FC2ブログ

軽減税率

 お疲れ様です。

火曜日担当のヤマちゃんです。



 春といえば、桜が一番に思い浮かぶのですが
毎年、桜を観るのが楽しみです。

 北海道の桜の開花は、毎年5月ぐらいですけど、
今年は暖かいので早く桜が咲きそうですね。


 日本は消費税を、いつ10%に引き上げるかどうかを議論されていますが、
10%というのは実は先進国では非常に低い部類に入ります。
 特にヨーロッパなどは、日本の2~3倍ぐらい消費税が高いので、
それに比べると日本の消費税は…
 と思いますが、当然!! 低いに越したことはないです。

 
  世界で一番消費税が高い国はハンガリーの27%です!!(平成26年4月1日現在)


 海外では消費税率の引き上げ政策に対して、消費税が与える生活への
影響を抑えるために以前から軽減税率が適用されています。


 軽減税率とは??


 生活必需品等(食料品、衣類、医療品)に対して、標準税率より低く設定される税率のことです。

 
 いくつか例を挙げます!!



  まず、フランス編。

 フランスでは、バターとマーガリンの税率が違います。

 フランスパンにはバターが合うから当然!!ではなく、
 マーガリンは工場(企業)により生産されていますが、バターは酪農家が生産しているため、
国内畜産業を保護する観点から軽減税率を適用しています。



  続いてドイツ編。

 ドイツでは、同じファーストフードのハンバーガーであっても
店内飲食用お持ち帰り用とで税率が変わるようです。
店内で食べると「外食」扱いとなり、標準税率が適用されますが、
テイクアウトすると「食料品」扱いとなり、軽減税率が適用されます。



  最後にカナダ編。


 カナダでは、ドーナツなどのお菓子について、「その場で」すぐに食べるかどうかで税率が変わってきます。
基準は個数が少ない場合(5個以下)には、その場で食べる「外食」とみなして
標準税率が適用され、6個以上で軽減税率が適用される、、、
    

       買う時に色々と考えてしまいますね(笑)


 ちなみに日本も増税に伴い、適用するのか議論が進められています。



 もし、日本にも軽減税率が適用されることになれば、どの品目に対して適用されるかで
日常生活にも大きく影響を与えることでしょう。

 

では、また。





ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2015.03.31 20:22 | 職員ヤマちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |