FC2ブログ

給与所得!

こんばんは!

ハカマです!

もう10月も終わりに近づいていますね。かなり気温が低くなった気がします。

あと二ヶ月ちょっとで今年も終わります。本当に今年は時間がたつのが早かった気がします。

今日は給与所得について書いていきます。

給与所得は通常、今まで書いてきた所得を少し違い確定申告の代わりに
年末調整をするので、確定申告が必要人が多いです。
場合によっては確定申告が必要な人もいるので詳しく書いていきます。


給与所得は名前の通り、給与支給者から受けた収入の事です。
直接金銭を受け取った以外にも商品を受け取ったり、低い価格で譲り受けたりする、
経済的利益も含まれます。

給与所得の金額は収入の金額から給与所得控除を引いた金額になります。

給与所得控除は最低でも65万円あります。

収入の金額が増えるにつれて増えていき245万円の上限まで控除されます。


また、給与所得者の特定支出控除があり、給与所得控除後のから差し引くことができます。

給与所得者の特定支出控除の額は、
通勤費、転居費、研修費、資格取得費、単身赴任者の帰宅旅費、
勤務必要経費(図書費、衣服費、交際費など)が所得控除の額の半分を超えた金額(※)となります。

※(所得の額が1500万円以上の場合は125万円を超えた金額となります)

給与所得は源泉徴収されているので、勤務先で年末調整をして源泉所得税を精算しているので確定申告を
行う必要がない場合が多いです。


しかし給与所得が2000万円を超える人や、給与所得と退職所得以外に20万円を超える所得がある人、
2カ所以上から給与をもらいかつ主たる給与以外の給与の金額と
給与所得と退職所得以外の所得の金額が20万円を超える人や
医療費控除などを受ける方も確定申告が必要になります。


医療費控除については、次回詳細を書きます。

給与所得はかなり身近な所得ではないかと思うのですが、

意外と知らないことが多いのではないかと思います。

私もこの仕事をするまでは、給与所得控除のことを考えたことはありませんでした。

年末調整の一部でもあるので、知っておいて損はないと思います。


このブログは平成27年10月20日現在の内容で書いています。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2015.10.20 23:05 | 職員ハカマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |