FC2ブログ

インターネットでの取引とサービス

こんばんは、ありんこです。

来週嵐のコンサートに行ってきます!
嵐が20周年を迎えた中、今回SNSの開設と音楽配信されたことで、
ジャニーさんの夢である全世界で音楽を楽しんでもらう環境を作ってしまう嵐がまたすごいなと思っていました。
私は発表時、情報量が多すぎて頭が追いつかなくて大変でした(笑)

嵐の場合、日本から国外等にネットで提供されていますが、海外の事業者が提供するネット上のサービスのうち
「消費者向け」のものの消費税の取扱いをちょっと見ていきたいなと思います。
 
消費者向けサービスについては、サービス提供事業者が「登録国外事業者」に該当すれば、払った経費の消費税が控除できます。
「登録国外事業者」とは、消費税の課税事業者であることについて国税庁に届け出て登録している会社で、国税庁のHPで確認できます。

 登録国外事業者の名簿は令和元年8月9日現在のものが最新で、アドビ、アマゾン、Dropbox、AirBnB、イーベイなど92社が登録されています。

 登録されているかをチェックすれば消費税が引けるかどうか分かるのですが、請求書等の記載要件が通常より厳しいので注意が必要です。

<請求書等の通常の記載事項>

・発行者の氏名又は名称
・取引年月日
・取引の内容
・受領者の氏名又は名称
・軽減税率の対象品目である旨
・税率ごとに区分して合計した対価の額(税込)

<登録国外事業者からの仕入の場合の追加項目>
・登録番号
・課税資産の譲渡等を行った者が消費税を納める義務がある旨

 なお、登録国外事業者から受け取った請求書にこれらの事項が書かれていない場合には、相手方に対して再交付を求めなければならない、とされています。
つまり「書いてないからよく分からなかった」が通らないことになり、要件を満たす請求書でない限り、支払った消費税を控除できないことになります。

 課税か不課税か迷った場合には、まず請求書を確認して、その上で登録国外事業者かどうかを国税庁HPで確認するようにしましょう。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2019.11.07 23:56 | 職員ありんこ | トラックバック(0) | コメント(0) |

年末調整

こんばんは、ありんこです。

みなさん年末調整の準備はどうでしょうか? 
今年度は、こちらから指定させていただいた期限が早いのですが、10月31日までに送っていただきますようお願いいたします。

さて、少し気が早いですが、令和2年から所得税の基礎控除が変わります。
基礎控除とは所得税の非課税枠のようなもので、全員に一律で認められていて、控除額は38万円です。
令和2年からは10万円アップして48万円になります(ただし合計所得金額が2,400万円超で引き下げあり)。

 では10万円減税になるのかというとそうとは限らず、引き替えにサラリーマンの必要経費である給与所得控除が
原則10万円縮小するのでプラマイゼロです。
ただし、年収850万円超のサラリーマンについては増税になります。
これは給与所得控除の上限が220万円から195万円に縮小されるためで、基礎控除の10万円アップを考慮しても
15万円分は増税になります。

 一方減税になるのが、フリーランスなどの個人事業者です。
給与所得控除は元々受けていないので縮小の影響がなく、基礎控除の10万円アップの恩恵だけがあります。

 その代わりというわけではないですが、青色申告特別控除額が10万円縮小します。
個人事業者が、①複式簿記で帳簿をつけて、②決算書に貸借対照表を添付して、③期限内申告すれば現行で
65万円の青色申告特別控除を受けることができますが、これが55万円に縮小されます。

 ただし、電子申告をしているか、電子帳簿保存をしていれば従来の65万円控除が引き続き受けられます。
電子帳簿保存はややハードルが高いですが、電子申告は既にされている方も多く、65万円を適用できる方が多そうです。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.10.08 23:40 | 職員ありんこ | トラックバック(0) | コメント(0) |

軽減税率

こんばんは、ありんこです。

3連休に消費税増税前ということもあり、消耗品を買い足しました!
当分の間は買いに行かなくてよさそうです(笑)

2週間後に迫った消費税増税。
いろいろややこしいですが、特にややこしいのがセット販売の軽減税率の取扱い。
問題形式にしてみました。

【問題】次の商品は8%or10%?

Q1:ビックリマンチョコ

Q2:プロ野球チップス

Q3:マクドナルドのハッピーセット

Q4:食品とカバンの入った福袋(1万円)

Q5:ウェッジウッドのカップと紅茶のセット(2万円)

---------------------------------

【解答】
A1:8%
A2:10%
A3:8%
A4:条件付きで8%
A5:10%

【解説】
 一体資産は原則として軽減税率の対象にならず10%ですが、次の条件を満たせば8%になります。

① 税抜1万円以下

② 食品の割合が2/3以上

 この条件に沿って見ていくと、Q5のカップと紅茶のセットは①の条件でアウト。
Q2のプロ野球チップスは食品以外が高いためアウト。
Q4の福袋は食品やジュースの割合が2/3以上なら8%になります。
ただこの割合は買い手には分からないので、売り手が定価や原価により合理的に判断します。
Q3のハッピーセットとは、おまけがあってもなくても値段が変わらないことから、おまけ部分を0円と判定し、全体が食品ということになります。

もう何が何だかという感じですが、慣れるしかないのかなと思います。
買い手も売り手もしばらくは混乱が続きそうですね。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.09.17 20:22 | 職員ありんこ | トラックバック(0) | コメント(0) |

申告期限の延長

こんばんは、ありんこです。

今日、地下鉄を乗り間違えました。何を思って逆方向に行ってしまったのか分かりません。

 先日の報道で経産省と経団連が消費税の申告期限延長を財務省に要望する、というのが出ていました。
なぜこんな要望が出るかというと法人税と消費税の期限が揃っていないためです。

 法人税、消費税とも申告期限は原則として決算期末から2か月以内です。
ただし法人税に関しては、申告期限を1ケ月延長できる制度があります。

 法人税以外では事業税、都道府県民税、市町村民税でも同様の制度がありますが、なぜか消費税だけに延長制度がありません。
そのため、3月決算であれば消費税だけ5月末に仮で申告し、法人税と地方税を6月末に確定させ、それに応じて消費税の修正申告をするというようなことも行なわれていました。

 なお、申告期限の延長と同時に納付期限も延長されるのですが、元々の期限の2か月を過ぎてからは利子税(2019年は1.6%)がしっかりかかります。
そのため、法人税や地方税の申告期限を延長している会社でも2か月以内で仮計算し、申告をして概算税額を納めます。
その後内容が変更になれば差額を精算し、変更がなければその申告だけで納付は完了します。

 決算処理が1か月長くできて、納付も1か月先送りできる!というバラ色のものではありませんのでご注意下さい。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.29 21:04 | 職員ありんこ | トラックバック(0) | コメント(0) |

プレミアム商品券

 こんばんは、ありんこです。
今日、スギちゃんと通信講座の申込をしてきました!
申込する際に10月以降の価格を見ていて、10%になるとこんなに金額が変わってしまうことにびっくりしてしまいました!
ちゃんと消費税8%の価格で申込してきましたよ笑

消費税増税まで2ヶ月を切りましたが、消費刺激と逆進性(所得が低いほど消費税の負担が重い)の緩和を目的に4年ぶりにプレミアム付き商品券が発行されます。

【使える人】

◎ 2016年4月2日~2019年9月30日の間に生まれた子ども(0歳~3歳半まで)がいる世帯主

◎ 2019年度住民税非課税世帯
✕ 住民税課税者と生計一の配偶者や扶養親族
✕ 生活保護の受給者

【金額】

・1人あたり20,000円(額面25,000円)

【使えるお店】

・市町村による公募で決定

【使える期間】

・原則2019年10月1日から半年間

【手続き】

① 6月に市町村が所得確定
② 7~8月に対象者に案内送付
③ 市町村に申請書を提出(子育て世帯は不要)
④ 9月頃購入引換券を発送
⑤ 9月以降商品券を購入

 国の予算で行われますが、運用は市町村であるため、手続きや支給対象に多少違いはあります。

 前回のプレミアム付き商品券や地域振興券では、予算比で3割程度の経済効果があったようです。
果たして10月以降の景気はどうなるのでしょうか。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2019.08.16 23:00 | 職員ありんこ | トラックバック(0) | コメント(0) |