FC2ブログ

何から始めれば

こんばんは、ノリオです。



なんだか疲れが取れにくくなっているような気が若干しています。

気のせいでしょうか?


1月も早いものでもうすぐ終わりです。

スタートダッシュが決まった方、決まらなかった方、
まだスタートしていない方、いろいろあると思います。



今年は個人事業から会社にするぜと思っている方もいると思いますが、
会社を作るにはどういう手続がいるのでしょうか?

ステップがいくつかあるので、何回かに分けて説明しますが、

会社設立準備時

1、会社名(商号)を決める。
興味をもたれたり、覚えやすかったり、何をする会社なのかわかるといいかもしれません。


2、事業目的を決める
株式会社を作るときは、定款というものを作ります。そこに何をやる会社なのか
記載しないといけません。
個人事業でやっていること、将来行う可能性がある事業を決めましょう


3、本店所在地を決める
会社の住所です。個人事業からの法人成りなら、まずはご自宅を本店にしても
いいと思います。 ご自宅が賃貸の場合は、法人不可となっている可能性もありますので、
家主に尋ねたり、契約書を確認しましょう


4、資本金の額を決める
現在の会社法では1円でもOKですが、現実的ではありません。必要なものをそろえたり
運営資金がかかります。
ただし1,000万を超えると初年度から消費税がかかります。


5、出資者を決める
お金を出してくれる人を決めます(株主です)。法人なりですと、社長ご自身が
全額出資となることが多いと思います。


6、事業年度を決める
個人事業だと1月1日から12月31日までと決まっています。
法人だと決められます。4月スタートで3月決算が多いですが
4月スタートにする必要は全くありませんが繁忙期が決算月になると
事務処理が大変になります。 事業年度の前半部分で売上が多く(利益が多くなる)なる
ように設定するとお金がある時期に経営判断を考えることが出来ます。
期末に繁忙期だと、節税策を考える時間がないですよね。


7、会社の印鑑を作る
設立手続までに必要です。 代表者印、銀行印、社印、ゴム印を作りましょう


8、個人の印鑑証明を用意
会社設立時の書類に社長や出資者の印鑑証明が必要です。
市区町村役場で発行してもらえます。
株式会社の場合は2通取得しておきましょう。


9、設立費用を用意
資本金とは別な費用が必要です。
株式会社ですと、定款認証代52,000円、定款に貼る収入印紙代40,000円
登録免許税150,000円 行政書士や司法書士に手続依頼をすれば手数料がかかります。


このあと、定款の作成、登記書類の作成、設立登記、各種届出の作成と
続きますが、また次回に。





ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2017.01.26 20:13 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |