FC2ブログ

消費税

こんばんは!
ハカマです!

5月も半ばを過ぎて暑い日も増えて来ましたね。
3月決算も大詰めなので残りを頑張って仕上げていきます。

消費税は売上等で預かった消費税から仕入等で
支払った消費税を差引いて納税額を計算します。
しかし、課税売上の割合が95%を下回ったり、
課税売上高が5億円を超えると支払いをした消費税を全額差引くことができなくなります。

「個別対応方式」、「一括比例配分方式」のどちらかを選び
消費税を計算する必要が出てくるのです。
今回はそれぞれの方式について書いていきます。

「個別対応方式」は支払った消費税を

①課税売上にのみかかった仕入等に係るもの
②非課税売上にのみかかった仕入等に係るもの
③課税売上と非課税売上どちらにも係った仕入等に係るもの     に分け、

①+③×課税売上割合 の額を売上等で預かった消費税から
差し引いて消費税を計算します。



「一括比例配分方式」は 支払った消費税×課税売上割合 の額を
売上等で預かった消費税から差し引いて消費税を計算します。



「個別対応方式」は多くの場合一括比例配分方式より納税額が少なくなります。
「一括比例配分方式」は支払をした消費税を課税売上、
非課税売上にかかったものに分ける必要がないので経理作業が単純に済みます。

2つの方式があるのでしっかり有利、不利を確認して
消費税を計算いただければと思います。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2018.05.18 21:01 | 職員ハカマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |