FC2ブログ

入口と出口。

どーも、イノッチです(^o^)
連投です(笑)


子供が好きな食べ物は『肉』
でも、大人が食べさせたいのは『野菜』

子供が好きなのは『遊ぶこと』
でも、大人がさせたいのは『勉強』

なぜ、大人は子供が嫌がることをやらせるのか?
当然のことのようですが、ちゃんと理由がありますよね。
それが「判断基準の違い」


子供の判断基準は、好き嫌いです。
好きだから食べたいし、遊びたい!
大人の判断基準は、必要かどうかです。
必要だから、嫌でも野菜を食べさせたいし、嫌でも勉強をさせたい!

好きだから。。
楽だから。。
考えなくてもできるから。。

こういう判断基準で物事を決めていると、
短期的な視点では良いと思いますが、長期的な視点では怖いところです。
(必ずしも悪くなるとは限りませんが、危険性は高い・・・)

だから、短期的な視点(入口)ではなく、長期的な視点(出口)を見ることが大切。

新たに起業したとして、数年後にその事業が必要とされていなかったら。。。
去年、2020年になくなる仕事!という内容のブログを書きましたが、

オックスフォード大学の未来予想!という記事もあります!
なくなる可能性が高い(90%以上)という仕事がこちら。。


銀行の融資担当者、スポーツの審判、不動産ブローカー、レストランの案内係、
保険の審査担当、動物のブリーダー、電話のオペレーター、給与・福利厚生担当者、
レジ係、娯楽施設の案内係、チケットもぎり係、カジノのディーラー、ネイリスト、
クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員、集金人、パラリーガル、弁護士助手、
ホテルの受付係、電話販売員、仕立屋(手縫い)、時計修理工、税務申告書代行者、
図書館員の補助員、データ入力作業員、彫刻師、苦情の処理・調査担当者、
簿記・会計・監査の事務員、検査・分類・見本採取・測定を行う作業員、映写技師、
カメラ・撮影機器の修理工、金融機関のクレジットアナリスト、
メガネ・コンタクトレンズの技術者、殺虫剤の混合・散布の技術者、技師制作技術者、
測量技術者、地図作製技術者、造園・用地管理の作業員、建設機器のオペレーター、
訪問販売員、路上新聞売り、露天商人、塗装工、壁紙張り職人


あー、入力するの疲れた(笑)
怖いのは、技術職がすごく多いということ!!


一生懸命、資格を取ったり、技術を身につけても、その仕事がなくなってたら。。。
っていう事も考慮して、決めなくては・・・


税務申告書代行者、簿記・会計・監査の事務員もなくなる仕事に入っています。
機械ではできない、人ならではの創造的なサービスが必要ですね。。

出口を判断基準にするのがコツらしいですよ。
勉強になったので、シェアします!
入口ではなく、出口から考えましょう!!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2015.02.19 23:49 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |