FC2ブログ

One for all,All for oneの本当の意味。。。

ブログランキングに参加しています!



よろしければクリックをお願いします!

どーも、イノッチです(^o^)


よく、チームプレイのスポーツで聞くこの言葉!!

不良高校生の野球マンガでも、出てきていました。


ただ、こちらの言葉は、ラグビーのチームプレイ精神を表す時によく使われていたみたい。。
でも、本当は小説【ダルタニャン物語】が出自らしいですけど(笑)


なーんて書こうと思ったんですが、、、

詳しいことは、僕が尊敬している小倉さんのコラムを読んだ方が分かりやすいと思うので、
ここで紹介するとして・・・笑


人と組織の悩みコラム



ここからは、コラムの内容を掻い摘んで、書いていきます!


元全日本代表監督の平尾誠二氏が言うには、
「One for all,All for one」には本当の意味があるらしい!!


本当の意味は、、、

「一人はみんなのために!みんなは勝利のために!」

が正しい!!


どんなに優秀な選手でも一人でできることには限界がある。
しかしチームになれば、1+1が3にも5にもなる。
これがチームプレイの素晴らしいことだ!

しかし、、、それには前提条件がある。
それは「一人ひとりが『自立』した大人である」ことが必要!!

考えてみてほしい・・・
一人前にも満たない未熟な技術と精神性しか持たないプレイヤーばかりが10人集まったチームを。。。

はたして、そんな一人前にも満たない「烏合の衆」が集まった時に
「相乗効果」が発揮されるだろうか?

チームプレイの本質である「相乗効果」とは、
一人前以上のプロフェッショナルが集まったときにしか発揮されない!

「烏合の衆」の寄せ集めでしかない『偽』チームが行うチームプレイは、
『助け合い』ではなく『助けてもらい合い』でしかない!

全員が互いに「助けて!助けて!」と叫び合っているメンバーが
相乗効果を発揮することは100%あり得ない!

そうではなく「自立」し、自分の食いぶちは自分で稼いでいる人間が集まったときに、
初めて沢山の人を救うことができるのだ。
そして、1+1が3や5や10になるのだと思う。。。


これ、本当に思います。。

自分も含めて、まずは一人前になる。。

話はそれから。。

シマ会計も、まだまだ『偽』チームですね(笑)
もっと成長しなければ。。。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2015.05.15 20:19 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |