あ、忘れたかな?

お久しぶりです。

2月に入り、節分が過ぎたらもうバレンタインですね‼︎チョコ欲しいですよね。

はい。

私もすごーく欲しいです。

だから、旦那にうまいこと買わせようかと思ってるのですが…

むむぅっ。

可愛らしく、うまいことおねだりするのが難しいですよね。

その上、一緒に花束なんてくれたら…にやにやにや。



ということで、突然ですが、今回は源泉所得税の延滞税と不納付加算税についてご紹介します‼︎


従業員のお給料から天引きした源泉所得税は、原則翌月の10日に納付します。あるいは、「納期の特例」の届け出を出している会社さんは7/10と1/20にまとめて納付します。

実は、源泉所得税の納付が遅れた場合、一定の条件で「不納付加算税」と「延滞税」が課されてしまうのです。

「不納付加算税」は期限経過日数に関わらず、自主的に納付すると5%、税務署の指摘後に納付すると10%が課されます。
ただし、必ず納めなければならない訳ではなく、不納付加算税自体が5000円未満だと免除となります。また、初回の源泉所得税納付で1ヶ月以内に納付した場合や、直近一年以内に遅延がなく、かつ1ヶ月以内に納付した場合も免除となります。

一方、「延滞税」は遅延日数に比例し、その税率は納期限日と遅延日数により決められています。
例えば、納期限平成30年1月1日から平成30年12月31日までで、遅延が2ヶ月以内は年2.6%となり、2ヶ月経過後は年8.9%となります。ただし、「延滞税」も免除条件があり、1000円未満だと免除となります。


ついつい、納期限を過ぎると焦ってしまうものですが、延滞税と不納付加算税の免除条件などを覚えておくと、いいかもしれませんね。


ということで、どなたかチョコ下さい‼︎

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.02.07 21:35 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

年末調整‼︎

どうも、お久しぶりのカワちゃんです。

最近のお仕事は年末調整だらけです笑



私は今年年末調整デビューしました。

シマ会計に転職して初めての大仕事です‼︎

年末調整とは、扶養控除や保険料控除を確認し、その年の納めるべき所得税を正しく計算し直す処理なんですね。

これにより、年の途中で家族が増えたり、保険に入り直しても、正しい所得税を収めることが出来ます

その中でも、もっとも減税効果がある控除はなんだと思いますか?

それは…住宅ローン控除です‼︎


普通、生命保険控除や扶養控除は、課税の対象となる所得から控除されます。
その上で、税率をかけて正しい所得税が確定します。

しかし、住宅ローン控除は一味違います。こちらは、課税所得に税率をかけた後に控除されます。つまり、税額から直接引かれるのです‼︎


私も年末調整の書類提出時に控除証明書を紛失し、控除を諦めたこともありました。

書類を集めるって大変ですよね。


でも、住宅ローン控除だけは諦めないで下さい‼︎

もし万が一、年末調整に間に合わなかった、忘れてしまったという場合は確定申告をして下さいね。

そうすればちゃんと控除が受けれますのでご安心くださいね。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.01.18 23:55 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

年末調整‼︎

もうこんな時間じゃないですか‼︎


どもども、カワちゃんです。


最近やっとこ年末調整の作業手順を覚えてきました。

でも、馴染んでもまた年に一度なので、どうだったか…となりそうです。


それは、従業員の方もそうですよね。

何を提出してたっけ?
どこに何を記入してたっけ?


そもそも、自分はどんな保険に加入してたっけ?

なんてことも。



でも、この作業一つで人によっては結構な金額でお金が戻ってきます‼︎
私は、ちょっとしたお小遣いみたいで毎年ウキウキしてました。


皆さん、頑張って漏れのない申請をしましょうね‼︎



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.12.19 23:00 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

入会金???

日々、学んでばかりのカワちゃんです。

先日は同業者団体などの入会金を経験しました。

えぇ。
そうです。

いろんな業界で団体がありますが、その団体に入会金を納めた場合、仕訳はどうしたらいいのでしょうか?

実は…地味に複雑です笑

入会金と一言で言っても、将来戻ってくるものと戻ってこないものがあるようです。
「脱退したら入会金返しますよ~」とうたっているものが、戻ってくるタイプ。
戻ってくるのは…資産として計上します。

逆に、例えば「脱退しても返しませんよ!!」というのが、戻ってこないタイプ。
こちらは、繰延資産に計上し、なんと5年間かけて償却する必要があるのです!!

でも、20万円未満の場合は一括で損金算入出来るのですよ!!


ということは………契約書を熟読する必要があります。
じっくり読んで、正しい仕訳をしましょう!!

それでは、また今度!!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.12.05 20:59 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

車を買ったら…

こんばんは。

カワちゃんです。

先日、家族総出でばあちゃんの漬物つけを手伝いました。
すっごい大変で、手伝ったことを後悔しましたが…まぁ、それが家族なんだよなぁ〜と自分に言い聞かせ、乗り切りました。

そうだ、大変なことはみんなでシェアだ‼︎
と。

シェアって前向きな言葉ですね。


ということで、全く話は変わりますが、今日は車の仕訳についてご紹介しますね。


事業のために車を買ったら、資産として計上します。そして、何年かかけて費用償却します。でも、出来るだけ、購入時に費用として落としたいですよね。
そこで、確認してもらいたいのが購入先から貰う内訳書です。実は、そこには購入時に費用にできるものが書かれています。

●租税公課→自動車取得税、重量税、自動車税
●支払保険料→自賠責保険料、自動車任意保険料
●支払手数料→検査費用、登録費用、車庫証明など
内訳書にはそれ以外にも項目があり、仕訳が必要です。例えば、リサイクル預託金は預託金という勘定で処理し、資産となります。さらに、ローンで購入したときの利息や手数料は長期前払費用として支払が終わるまで、分割して償却する必要があります。
 あくまでも、車両運搬具となるのは車本体と、車体につけるカーナビなどのオプションです。それ以外は、いくつかの勘定科目にわかれるので要注意ですね。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.11.15 23:08 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |