FC2ブログ

褒め方。

ブログランキングに参加しています!


よろしければクリックをお願いします!

どーも、イノッチです(^o^)

子ども、大好きです。
自分には、子どもがいません。
というか、結婚もしていません(笑)

それでも、この情報を発信したいので、書きます。
題して、

『スタンフォードの心理学教授に学ぶ子どもの褒め方』
キャロル・S・ドゥエックという方の研究内容です。

子どもの2種類のタイプ。
「何にでも挑戦しようとする子ども」と「新しい事に挑戦するのを避ける子ども」
これは親の褒め方によって、影響が出るとか。。

数百人の子ども達を対象に、ある実験が行われた。
全員に、知能検査の難しい問題を10問やらせた。
ほとんどの生徒がまずまずの成績。
終わった後で、二つのグループに分けて、褒め言葉をかけた。

一方のグループには、その子の能力を褒める。
「まぁ、8問正解よ。良くできたわ。頭が良いのね」

もう一方のグループには、その子の努力を褒めた。
「まぁ、8問正解よ。良くできたわ。頑張ったのね」

グループ分けの時点では、両グループの成績は一緒。
そして、子ども達に新しい問題を見せて、

新しい問題にチャレンジするか?それとも、同じ問題をもう一度解くか?
を、選んでもらうという実験を行った。
すると、二つのグループに明確な差が現れた。

能力を褒めたグループは、新しい問題を避け、同じ問題を解こうとする傾向が強い。
ボロを出して、自分の能力を疑われるかもしれないことを、やりたがらない。

一方、努力を褒められたグループは、その9割が新しい問題にチャレンジした。
学べるチャンスを逃さない。

つまり、子どもが努力した事を褒めると、子どもは努力する事に喜びを感じるようになる。
さらに、全員になかなか解けない難題を出した。

能力を褒められたグループは、難題を解くことにフラストレーションを感じ、
自分は頭が良くない。解いても楽しくない。と思うようになった。

努力を褒められたグループは、難題を解くことを嫌がったりせず、
イライラもせず、もっと頑張ろう!と考えるようになった。

すなわち、努力を褒められた方が、子どもは積極的に難しい事に挑戦できるようになる。
ということ。

親が意識せずに、能力ばかりを褒めると、その影響が子どもにいってしまう。
何となく、自分にも思い当たる節があるかも(笑)

子どもがいる友達に伝えよう!!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2012.07.11 21:29 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |