FC2ブログ

クラウドファンディングの税金

こんばんは!
ハカマです!
今年も始まって一ヶ月が過ぎて気づくと明日は
バレンタインデーですね。

結婚して初めてのバレンタインデーなのですが、
奥さんはチョコレートを用意する気はないようなので、
明日は切り札のお母さんに期待するしかない状況です。


今日はクラウドファンディングの税金について書いていきたいと思います。
最近クラウドファンディングの事を耳にする機会が以前よりも多くなっているのではないでしょうか?
はじめて聞いた時は不特定多数の人からお金を集めると言う内容から
怪しい印象を受けましたが、聞き慣れた為か新たな資金調達の手段として
有効な手段なのかなあと思い始めています。

そこで、具体的にクラウドファンディングを調達した場合税金はどうなるのか気になってきました。
職業柄かお金を集めて税金を払わないわけはないだろうとの思いもありました。

色々と調べて見たところ、クラウドファンディングには3種類あり、お金を集める方が法人か個人か、
お金を出す方が法人か個人かによって違うことが分かりました。

まずクラウドファンディングは3つのタイプに分かれるようで

①出資したお金に対して金銭以外の見返りのある購入型

②見返りのない寄付型

③お金や株式がもらえる投資型

があるようです。

その中で③投資型はまだまだ行われている件数が少ないようなので今回は
触れないでおきます。

①の購入型は集めたお金と商品などの生産やお金を集める為に
かかった手数料などの経費を差し引いて残ったお金に対して
個人であれば所得税、法人であれば法人税がかかります。

②の寄付型は法人がお金を集めた場合は法人税
個人がお金を集めた場合はお金を出した人が
法人か個人かによって所得税の対象となるか
贈与税の対象となるかが違います。
お金を出してくれて人が個人の場合は贈与税、
法人の場合は所得税(一時所得)の対象となります。

寄付型の場合クラウドファンディングをすることに税金が
かかる可能性が高いので資金調達の前に納税のことも
考えておかないと思てい以上に税金を払うことになるかも知れません



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2017.02.13 21:20 | 職員ハカマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |