FC2ブログ

そういうことだったのね。

こんにちは。
シマヨメです。

あー、冷やし中華食べたい。

30を過ぎて早数年。
ぐうたら自称青色専従者になって、早数年。

数年間ぼんやりと過ごして、自然に成長するのは横幅だけ。
困りましたね。

能力的な著しい成長はありませんが、ここ数年で気づいたことが少々あります。

まだ私がピチピチでムチムチでキラキラしていた20代の前半。
学校を卒業したばかりの私は、某会計事務所で働いていました。

事務所内には男性20人、女性20人。
会計事務所としては、結構大きな規模です。

また、歴史がある事務所でもありました。
まだ先代の所長がご健在で、当時で創業50年。
今考えると色々と貴重な経験をさせていただきました。

世間の道理も、上司の思いも何もわかっていなかった私は、
(今でもよくわかっていませんが)
○○当番とか、仕事の進め方の細かいルールが面倒でたまりませんでした。

なぜ掃除当番があるのか。適当にやればいいじゃん。
お茶当番面倒くさい。
たかが書類一枚頼むのに、どうして依頼書とかイチイチ書かなきゃならないのか。

当時はもう、それはそれは不満タラタラで仕事をしていたものです。

が、ここ1年ほどで、シマ会計にもルールが出来はじめています。

シマ会計ができたばかりの頃は、所長のシマと私、そしてイノッチが入り、
しばらくは3人で仕事をしていました。
この頃あまりルールは存在せず、口頭で連絡をとりあい、
細かいことは気づいた人がやっていました。

1年後、ユースケ参上。
この頃から、少しずつ業務の進め方のルールができました。

さらに一年後、マイさん、デーキタ、そして別会社を立ち上げてパートさん2人が入りました。

合計8人。
ここまで来ると、口頭での連絡では不十分だし、
ルールが必要です。

今になってようやく納得。
私がお世話になっていたあの事務所は、長い歴史の中で必然的に
試行錯誤しながらルールが完成していたんですね。
気付くの遅かった~。
色々と生意気言って本当にごめんなさい。

でも、気付いて良かった。
そういう職場で働けて良かった。
お世話になりました。


あーら、今日はオチが無いわ~。
ま、こんな日もあるってことで。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2011.06.16 19:16 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |