FC2ブログ

従業員さんへ伝える

学生のバイトさんが6名来ています。
皆さん、ワタクシよりも10歳近く若いです。

自分にもこんな時代があったなー
がんばれ若者達よーー

的な眼差しで見守っています。


こんにちは、ユースケです。

最近お客様から、現状の会社の業績説明と、来期計画の説明を従業員さんへしてほしいというご依頼を立て続けにいただきました。


会社の社長さんだけでなく、従業員さんも数字をある程度把握することは重要です。
以前、シマさんがブログに書いていたかもしれないですが、「損益計算書」は従業員さんが作り上げるものです。

そもそも、「損益計算書」とは何かと言うと、
「売上」や、「経費」や、「利益」
が、記載されており、「いくら売れて、いくら儲かったか」がわかる書類です。

従業員さんが物を売ったり、サービスしたりして「売上」を作りますし、事務所を使うので家賃や水道光熱、消耗品などの「経費」を使います。当然、その従業員さんの給与も「経費」です。
そして、その従業員さんが作った売上から、従業員さんが使ったそれらの経費を差引いて残ったものが「利益」です。

つまり、損益計算書を構成するほとんどのものが従業員さんが関係しているのです。
(もちろん、売上や経費の中には社長さんが直接関係しているものもあると思いますが、、、)

ですので、従業員さんが数字を把握することは重要となるのです。


ちなみに、お金を借りたり、設備投資をしたり、入金サイトの短縮を交渉したりすることが反映されるのが、「貸借対照表」です。
これは、社長さんが作り上げるものです。


と、言うようなことなどをお客様の会社の従業員さんへお伝えさせていただきました。
もし、ご興味ありましたらぜひぜひご連絡ください。
きっちりご説明させていただきます。




ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2015.12.07 23:12 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |