FC2ブログ

不動産取得税。

どーも、イノッチです(^o^)

今までもニュースで話題になった税金や保険について書きましたが、
これからは自分の勉強・理解のために税金関係についても調べて、
それをブログで書いていきます。

今回は不動産関係について書きます。
といっても、不動産に関係する税金は沢山あるので、何回かに分けて書いていきます。

今回は不動産取得税です。
これは、不動産を取得(相続により取得した場合にはかかりません。)したときに、
各都道府県に払う税金です。
納期などは都道府県によって異なりますが、税金の額は固定資産税評価額という価額に、
4%を乗じた金額です(固定資産税については後日書きます)。

しかし、不動産取得税には軽減の特例があります。
ますは、税率についてです。原則は4%ですが、
「土地」や「住宅」の取得であれば、3%(平成21年3月31日まで)、
「住宅以外の家屋」であれば3.5%(平成20年3月31日まで)になります。
「住宅以外」については期限が過ぎたのでこれから取得するときには注意をしましょう。

税率を乗じる前の評価額については、取得した土地が「宅地」であれば、
固定資産税評価額の1/2に税率を乗じて計算します。

その他にも住宅や賃貸用(住宅用)マンションなどの取得について、
新築であれば、一定の要件を満たせば、固定資産税評価額から1200万円控除して税率を乗じます。
中古の場合には新築日によって控除できる金額が変わりますが、最高1200万円控除(平成9年4月1日以降に取得の場合)できます。

あとは、取得から60日以内に都道府県税事務所に申告書の提出が必要なのですが、
地域によっては、処理をしてくれている事務所や、60日を過ぎても応じてくれる事務所もあるようなので、適用を受けたい方は確認をしてみて下さい。

長くなってしまいましたが、簡単に言うと居住用(会社などの仕事用はダメ)で床面積が
50㎡以上240㎡以下(中古の場合は他にも要件有り。)ならば、軽減の適用ができます。

その他にも金額が小さい場合には税金がかからない都道府県などもあるので、
各都道府県に確認して下さい。

不動産は金額が大きくなるので、特例を受けることが出来れば、
税率1%下がることで10万円くらい税金が少なくすることもあるでしょう。
1200万円の控除を受ければ、35万円から45万円くらいの税金が減ることもあります。

少しでも、払う税金を減らすためにも注意してみて下さい。
他にも不動産に関しては色々な税金が関係してきます。
税金も不動産も難しいと感じるとは思いますが、税金も不動産も分からないという方にも、
分かりやすい様に書いていこうと思いますので、これからもよろしくお願いします。


  このブログは2008年4月25日現在の状況ですので、注意して下さい。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2008.04.25 16:34 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |