FC2ブログ

山場

こんばんは、ノリオです。



ご機嫌如何でしょうか?


私は今日の10時くらいから頭がボーッとしております。

風邪でしょうか?
インフルでしょうか?
それとも恋でしょうか?


本日は確定申告期限の前日です。

ブログをご覧の方でまだ何もしてないやという方は
いらっしゃらないと思いますが、
まだの方は明日が申告納付の期限ですので、
よろしくお願いいたします。


前年が業績好調で一定額以上の税金を払っていると
次の期、年に予定納税というものを払う必要が出てきます。

前期の法人税が20万円を超えるとその半分を払って下さいと
税務署からお知らせが来ます。

納付期限はその期が始まってから6ヶ月を経過した日から2ヶ月以内です。

3月決算の会社なら11月末までです。

期末に一括で払うよりは資金繰りが多少楽になりますし、
役所としては徴収漏れを防ぐのと、国の収入の
平準化が出来るわけです。


しかしながら、前期、予定納税が発生するくらい好調だったからといって
今期もそうとは限りません。

業績が悪かった場合、前期の半分の税金を払うのも
少しきついということがありえます。


その時は仮決算というものがあります。

今期の上半期を仮に一事業年度とみなして
決算して、税額を出してこの金額を
予定納税額とするものです。

今期の業績は去年ほどでないとか、
毎期、売上のピークがくるのが下半期なので
上半期はあまり儲かっていないという時
この方法で計算すれば、予定納税額が
少なくなります。

同様の方法は消費税でもあります。


一旦、半期での支出は少なくすることはできますが、
年間の税金の額は変わりません。

例として、決算時に年税額は50万円となりました。

予定納税で40万円払っていました。

この時決算時の納付は
50万-40万=10万円になります。

仮決算で5万円払っていたときは
50万-5万=45万円になります。


中間で払う分が減った分、期末で納付額は増えました。


どちらの方法が良いかは会社の状況にもよると思いますが、
仮決算という方法もあるということを片隅にでも置いておいて
頂ければと思います。




※ 本日はホワイトデーですが、誰からもバレンタインデーの
 チョコをまだ頂いておりません。

 まだまだ受け付けております。帰りの鞄には若干の余裕が
 ございますのでお待ちしております。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2016.03.14 19:18 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |