FC2ブログ

医療費控除。

どーも、イノッチです(^o^)

今日も所得税の確定申告で気になったことを書きます。
今日は医療費控除についてです。

まず控除の対象となるのは「本人又は本人と生計を一にする親族」が医療費を支払った場合です。
ということは親の医療費を子が支払っても、子が別生計だと控除を受けることは出来ません。

また、対象となる医療費は一般的に支出される水準を著しく超えない部分とされています。
なので「美容整形」や「本人・家族の都合で個室にした場合の差額ベット料金」などは対象となりません。

あと、医療費は「その年に支払った」ものとされているので、未払の医療費は対象外です。
また、数年分の医療費をまとめて一年分として控除を受けることも出来ません。

その他の注意点としては、確定申告書を提出する際に領収書等が必要となります。
そこで間違いやすいものとして、健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」
というものを「領収書等」と間違う方がいるようなので気を付けて下さい。

最後に、所得金額から控除する金額なのですが、その年に支払った医療費の合計額から、
10万円(所得金額が200万円未満の方はその金額の5%)をマイナスした金額です。
その時の医療費からは「健康保険などで支給される保険金など」は控除して計算します。

医療費には病気やけがでの診療以外にも、出産や入院、介護サービスでの費用も、
医療費になるので、平成19年中に医療費が多額にかかった方は確認をしてみて下さい。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2008.02.15 20:50 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |