FC2ブログ

商品づくりと売り方

こんにちは、ユースケです。

シマ会計は7月決算。
ということで先日シマさんと、来期の詳細な予算や商品戦略を考える会議を行いました。

予算については、経営計画書に基づいて作っていくので数字上は比較的簡単に決まります。
必要(目標)利益を決めて、経費予算を設定して、目標の売上高を計算します。

ここで、数字上の目標売上は出てきますが、どうやってこの売上高を達成するのか?どのような売上の種類の内訳で達成するのか?
これが重要となってきます。

そこで、商品戦略を考えることが必要になります。

シマ会計の場合、現状売上のベースが労働集約型の商品で、このままだと売上を上げるためには人件費(人数)をどんどん増やしていかなければなりません。

でもそうすると、スタッフ一人当たりの年収を上げることも困難となりますし、労働環境の向上にも繋がりません。

ということで、別の核となる売上、つまり新商品を作らなければならないのです。

まずは商品づくりですが、その会議で新たな商品はどんなものにするか大体のイメージはできました。

そしてもう一つ、商品づくりと同時に考えなければならないことがあります。

それは「売り方」です。

どの商売にも当てはまりますが、いくら質がいい商品でも「売り方」を考えないと商品は売れません。

稀に、本当に優れた商品力で、商品が一人歩きすることもあるかもしれませんが、それは本当にレアケースです。

どの市場に、どの媒体を使って、どの価格帯で売るのか?
これを商品づくりと同時にガッチリ決めないと、いくら質がいいから思っていても、その商品は一生世の中に広まりません。

で、シマ会計の新商品の「売り方」はというと、、、
まだ固まっていません(笑)

これは非常に重要なところなので、この先シマさんと会議を重ねて明確に決めていきたいと思います。


皆さんも、商品づくりをする際は、ぜひ「売り方」も同時に考えてみてくださいね。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2017.07.27 19:43 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |