FC2ブログ

エアコン‼︎‼︎

こんばんは。

カワちゃんです。



いやぁ、暑かったですねえ。
本当に。

そして、本日、二日酔いで家で休んでいた旦那が救急車に運ばれました…

そうでしたか、家が一番危険な場所でしたか。

病院で家族満場一致で、エアコンをつけることになりました。

やったぁ‼︎

ウキウキワクワクです。


さて、もしエアコンを事業で購入した場合どう処理したら良いでしょうか?


実は金額により処理が異なります。


そして、この金額には、本体代の他に、設置工事費用も含まれます‼︎

青色申告であれば…
10万円以上→耐用年数に従い償却
10万円以上30万円未満→一年で償却
10万円以上20万円未満→三年で償却
10万円未満→資産計上不要、費用化


*10万円以上30万円未満で一年で償却する方法は年間300万円までです。

また、耐用年数に従い償却する方法は原則です。それを前提に、段階的に特例が設けられています。そのため、10万円以上のもので条件に一致する償却方法が複数あるのであれば選択することができます。
しかし、一般的には30万円未満であれば一年で償却するのがほとんどですね。


白色申告であれば…
20万円以上→耐用年数に従い償却
10万円以上20万円未満→三年で償却
10万円未満→資産計上不要、費用化


白色申告だと、30万円未満で一年償却が出来ません。こういった理由からも、青色申告の方が有利ですね。

それではカワちゃんでしたー。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.07.31 23:40 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

目的に向けて!!

お久しぶりです。
カワちゃんです。

本日、社員研修にてオープンウィンドウなるものを体験しました。
オープンウィンドウとはなんぞや?

はい、私もそうでした。
オープンウインドウとは、思考を整理し行動を持続させ、目的を達成する手法の一つだそうです。

大きい目的を設定し、それに向けての大きく8つ行動をあげ、さらにその行動を実施するための細かな行動をあぶり出します。

これだけ聞くと単純な気がしますが、実際にやってみると結構大変です。

なんと言っても、マス目が64つあり、それに目標と行動を埋めていくのですから。

でも、やってみて思ったのは…
自分の考えが整理され、具体的に何をしたら問題や目標が達成されるか理論的に導き出すことができました。
もちろん、自分だけで考えているので、偏りや不足、見落としもあるかと思います。
しかし、これを基に他人と情報を交換すると、新たな発見があったり、考えを共有できたり、より発展することができます。

 物事を進めるに当たり、同僚と話し合いをすることがありますが、よく議論がそれてしまい、結局何を話したかったのかわからなくなることがあります。
本当に大切なことはなにか?
目的はなにか?
それを見失わず、思考や議論が出来るのが良いと感じました。

最後までオープンウィンドウを完成させるのは、結構大変かと思いますが、これをきっかけに、目標の達成率を上げる方法を身につけたいと思います!!


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.07.18 22:30 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

経営計画発表会‼︎

かわちゃんです。

昨日はシマ会計の経営計画発表会でした。昨年に引き続き、多くのお客様にお越し頂いただきました。

私は普段記帳代行がメインで、担当するお客様でさえお会いしたことがないのがほとんどです。

なので、経営計画発表会はお客様と対面するとても良い機会となりました。

やはり、お電話やメールでのやり取りだけではイメージや印象のみが先立ってしまいます。しかし、一度お会いするとぐっと距離が縮まり、その後の連絡ややり取りがしやすくなりますね。


食事会ではジョークさんに素敵てなマジックも披露して頂きました。お客様にも参加頂き、とても楽しい会となりました。


今後も記帳代行の担当として、質問事項や資料請求でご連絡していくかと思います。はじめは「河江さんってどんな人だ?」と思われることがほとんどだと思います。ですので、この様な機会に少しでも私のことを知ってもらえたら幸いです。






ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.07.05 23:56 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

専従者給与

かわちゃんです。

今日は専従者給与についてお話ししたいと思います。


個人事業主で青色申告の場合、専従者給与を出すことが出来ます。

その際、専従者給与は最大でいくら出すかの届出を期限までにする必要があります。

ただ、ここからが問題です。
例えば専従者給与の届出を月30万で出していても、実際にいくらにするかは改めて決めなければなりません。

その改めて決める時期が、源泉所得税を納めるタイミングとなります。というのも、源泉所得税の納付はお給料から天引きした源泉所得税を従業員に代わり納付するだけではなく、会社が何人にいくらのお給料を支払ったかを報告する機会でもあります。

もちろん、その中には専従者給与も含まれます。

さて、それではいくらにしたら良いのか…

この時に重要となってくるのは、利益の見込み額です。

帳簿を定期的につけておくと、前年度と比較も出来、参考にもなります。

その上で、社会通念上妥当な範囲で、事業主と専従者の所得税と住民税の合計が少なくなるよう専従者給与を設定する方法もあります。


または、所得税や住民税がかからない範囲に設定する事も多いです。


なかなか判断するのは難しいですよね。所得税だけではなく、住民税も考慮するとなると単純ではありません。

そんな時は税理士に相談するのが一番だと思います。


それでは、今日はここまで‼︎

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.29 23:21 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

業務委託

かわちゃんです‼︎

もう暑いですね。

今日、業務委託について調べました。

難しいですね。
そもそもどうしてこの違いが大切なのか。
それは、税務調査でこれって給与じゃないんでか⁇と言われかねないからです。

会社にとって、業務委託も給与もどちらも経費になります。そう考えると、なんてこともないと思えますが、消費税が問題なのです。

業務委託料は課税仕入れになりますが、給与は課税仕入れにはなりません。そのため、税務調査で否認されてしまうと、業務委託料で計算していた消費税分を追加で納める必要が出てくるのです。


業務委託の条件は…
1.時間的拘束がない
2.報酬の支払者は指揮命令をしない
3.材料用具は受託者が用意する
4.作業者が代わりに手配した者が作業することが認められている
5.成果物の引き渡しができなかった場合、報酬が出ない


実体がどうかで判断されるので、事前の確認が大切ですね‼︎

それでは、また〜‼︎

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.06.05 23:33 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |