場合、従業員割は従業員が100人以下の場合は免税となります。

しかし、この条件を超えると、超えた部分だけではなく、全体に課税がかかります。

このことからも、中小企業ではなかなか課税となる企業は少ないかと思います。ただ、注意したいのは、在庫を保管するための倉庫などを持っている会社です。この場合、大きい倉庫などでしたら、資産割の条件に当てはまる企業はあるかもしれません。


資産割は1㎡あたり年額600円です。
調べてみると、札幌ドームのグラウンド面積は14,460㎡でした。もし、同様の規模の事業所だったら、年間800万を超える事業所税となります。

もちろん、床面積の内、娯楽教養室、食堂、売店の福利厚生施設など非課税部分もあります。

ですが、倉庫などは基本ほとんどが課税面積となります。


しかし、実はこの税金、すべての都市で納めなければならない訳ではありません。人口30万人以上の都市と決められています。

ですので、大きい事業所を計画されている方は、事業所税を課している都市か、ホームページなどで事前に確認をしてみて下さい。また、事業内容によっては免税になる場合もあります。やはり、確認は大切ですね。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.11 23:51 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コンドル‼︎

どもども、お久しぶりです。


かわちゃんです‼︎

春ですね。
春といえば、スポーツです‼︎
そして、私は最近ゴルフ会員権なるものの存在を知りました。

ゴルフをされている方はご存知かと思いますが、私は全く詳しくなく…制度も知りませんでした。


ゴルフ会員権とはそもそもなんなのか?

ゴルフ会員権を持っていると、安い利用料でプレーが出来たり、優先的に予約が出来たりと優遇されるそうです。※ゴルフ場によって内容は異なります。


そのことから、接待のために事業としてゴル会員権を購入する企業もあります。

では、この時購入したゴルフ会員権はどのような仕分けとなるのでしょうか?


実は、ゴルフ会員権は2種類あり、それによって使用する勘定科目が異なるのです。

1、株主型会員制

株式型会員権の場合、ゴルフ場からは株券を購入します。その際ゴルフ会員権勘定などを用いて、資産計上します。

2.預託金型会員制
預託金型会員権の場合、利用者はゴルフ場にお金を預け入れます。
こちらは、差入保証金勘定などを用いて資産計上します。


また、購入の際は、名義書き換え等の手数料が更にかかります。
仕分け時は、これらも取得価格に含め資産計上が必要となります。



ということで、今日はここまで‼︎

おやすみなさい‼︎

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.04.11 23:46 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

お久しぶりです。

カワちゃんです。
突然ですが、私には趣味があります。
それはDIYです‼︎

思い立ったら、寸法を測って、大好きなジョイフルAKに行くのです‼︎

少しずつ道具も揃えて、今は小さくて危険度も低い電動の丸ノコが欲しいのです。

最近は部屋の壁をぶち抜いてワンフロアにしたいなぁなんて・・・


と言うことで、今回のテーマは、リフォームとローン控除についてご紹介したいと思います‼︎


よく耳にする「住宅ローン控除」は、マイホームの購入や建築のための借入をすると、その年の借入残高の一定割合が所得税から控除されるというものです。この割合は借りた時期により決められており、平成29年に借りた場合は1%となります。3000万の借入残高があれば、30万も税金が控除されるのですごく大きいですよね。

ただ、これには条件がいくつかあり、その中でも築20年越えの中古住宅(マンション等の耐火建築物については25年)を購入した場合、耐震設計である必要があります。
つまり、購入前に耐震改修をした物件かどうかを確認する必要があるのです。耐震改修を既にしていれば、それを証明する申告書類を売主から引き継ぐ必要があります。一方、そうではない物件であれば、取得後に耐震改修をする必要があります。


中古物件を買って、思いのままリフォームして・・・と夢を膨らませていても、蓋を開けてみると耐震設計設計ではないため、控除がうけられない。


そんなこともあるのでご注意下さい‼︎

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.03.22 23:52 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |