ITのチカラを借りる

お盆に実家で蚊に足を刺されまくりました。
かゆくて発狂しそうです。

こんにちは、ユースケです。

本日あるお客様にお伺いしたところ、今まで使っていた販売管理システムから、全く違う新しいシステムへ移行する作業の真っ最中でした。

その元々使っていたシステムは、販売管理や原価管理や顧客管理など会社で管理しなければならない様々なことを一括で管理するシステムで、しかも全従業員さんが使用していたもので、ある意味会社の心臓のようなシステムといってもいいものでした。

なので、そのシステムを全く違うものに移行するということで社内は過去最大級にドタバタしておりました。

では、そんな会社の心臓のような役割をしていたシステムをなぜそのお客様は変えようと思ったのか?
お金もかかりますし、時間もかかるのに。

それは、そのシステムにすることで、一人一人の作業時間が減るからです。
つまり、生産性が上がるからです。

まあ、当たり前のことといえば当たり前のことです。

でも、このようなことに金銭的・時間的な投資を決断することは簡単ではありません。
どうしても、投資するからにはすぐにその投資が売上に還元されるようなものでないと足踏みをしてしまいます。

ただ、考えてみてください。
従業員さん一人一人の作業時間が減ったとしたら、その減った時間を売上を上げるための時間に充てられるのです。
すぐに売上には還元されないかもしれませんが、近い将来絶対に売上の増加に繋がります。(もちろん、ちゃんとそういう活動をすればの話ですが)

ましてや、これからどんどん労働者人口が減って、もっと人材確保が難しくなり、将来的に少人数でも今と同じ規模の活動をしていかなければならない可能性のことを考えると、今やっておかなければならない投資だと思います。

シマ会計も、所内で使用する会計ソフトを数ヶ月前ほぼ全て、MFクラウド会計というソフトに変更しました。
これも、生産性を上げることが目的です。

ただ、こういうシステム変更時の一番の壁は、従業員の皆さん達からの反発です。

そりゃそうです。
今まで使い慣れたものから突然変わるわけですから、大変な思いをします。

シマ会計も移行時は、少なからず反発と戸惑いがありました笑

ですが、これは将来を考えると乗り越えなければならない壁で、根気強く皆さんに説明していかなければならないのです。

せっかくITが発達した世の中になっているのですから、そのチカラをお借りして、さらに発展をすることを目指していきましょう!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2017.08.18 19:40 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |