ペット保険

こんばんは、カワちゃんです。

突然ですが、私もわんこを飼っていまして…


うちの犬は、白くて、むちむちで、ぶりぶりで、ぶひぶひで…
家に帰るとすごい勢いで襲いかかり、パンストを引き裂かんばかりのあばれっぷりです。
年齢も1歳少しなので、元気が有り余っているんですね。

でも、そんな彼女も一年ほど前に前足を骨折し、身体的にも、私の金銭的にも大ダメージをおってしまいました。

奇跡的にすばらしい先生に治療をしてもらい、彼女の体は回復しましたが、私のお財布は…


と思いきや、救世主現る!!

それは、ペット保険です。
手術保険金や通院保険金も合わせると、20万以上戻ってきました。

ありがたや~ありがたや~

今の時代、ペット保険に加入している方は多いかと思います。
でも、ご存じでしょうか?
動物病院の窓口で支払う金額のうち「○○割が戻ってくる」と、うたっていても、年間の総支給額、手術保険金の支給額、年間の手術保険金の支払い回数など、多くの上限が設けられている場合があるのです。


ペットを購入した時に、すすめられて加入して以来ずっとほったらかし…なんてことありますよね。
ペットショップで扱っている保険は、ほとんどが一社です。選択の余地はなく、比較をすることも出来ません。

中には、毎年保険料が上がり、高齢になると負担が大きくなってしまうこともあります。
更には、一定年齢で保証が終了する保険もあるんです!!


大きな手術は30万以上、入院は一日1万円近くかかります。もちろん、それ以上かかることもあり得ます。
いざとなったとき…では遅いです。そして、通院をすると保険の見直しは難しくなります。


ちなみに、人間の保険と同様、ペットの医療保険金は所得税がかかりません。
でも、年末調整の所得税控除には使えないので、お気をつけ下さい。




ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2017.10.06 18:37 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |