FC2ブログ

法人成りの時の忘れがちな節税

こんばんは!
ハカマです!
三月も10日が過ぎましたね。
シマ会計では確定申告のラストスパートで
忙しくみんな働いています。
確定申告が終わったら1月決算ですが…
ここを乗り切れば一息つけるとの思いでやってます。


確定申告で収入を申告し一定以上の利益が出ていると
8月頃に個人事業税の納付書が送付されてきます。
個人事業税とは業種によって違いますが多くの場合、個人事業税は事業の利益から
290万円を引いた金額に5%の税率をかけて税額が計算されます。

個人事業税は支払った時に経費となる税金です。
個人事業主の方で業務規模拡大や税負担を軽くするために、
法人成りを検討されている方も多くいるのではないでしょうか?
もし法人成りをすると個人事業税を支払った時は法人として
事業を行っているので個人事業税が経費にならない事になってしまいます。

そこで廃業の場合は個人事業税を経費にすることが認められています。
個人事業税を未払計上することで経費にして、所得税、住民税を抑えましょう。

未払計上するときは経費を全て入れてから個人事業税を計算して下さい。
経費が後から出てきた場合は個人事業税が変わってしまう可能性があるので、
ご注意下さい。


※このブログは平成28年3月11日に時点での内容で書いています。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2016.03.11 21:41 | 職員ハカマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |