FC2ブログ

内部留保を使う?

こんにちは。ユースケです。

今日、事務所の近くである政治家(?)の方が街頭演説をされていました。

一瞬で通り過ぎたので内容はまったく覚えていないのですが、ある一節だけ耳に入ってきました。

「大企業がため込んでいる何兆円という内部留保。これを今、国民のために使わずしていつ使うんですか!!」


ということで、内部留保についてお話ししようかなと思います。
前にも同じようなお話しはしたと思うのですが。。。

まず、会社を始めた時。本当に一番最初の時、会社はこんな状態です。(クリック!↓)

[表1]
内部留保1




自分で現金を出して(出資して)会社を設立するとこんな感じ。



ここから、商売をして100の利益を出しました。

そうするとこんな状態。(クリック!↓)

[表2]
内部留保2





出した利益。これが、「内部留保」となります。
ちなみに、この表では儲けた利益はぜ~んぶ現金で残っている前提です。

さてここで。
儲けた利益はやっぱり使いたい!
てことで、車でも買っちゃいましょうか!

そして車を買った後、会社はこうなります。

[表3]
内部留保3




頑張って儲けて増やした100の現金で車を買いました。
なので、元手の1,000の現金は残っています。


やっぱ車じゃなくて思い切って建物建てちゃおう!
ということで、全財産を使って建物を建てるとこんな感じに。(クリック!↓)

[表4]
内部留保4





お金が一円も残っていませんね。
持っていたお金が全て建物に変身してしまいました。


さて、ここで注目していただきたいのが「内部留保が残っている」こと。

お金が1円も無いのに。です。

儲けた利益が"建物というものに変身した"というだけ。


内部留保を使うということは、配当を出すとか、赤字覚悟で多くの社員さんを雇うとか(赤字になれば内部留保は減ります)

このどちらをするにもお金が必要。でもお金がないですね。
なので内部留保があっても使えないのです。

[表2]のような状態であれば、全て現金で残っているので思う存分内部留保を使うことが出来ますが、[表4]の状態だとせっかく建てた建物を売却するしかないですね。


内部留保 = 現金の貯金額 ではないんです。


つまり、何が言いたいのかというと「お金って大事!」ってことです。
何をするにもお金が必要です。

なので、お金が残るように商売をしましょう!!
投資も当然必要ですが、バランスが重要です。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2011.05.24 21:31 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(2) |

| ホーム |