FC2ブログ

103万円の壁??

ワタクシの胃腸の弱さは天下一品。

今もお腹痛いっす…


こんにちは、ユースケです。

最近、"配偶者控除の廃止(見直し)を検討"というニュースがちょっと世間を賑わせていましたね。

よく、「妻の年収を103万円以内にして、扶養に入れる」ということをされている方がいらっしゃいます。
※正確には、「扶養に入る」わけでは無いのですが。

その人の配偶者の給与収入が103万円以内であれば、その人の所得税を計算するときに38万円の所得控除を受けることができます。
つまり、38万円×税率 の分の所得税が安くなるわけです。

ニュースで流れていたのは、この「38万円の所得控除」を廃止(見直し)しようということでした。

主旨としては、女性の雇用促進促進だそうです。
この「103万円以内に収入を抑えれば配偶者控除を受けられる」という状況があるから女性は思いっきり働けないんじゃないか?だったらいっそこの制度を無くしてしまおうか?と、政府は思ったそうです。

まあ確かに廃止にすれば、配偶者控除を気にせず働くことができるかもしれませんが、当然一家の税負担は増加します。
こんなことするよりまず女性が働きやすい環境を整えることが先なのでは?と個人的には思いますが。。。

もっと子供を預けやすい環境や、介護を専門の施設に任せられる環境を整えたり、賃金ベースを上げたりと、先に考えることが山ほどあるはずなのに、なぜ先に控除の廃止の話が出てしまったのか。。


女性の雇用促進を第一優先に考えるのなら、逆に配偶者控除を受けられる収入上限額を上げた方がいいのでは?とも思いますが、そうするとおそらく税収が減るのでそんなことはしないのでしょう。

ただ、この話はまだまだ検討段階なので今年来年にどうこうという話しではないと思いますが、今後の動向に注目ですね。


最後に、「収入が103万円以内」の「収入」とは"給与収入"のことです。
給与(賞与)収入以外だと、また別の計算により配偶者控除に該当するかどうかを判定することになりますので、ご注意ください。





ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2014.04.18 21:21 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |