FC2ブログ

深い・・・


ブログランキングに参加しています!


よろしければクリックをお願いします!

どーも、イノッチです(^o^)

先日、栄養について学んできました。
テーマは『女性と子どもの栄養について』
まぁ、自分は直接的には関係なさそうですが、男の人も知っていて損はない!!
受講した感想としては、むしろ男性も知っていないとダメだと思いました。

まず初めに、男性と女性では必要な栄養素は異なるということ。
女性は子どもを産むということで、色々と違う。
じゃぁ、家のご飯でメニューを変えるかというと、面倒ですよね。
そういう時はサプリなどを使って、不足しがちな栄養を摂取していくのが良いみたい。

特に女性が男性の1.5倍から2倍必要な栄養素は5つ。


パントテン酸(ビタミンB)、レシチン(ビタミンE)、鉄分、
ビタミンC、カルシウム、ということでした。
中でも特に重要だと感じたビタミンBとカルシウムについて。

ビタミンBの働きは、糖や脂を分解します。
よく含んでいる食材は、豚肉、ウナギ、もやし、ほうれん草、玄米など。。
性質は、水溶性で熱に弱い。
ということは、豚肉を焼いたり、ほうれん草も洗いすぎると栄養が無くなっていく。
と、なかなか摂取するのが難しい。、

ビタミンBが不足すると、メタボの原因になるらしい!?
糖・脂を分解できないということは、お酒や揚げ物が分解できない。
ということは、メタボですね。
あとは、眠くなる、口内炎、便秘、ストレスで下痢にもなりやすいみたい。。
あと、不規則な生活、酒・たばこ、几帳面、責任感が強い、A型の方は危険らしい。

カルシウムについては、長くなりそうなので、またの機会にします。


最後に妊娠したときの確認です。

一つ目の注意点は、つわりの症状が出るまでの生活について。
つわりは2ヶ月目頃から症状が発生。
ということは、それからお酒やたばこに気をつけても遅いですよね。
難しいけど、気をつけて欲しいところです。

二つ目は、妊娠してから4ヶ月目頃には、赤ちゃんが羊水の中で色々と始める。
羊水を飲んでおしっこしたり、呼吸の練習を始めます。
ここでの注意点は羊水がお母さんの摂っている栄養によってできていること。
ダイエットも良いけど、栄養だけはちゃんと摂って欲しいですね。

受精卵が細胞分裂を繰り返していく。
やはり両親が赤ちゃんが産まれる前から気をつけておかないと、
そのしわ寄せが赤ちゃんに行ってしまう。


ということで、女性は男性と違って、赤ちゃんの命も預かっている。
母は強し!!ってことで、僕ももう少し強くなろう!!

最後に。
食事の目的は「美味しく食べる」こと。
サプリの目的は「栄養を摂取する」こと。
食事とサプリの目的は全然違う!!
うん、納得です。

食事だけで必要な栄養をとれないから、サプリで補う。
サプリにも色々あるから、ちゃんと選ぶ。
歴史だったり、原材料だったり、作り方だったり。


生命の誕生にまで大きく影響する栄養学、奥が深い・・・

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2012.03.22 22:37 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |