FC2ブログ

ハプニング2

こんにちは。
マイです。


昨日のイノッチさんのブログを見て、
今日のデーキタブログを楽しみにしていた皆さんごめんなさい。

デーキタブログは明日登場予定となっておりますので、
もう少々お待ちくださいね。




さて、今日のブログは
休日に起きた出来事について書こうと思います。




先々週の土曜日、ちょっとしたハプニングが起こりました。


朝7時ごろ。
いつものように起床し、
眼鏡を手に取ろうと思ったら・・・


あることに気づきました。



無いんです!!

眼鏡が!!


普段、私は机の上に眼鏡を置いて寝ているのですが、
その日に限っては、なぜかいつもそこにある眼鏡が無かったのです。




両眼の視力が0.05以下の私にとって
眼鏡が無いということはまさに一大事。


探そうにも、
視界がぼやけてどこに何があるかもわからない状態。




1度落ち着いて昨晩の出来事を思い起こすと

原因がわかりました。




前日の深夜、私は居間で雑誌を読んでいたのです。


その雑誌の特集で
「視力を回復する方法」
として眼のツボやらマッサージのやり方が掲載されていたので、
気になった私はやってみることにしたのですが・・・。


そもそも、深夜にそんなことをしたのが間違いでした。


その際眼鏡を外して行ったのですが、
どうやらこの時に、私は眼鏡を何処かに置いてしまったみたいなのです。

寝ぼけていたせいか、
何処に眼鏡を置いたのか全く記憶になく・・・。
(というか、眠いのに何でそんなことしてたんだって話ですが笑)


その後すぐ部屋に戻ったのですが
眼鏡は居間に置きっぱなしのまま。




迎えた翌日。
上記のような状態になってしまったわけです。




居間に置いたことまではわかったのですが、
肝心の居間の「どこ」に置いたのかは思い出せず。


急いで居間周辺を探してみたものの、
見当たらずじまいで・・・・。




その日は朝9時30分から予定が入っており、
また終わらせておきたい仕事もあって事務所に行こうと思っていたので、

眼鏡は帰ってから探すことに決め、
急遽コンタクトレンズでやり過ごすことにしました。


が、ここでもまたまたハプニングが・・・。



コンタクトを入れた瞬間、何か眼に違和感を感じました。

特に痛みはないのですが、
視界が変というか、何かがおかしいような気がしたのです。


その時は久し振りにコンタクトをつけたせいだろうな~と思い
また時間もなかったため気にしてもいられなく、
そのまま家を出ることになったのですが・・・。



事務所に着いてしばらく経っても眼の違和感が取れません。


やっぱり何か変だと思って、
一度コンタクトを外して見てみると・・・

原因が分かりました。


コンタクトの表と裏を逆に付けていたのです!!


そりゃあ、いつまで経っても違和感が無くなるわけないですよね。




普段だったら付けた瞬間に気づいたでしょうに、
焦っていると表と裏の区別も気づけないなんて。





焦っているときほど、冷静にならないとダメですね。


1度自分の中で気持ちをリセットして落ち着かせないと、
悪いことが連鎖してしまう確率が高くなるのかもしれません。


多分、気持ちに余裕が無くなって
周りが見えなくなってしまうからでしょうね。

焦っているとなかなか気持ちの切り替えって難しいとは思いますが
できるだけ1度冷静になって行動することを心がけていかなければと
その時実感しました。





それにしても、1日に2回も眼に関するトラブルに遭うとはビックリです。

コンタクトレンズの件はともかく、
まさか眼鏡まで紛失するとは。


「大事なものは手元から離さない」
これは鉄則ですね。
(って、めちゃめちゃ当たり前なことですが笑)



あ、その肝心の眼鏡についてですが、
やはり居間に置いてありました。



場所はなぜか居間のピアノの上(苦笑)



自分自身、何でそんな所に置いてしまったのか全く記憶にありません。



いや、もう本当以後気をつけます。




なんだかこんなブログで長文になってしまってスイマセン。


お付き合いしてくださった皆様、
ありがとうございました。








さてさて、明日は皆さん期待のデーキタブログの登場です。


きっと今週を締めくくる素晴らしいブログを書いてくれることでしょう。



皆様、明日のブログをお楽しみに!!









ブログランキングに参加しています!よろしければクリックをお願いします!





ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2011.02.24 21:43 | 職員マイ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |