FC2ブログ

確定申告2!

こんばんは!
ハカマです!
最近は風邪が流行ってきているようですね。
私も風邪を引いたみたいでここ数日体調が良くないです。
早く直して今までの用にバリバリ仕事をこなしたいです。


今回も確定申告について書いていきたいと思います。
確定申告は10種類ある所得から所得税を計算し
源泉徴収や予定納税で納めた税金などの過不足を精算する手続きです。
確定申告では税金を納めるとのイメージが強いですが、
申告をすることで還付を受けられるようになったりします。

住宅ローンなどを利用して住宅を新築、取得、増改築等をし住んでいる人は、一定の条件を満たせば、
住宅ローン控除を受けることができます。
住宅ローン控除は会社員さんなどの場合初めの年は確定申告が必要となります。
(2年目以降は年末調整で済ませる事ができます。)
住宅ローンは住み始めた年によって控除の上限や割合が違いますが、
住宅ローンの年末残高の1%税金の控除を受けることができます。
(控除金額には上限があります。)

医療費の合計額から保険金などで補填される金額を差し引いて
10万円(総所得金額が200万円未満の人は、総所得金額の5%)を超える場合は、
医療費控除を受けることができます。
医療費控除は
(実際にかかった医療費-保険金などで補填される金額)-10万円(総所得金額が200万円未満の人は、総所得金額の5%)
となります。
最大200万円まで控除を受けることができるので、
お医者さんなどにかかったら領収書を取っておいた方がいいですよ。


また控除ではないですが、一時所得は税金面でお得になっています。
一時所得の総収入金額-収入を得るために使った金額-特別控除(最大50万円)=一時所得
となります。
さらに一時所得の金額×1/2に税率に税率をかけて税金を計算するので
所得の金額が多くても税金はその分お得です。
賞金や懸賞当選金、競馬や競輪などの払戻金、生命保険の一時金などが対象となります。
収入を得るために使った金額が競馬などの場合当たり券に対して支払った
金額のみとなるので、自分の運に自信がある方におすすめです。


確定申告は事業主の方だけのものだと思いがちですが、
会社員の方でも確定申告をすることで還付などを受けることがあります。
2月16日~3月15日までとなりますので確認いただければと思います。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2016.02.02 18:10 | 職員ハカマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |