FC2ブログ

カワちゃんですから‼︎

ディズニーですから‼︎
明日からですから‼︎


そうなのです、明日から社員旅行なのです。

ウキウキです。

という事で、本日は寡婦控除についてご紹介します‼︎

寡婦控除とは保険料控除や配偶者控除と同様に、所得税が少なくなる制度の一つです。


ひとり親、またはひとりで家族を扶養している方のための控除です。

では、具体的にどういった人が適用となるのでしょうか?


まず、旦那さんと死別もしくは離婚をして、再婚をしていない方が大前提となります。

そして、該当パターンがいくつかあり、それにより控除額が変わります。



パターン①控除額35万
ほとんどのシングルマザーはこれに当たります。
・所得が500万以下
・子供を扶養している


パターン②控除額27万
・扶養親族がいる(両親や兄弟など)または、所得が35万以下の子供を扶養している


パターン③控除額27万
・本人の所得が500万以下である



なんだか複雑ですよね。
でも、気づきましたか⁇
これ、未婚の母子家庭には適用にならないのです。

寡婦控除の申請は年末調整で行います。年末に提出する扶養控除申請書には漏れが無いように、逆に、本来適用にならないはずなのに誤って申請してしまわないように気をつけて下さい。


また、未婚のシングルマザーはみなし適用というものが各自治体であります。
ただ、それは自治体で決められており、内容も様々です。自分自身で適用となるサービスや控除がどんなものか確認する事が重要ですね。


というこで、明日のためにもうおやすみなさ・・・ぐぅ〜

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.08.31 22:51 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

株式投資

仲間が増えるとその分どうしても敵も増えるのが世の常。


こんにちは、ユースケです。

前回ブログの冒頭でチラッと書きましたが、国内上場株への株式投資を始めてみました。

金額は約40万円、投資先は1銘柄のみ。
現在投資をしてちょうど2週間。
今のところ67,000円価値が増えている状況です。

本気で株式投資をやってる方からすると、ものっ凄い小規模な投資ですが、やってみて色々良かったです。

まずやはり、お金は預金口座に入れているだけでは増えないということ。
頭ではわかっているのですが、実際にやってみてそれを体験できたのは大きかったです。

次に、そのかった銘柄の業種に関するニュースを気にするようになったということ。
今までは気にしなかったニュースを気にするようになったので、少しは見聞が広がる効果もあるのかと思います。

最後に、話のネタになるということ笑
意外に周りで株式投資をしている方が少なく、この体験話がすごくネタになりますし、もう少しやっていけば今までできなかった情報提供もできるようになるのではないかと思います。
今のところ、身近で株式投資をしているのはノリオさんぐらいなので、まずはノリオ先生に色々教えていただこうと思っております笑


ちなみに、個人で所有している上場株式のを売却した際の利益には、所得税&住民税がかかります。
税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5%)です。

私がこのまま売却すると、67,000円×20.315%=13,600円の税金がかかります。

果たして私の保有している株は、いくらになるのでしょうか?
ドキドキです!!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.30 19:46 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(1) |

基・礎・控・除

こんにちは!シマ会計のエネルギッシュ営業マンこと、バンです( ´▽`)

8月29日の今日は、「焼肉の日」、だそうです!みなさんは最近、焼肉に行きましたか?僕はおとといの日曜日に、シマ会主催の交流会で、弊社のお客様でございます「炭火焼肉ときん 菊水店」さんにお邪魔してきました。美味しいお肉をたくさんいただきまして、なかでも 牛タンが一番マイウ~でした!ここでエネルギーを蓄えたので、月末もエネルギッシュに頑張ります(^o^)このときんさんは、札幌市内に数店舗ございますので、お時間がある時にぜひ行ってみてくださいね♪

さて、今日のテーマは、色んな美味しいお肉ならぬ、色んな人が受けられる、「基礎控除」という税額控除のお話をしたいと思います!(流れが多少強引なのは、多めに見てください笑)

基礎控除は、確定申告や年末調整で、所得税だと38万円、住民税だと33万円を、所得から差し引ける控除のことです。これは、所得のある人なら、その所得がいくらかに関係なしに一律に適用される、というものです。

基礎控除には所得による上限があります。所得税は所得が103万円以内、住民税は98万円以内であることが条件で、この金額を超えると、それぞれの税金がかかります。ただし、住民税には「35万円の非課税控除額」というものがあります。これは、住民税を課税するかしないかを判断するときに使われる金額のことです。例えば、パート収入だけの場合、基礎控除額の35万円に、給与控除額の65万円を足した100万円までは、住民税が非課税ということになります。

基礎控除を受けるには、マイナンバーの提出が必要です。具体的には、本人の番号や法人番号(ある人だけ)の他に、控除対象配偶者や控除対象扶養親族の方などのマイナンバーも必要になります。
マイナンバーが書かれた申告書を税務署等へ提出する時、税務署などで本人確認が必要で、マイナンバーカードや、通知カードと運転免許証などの写真付きの身分証明書などで確認されます。手続の時は、これらの本人確認書類を提示するか、コピーを確定申告書に添えます。なお、マイナンバーカードを使って、e-Taxで電子申告する時は、必要ありません。

個人的には、たくさんある控除の中で1番受けやすいものだと思いますので、皆さんぜひお調べいただいたうえでご活用いただければと思います(^^)/

それでは、これから季節の変わりめになりますので、みなさん風邪を引かないように気を付けてくださいね!

以上、バンでした!!みなさん、来月もお会いしましょう(^_^)v

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.29 16:19 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

売上の計上時期

こんばんは!
ハカマです!

お盆が終わってから肌寒い日が増えてきましたね。
夏が終わって秋になっていくのを感じます。

今日は売上のを上げる時期について書いていきます!

売上を計上する時期は代金を受領した時と考える方がいらっしゃいますが、
代金の受領時では遅い場合があります。本来の売上計上時期より遅くなってしまった場合、
税務調査で指摘され追加で税金を支払うことになるかもしれません。

売上は基本的に「商品の引き渡しがあった日」、「依頼を受けた作業が完了した日」に計上します。
しかし、実際には「商品を出荷をした日」、「商品を納品した日」、「相手方が検収を完了した日」、
「相手方において使用収益ができることとなった日」など契約の内容により、
合理的と認められる日で売上を計上することが認められています。

売上の計上時期は取引ごとに変えるのではなく、
一度決めた売上の計上時期を継続して使用することになります。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.28 18:24 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

再び株のおはなし

こんばんは、奥さん。


ノリオです。





今日は株式ミニ投資と株式累積投資のお話をしたいと思います。




株式の売買は、基本的には単元株で行われますが、単元未満でも売買できる
方法として、株式ミニ投資や株式累積投資(略して、るいとう)があります。



株式ミニ投資・・・1単元の10分の1の単位で株式を売買する方法


ポイント・・・取引単位が1株の銘柄には利用でできない



株式累積投資・・・毎月一定額ずつ積み立て方式で株式を購入する方法
→こういう買い方をドル・コスト平均法といいます。


ポイント・・・指値注文は出せない




ドル・コスト平均法ですが、株式を定期的に一定額ずつ購入する方法をいいます。


例えば、1回あたり2,000円でドル・コスト平均法によって以下のように購入した場合の
平均購入単価は、


1回目 2000円÷@400円=5株


2回目 2000円÷@500円=4株


3回目 2000円÷@400円=5株


4回目 2000円÷@1000円=2株


2000×4回/(5株+4株+5株+2株)=@500円となります


一定額ずつ購入するので、価格が高い時には少しの株数を、価格が低い時には
多くの株数をかうことになります。


したがって、長期的に行うと、平均単価が低くなる効果があると言われてます。


以上でーす。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.27 20:48 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

会費

こんばんは、ありんこです。

この間、ファンクラブの会費の支払いをしてきました。
9月からコンサートの先行受付が開始するのでそのために払ってきました(笑)

今回は会費の消費税に関して書いてみたいなと思います。

①会費は原則消費税課税対象外

 一般的に会費には、消費税はかかりません。

 会社が、所属する団体や組合に、会費を支払った場合は、消費税は、「対象外」や「不課税」として処理します。

 会費を受領した団体側も、消費税がかかりませんから、会費収入については、消費税の申告をする必要はありません。


②全ての会費が対象外ではないです

 会費に消費税がかからないのは、その対価性が明確でないためです。

 でも、対価性が明確な会費もあります。

 例えば「懇親会費」は、飲食が目的の会費ですから、消費税は課税されます。

 他にも、「研修会費」「懇談会費」「旅行会費」「忘年会費」「新年会費」「交流会費」のように、
会費の使途が明確であれば、消費税は課税されます。

 会費を払う側としては、「会費」だから消費税対象外と経理処理をしますと、
その分税務署へ払う納税額が増えてしまいますので、注意しないといけないですね。


③判断が付かないときは確認

 判断が難しいときは、団体等の事務局に確認するのが一番です。

 会費を受領する団体側も、対象外とする場合には、会員企業に通知しておきましょう。

 例えばJAFの会費は、ホームページに「会費に消費税はかかりません。」と、記載されていますよ。

処理次第で消費税が変わるので内容を確認しなきゃいけませんね。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.24 19:44 | 職員ありんこ | トラックバック(0) | コメント(0) |

所得拡大促進税制

じゃがりこの好きな味は「北海道ザンギ」です。
・・・どうでもいいですね笑

こんばんは、スギちゃんです。


平成30年度改正で、「所得拡大促進税制」に改正がありましたので、ご紹介いたします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも、所得拡大促進税制とは・・・?
>従業員への給与を増加させた場合に、その増加額の一部を法人税(個人事業主 は所得税)から税額控除することができます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この規定ですが、今までは、給与増加したかどうかの比較対象として、「基準期間(平成24年度)」というものがありました。
ちょうどアベノミクス導入時の規定なので、比較対象もこの期間を使用することになっていたようです。

今回の改正で、この基準期間が廃止されることになりました!
なので、今まで平成24年度のお給料支給額が大きくて、この規定を適用できなかった方も、採用できるようになりますね!

増加したかどうかの判定対象期間は、すべて前年度比較になります。
同じような規定で「雇用促進税制」という、従業員の雇用人数を増加した場合の、税金を少なくすることができる規定がありましたが、おそらく、そちらよりは使いやすい規定になったと思います。

ちなみに、適用開始は「法人:H30年4月1日以後に開始する事業年度から」「個人:H31年から」です。
設立1期目や、開業1年目の場合は適用できませんので、ご注意ください。

国税庁からリーフレットが公表されています。
適用要件をクリアしているかどうか分かるフロー表も付いているので、ご参照くださいませ。(こちら

長くなりましたが、以上です。
それでは、お疲れ様でした!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.23 20:03 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

配偶者特別控除


こんにちは。ぐっさんです。

来週から9月に入るというのに、今日の最高気温は30℃近くあるようです。
台風が接近しているからなんでしょうか?
あまり早く寒くなるのは嫌ですが、そろそろ涼しくなってほしいな~と思います。


今日は前回のブログでお伝えした配偶者控除の続き、
配偶者特別控除の平成30年分からの変更点についてお話ししたいと思います。

●配偶者控除では世帯主の年収に所得制限が設けられましたが、
 配偶者特別控除も同様に合計所得金額が1,000万円を超える場合は、控除が受けられなくなりました。

なので、世帯主の年収が1,000万円を超える場合は、配偶者控除の対象にならないので
配偶者の年収にこだわる必要はなくなった、という事ですかね。。

●以前までだと配偶者特別控除の対象になるのは配偶者の年収141万円未満でしたが、
 平成30年分からは年収201万円以下までが対象になりました。

例えば世帯主の年収が900万円以下の場合、
配偶者の年収150万円以下 → 配偶者特別控除38万円
配偶者の年収155万円以下 → 配偶者特別控除36万円
   :
   :
配偶者の年収201万円以下 → 配偶者特別控除3万円
というように、段階的になっています。
世帯主の年収が900万円超~1,000万円以下の場合も、段階的に控除額が変わります。

以前よりも複雑になった配偶者特別控除ですが、結果的には控除を受けられる上限が上がったので、
控除を受けられる世帯は増えるのでしょうか。

それでは今回はこの辺で失礼いたします。。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.22 12:53 | 職員ぐっさん | トラックバック(0) | コメント(0) |

消費税がいろいろと変わりますよ!

こんばんは!ダカウーです

早いもので子供も10ヶ月になりました
最近「ばいばい」を覚えたので、朝会社に行くときは
「ばいばい」と言うと手を振って見送りをしてくれます

初めての芸なので親としてはちょっと感動ですね

ただ家に帰ったときも笑顔で手を振ってくれます
これは、働きが足りないという事なのでしょうかね

さて

今日は消費税の研修を受けてきました

来年の10月からは消費税が10%になります
そして、軽減税率というものも導入される予定となっております

軽減税率とは、食品や定期購読している新聞なんかは増税をしないで
8%の消費税のままで良いですよ~というものなのですが

実際この軽減税率が導入された際は
特に最初のうちは混乱が予想されています。

例えばですが

おまけのおもちゃが付いているお菓子はどうなるの??
とか
お茶と食器がセットで売っていたらどうなるの??

というような感じですね。
個人の消費者としても混乱しそうですが、お店を経営している人にとっては
もっと混乱しそうですよね。

おまけ付きのお菓子については
・税抜きの金額で 1万円以下
・価格のうち、食品部分の価格が3分の2以上

になれば軽減税率の対象になるそうです。
なので来年の10月以降は消費税8%のままの、おまけ付きお菓子になるのであれば
もう少しお菓子の量が増えるんじゃないか?
って事も言われているそうです。


他にも
店内飲食は10%の消費税だけど、持ち帰りだと8%の消費税です

じゃあ、一度レジで「持ち帰ります」って言ったけど
商品を受け取ったときに気が変わって店内で食べるときは
追加の消費税を払わなければいけないの??
なんて事も考えられますよね

この場合は、今の時点では
レジで商品を買うときに「店内か持ち帰り」を選んだ時点で税率が決まるので
その後気が変わったとしても金額に変更は無いそうです。
海外ではそのように運用されているようですよね。

でも持ち帰るって嘘ついて、店内で食べる人も増えそうですよね。
これも最初のうちはややこしくなりそうです。


また食品については軽減税率の対象になりますが
お酒については対象になりません。

お酒というのは、アルコール度数が1%を超えるとお酒になるようで

調味料の「みりん」はアルコール度数が1%を超えるので
軽減税率の対象にはならないようですね。

我が家で使っているのは「みりん 風 調味料」なので、アルコール度数1%無いので
これは軽減税率の対象になります。

いろいろと来年に向けて変わっていきそうですね

まだ1年近くありますが、急に変更は難しいので
対象になる商品を販売されているお客さんには、会計事務所の人としては
周知していって少しでも安心してもらいたいですよね

そして軽減税率もそうですが、商売をされている方にとっては「インボイス」の導入
というものがあります

あまり軽減税率と比べて聞く機会が少ないのですが
インボイスは食品を扱っている会社以外にも関係してきます

商売をされている方にとっては、軽減税率と同じくらい大事な事になります。

こちらについては次回書かせていただきます

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.21 22:51 | 職員ダカウー | トラックバック(0) | コメント(0) |

事業税

こんばんは。ジャスティスです。



半分、息子の遊び道具と化していた我が家のiPadですが、ついに画面に大きなヒビが入ってしまいました。



息子のイヤイヤ期のせいで、幾度となく床に投げつけられてきたiPadですが、逆に言うとよくここまで耐えてきたなとも思います・・・



ヒビが入っただけで、動作はするので、しばらくはこのまま使っていきたいとは思いますが・・・




さて、本日は、事業税をテーマにお話したいと思います。



事業税には、法人に課税される法人事業税と個人に課税される個人事業税があります。その中でも個人事業税に絞ってお話したいと思います。



事業者が商売を行うに際して、道路や港湾などの公共事業を利用するなど、様々な公共サービスを受けています。



そこで、その経費の一部を個人事業税として負担してもらうことになっています。



事業を行っている個人の所得金額に課税される仕組みになっています。



税額の計算方法は、事業収入から事業の必要経費を差引し、さらに事業主控除(290万)を差引いた金額に原則5%の税率を掛けた金額が納税額になります。



               
特例として、医業、歯科医師業等を営む方の社会診療報酬に係る所得については、個人事業税では非課税とされています。




また、申告期限は、所得税と同じ3月15日になっています。



なお、所得税の確定申告書又は住民税の申告書を提出した人は、個人事業税の申告をしたことになり、改めて申告する必要はありません。



納付の仕方は8月と11月の2回に分けて納付をします。



納付した税額は支払った年の経費に計上することができます。また、年の途中で廃業した場合には、未払計上することも可能になりますが、上記で説明した事業主控除の290万が事業を行った月数により変わってきます。



事業税の未払計上をすることによって、所得税、住民税や国民健康保険の金額も変わってきますので漏れなく計上しましょう。



それでは本日のブログでした。


ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.20 19:48 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

目指せGoogle!

株式投資を始めました(少額ですが)

数時間で何千円も動くのでドキドキです笑
いずれこの経験、結果をここで発表できればと思っております!


こんにちは、ユースケです。

先日、事務所のレイアウト変更を行いました!
いい感じになってます。

変更後はこうなっております。
写真 2018-08-17 21 26 26







写真 2018-08-17 21 27 05







机が横長になり、席と席の間の仕切りも無くなりました。
なぜこうしたかったかというと、

フリーアドレスにしたかったのです!

※「フリーアドレス」とは、職場で社員一人ひとりに固定した席を割り当てず、在社している社員が仕事の状況に応じて空いている席やオープンスペースを自由に使うオフィス形態、あるいはそうした制度を活用して柔軟かつ効率的に業務を進めるワークスタイルをいいます。「フリーアドレス」は和製英語で、米国では同様のコンセプトをノンテリトリアルオフィス、シェアードオフィス、ホテリングオフィスなどと呼びます。
コトバンクより

→つまり、席自由ってことです。

フリーアドレスだと、色んな人とコミュニケーション取れますし、ちょっとした打合せもすぐに集まれますし、何より今っぽくてカッコいいので!笑

まだこのレイアウトになって2日目ですが、いい効果が出るような気がします!!
気のせいかもしれませんが、そんな気がします!

個人的に、目指すべきオフィスはGoogleさんだと思っているので、打倒Google!で頑張っていきたいと思います笑


最後に現実的なお話をすると、今回のようなレイアウトの方がたくさん人が入るのです。
現在シマ会計はスタッフ増員中なので、レイアウト変更が必要だったということもあります。
決して、カッコいいからという理由だけではございません笑

と、いうことで、現在スタッフ募集中でございますので、シマ会計が気になる方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.17 18:31 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(1) |

相続時精算課税制度についてお話しします!

おはようございます。シマ会計初のエネルギッシュ営業マンこと、バンです!!

昨日までの5日間、シマ会計ではお盆休みをいただきました。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?僕はお墓参りのため家族で旭川に行きました。その帰りに富良野や美瑛に行って、美味しい物をたらふく食べて参りました(^ ^)
リフレッシュしたところで、今週も頑張ります!

それでは、休み明け一発目は、前回お話しした「贈与税」に関わる「相続時精算課税制度」についてお話ししたいと思います。

「相続時精算課税制度」とは、生前に贈与をした時、2,500万円の贈与までは贈与税がかからず、その代わり、相続のときには「生前に贈与された財産」と、「相続された財産」を足した額には、相続税がかかる、という制度のことです。この時、相続税が課税されない場合には、相続税もかかります。

この制度の適用の対象になる人ですが、まず、贈与する人は、贈与をする年の1月1日に60歳以上である親または祖父母です。次に、贈与を受ける人は、以下の人です。
①次のいずれかに当てはまる人。
●贈与を受けた時に、日本国内に住所がある事。
●贈与を受けた時に、日本国内に住所がないが、日本国籍を持っていて、贈与する人又は贈与を受ける人が、その贈与前5年以内に日本国内に住所があったことがある事。
●贈与を受けた時に、日本国内に住所も日本国籍もないが、贈与する人が日本国内に住所
がある事。
②贈与する人の、直系卑属である推定相続人。
③贈与する人の孫。
④贈与を受けた年の1月1日現在に、20歳以上である人。

この制度の適用を受けるのに必要な書類は、次の4つが必要です。
①贈与税の申告書(別表1・2を作成) ②相続時精算課税選択届出書
③住民票のコピー ④登記事項証明書

この適用を受けるのに必要な手続きは、①~④の書類を、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までの間に、税金を納める所の所轄税務署に、贈与税の申告書に添えて提出します。期限内に提出されなかった場合、その年はこの制度が適用されません。
また、贈与財産の価額が、特別控除の範囲内におさまっていて納付すべき贈与税がなくても、申告書等の提出が必要です。

この制度には、次の注意点があります。
①一度この制度を選ぶと、撤回できません。
②相続の時まで継続して、この制度が受贈者に適用されます。
③この制度を選んだ贈与者以外から贈与を受けた時は、「贈与を受けた財産」から「基礎控除(110万円)を控除した金額」に、税率を掛けて納付税額を計算する、「暦年課税」が適用されます。

それでは、具体例を1つ挙げて説明したいと思います。
両親から、それぞれ3年にわたって贈与を、次のように受け取ったとします。
●父親から、1年目に1,000万円、2年目に1,000万円、3年目に1,500万円、の贈与を受けて、相続時精算課税制度を選んだとします。
●母親から、1年目に500万円、2年目に100万円、3年目に1,200万円、の贈与を受けて、相続時精算課税制度は選ばなかったとします。
この時、父からの贈与は相続時精算課税制度、母からの贈与は暦年課税制度の適用を受けることになります。

まず、1年目の控除金額は次の通りとなります。
●父
特別控除額の限度額である2,500万円から、贈与を受けた1,000万円全額を引きます。そのため、税金がかかる贈与金額は、ゼロです。
また、翌年以降に繰越される特別控除額は、2,500万円-1,000万円=1,500万円です。
●母
500万円-110万円(暦年課税の基礎控除)=390万円です。この金額に税率の15%を掛けて、控除額10万円を引くと、48.5万円となります。
よって、1年目の納付税額は48.5万円となります。
次に、2年目の控除金額は次の通りとなります。
●父
1年目から繰り越された特別控除額である1,500万円から、贈与を受けた1,000万円全額を引きます。そのため、税金がかかる贈与金額は、ゼロです。
また、翌年以降に繰越される特別控除額は、1,500万円-1,000万円=500万円です。
●母
100万円-暦年課税の基礎控除である100万円(暦年課税の基礎控除の限度額は、110万円です)のため、税金がかかる贈与金額は、ゼロです。
よって、2年目の納付税額は、ゼロです。
その次に、3年目の控除金額は次の通りとなります。
●父
2年目から繰り越された特別控除額である500万円を、贈与を受けた1,500万円から引くと、1,000万円になります。この金額が、税金がかかる贈与金額です。この時、税率は一律で20%がかかりますので、課税価格は、1,000万円に税率の20%をかけた金額となりますので、かかる税金の金額は200万円 です。
●母
1,200万円から、暦年課税の基礎控除である110万円を引くと、1,090万円となります。課税価格が1,500万円以下の時は、税率が40%で、控除額は190万円ですので、計算すると、1,090万円 ✖ 40% − 190万円 = 246万円 です。
よって、3年目の納付税額は、446万円(200万円+246万円)です。

父親から贈与を受けた金額の合計である3,500万円は、父親が亡くなった時の、相続税の課税価格(相続税額を求める基となる金額)に算入します。また、父親からの贈与で支払った贈与税額である200万円は、相続税を計算する時、贈与税額控除の対象になります。

また、既に贈与税として払った税金の金額が、実際に払わなければならない相続税の金額よりも多い時は、納めすぎた贈与税は、還付されます。なお、還付を受けるには申告が必要なので、注意が必要です。
例えば、3,000万円の財産を、子どもに移転した場合、贈与した時の税金は、
(3,000万円-2,500万円)×20%=100万円 です。
100万円の贈与税はかかりますが、相続税が課税されるほどの財産がなければ、相続をする時に、この100万円は還付されます。

以上が、「贈与税」に関わる「相続時精算課税制度」についての説明です。
ここまで、バンがお送りしました!
それでは、今週も張り切って行きましょう(^o^)

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.16 10:13 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

スマホで確定申告

―――――――――――――――――――――――
【夏季休業のお知らせ】
まことに勝手ではございますが、8月11日(土)~8月15日(水)まで
夏季休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――
小学校の時の友達と、5年ぶりに会う約束をしました。
とても久しぶりなので、今からとても楽しみです。

こんばんは、スギちゃんです。

本日は、所得税の確定申告についてご案内しようと思います。


早速ですが、H31年1月からスマホやタブレットで所得税の確定申告ができるようになるのはご存知でしょうか?
国税庁HPより、「確定申告等作成コーナー」のスマホ専用画面より作成することが可能になるそうです。

どこでも作業できるのはとても楽ですよね。

ただ、申告できる人について要件があるそうで、ご注意ください!
----------------------
①給与所得者(サラリーマン限定)であること
②医療費控除 or 寄付金控除をする場合であること
----------------------

ということで、お店などを営んでいる個人事業主は使用することができないのです。
帳簿の作成もありますので、逆にタブレットなどでは難しいかもしれませんね。

また、スマホなどで申告する場合も、e-Taxの登録が必要となります。
※登録せずとも、紙で印刷して税務署にもっていく方法でも大丈夫です。


e-Taxを使用する場合、税務署へ事前に届出書「電子申告・納税等開始(変更等)の届出」という書類を提出する必要があります。
この提出により、①利用者識別番号、②パスワード(は自分で設定します)が通知されますので、その番号を使用して申告する事になります。

届出書を提出せずに、マイナンバーカードを利用する「マイナンバー方式」や、「ID・パスワード方式」といった方法もあるみたいなので、後日ご紹介しますね。


だんだんとe-Taxの利用を簡素化するのに、いろいろなサービスが出てきていますので、また新しいものがありましたらご案内します!

それではお疲れ様でした。
よい休日を!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.10 19:46 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

ふるさと納税してますか?

こんばんは!ダカウーです
6月22日ぶりのブログ当番になりました
お久しぶりです。
辞めてはおりませんよ!

もう来週はお盆の時期ですね
私もお休みは自分と奥様の実家に行ってきます。

毎年そうですが高速道路も混雑しそうですね。。

高速道路もそうですが
お盆はご先祖様が帰ってくる時期と言われております

きっとお盆の時期は先祖の方々が一斉に帰ってくるので混んだりしているんですかね?

きゅうりとか茄子の精霊馬が込み合ったりして大変な思いをして
我々のところに来ているかもしれないですね
それはどうなのか分かりませんが、年に数回親戚の方々と会ったりする時間は
大切な時間ですよね


さて
皆様、ふるさと納税はしていますか?

総務省から7月27日に発表された「ふるさと納税に関する現況調査結果」というものによると
ふるさと納税の金額が前年よりも約1.3倍ほど増えているそうです

ふるさと納税は自治体に対する寄付で
自己負担の2,000円を除いた金額は、住民税が安くなることになります。


という事は

他の自治体に寄付する人が多い自治体は
税金の収入が減ってしまうという事にもなってしまうんですよね。

多くの自治体では、ふるさと納税によって減ってしまった税金の収入は
「地方交付税交付金」というもので補填されることになります。

ふるさと納税で減ってしまった収入の4分の3が、この交付金の増額という事で補填されるので

400万円の税金が減ってしまったとしても
300万円が補填されるので、実際の影響は 100万円となるようです。

ただし、独自の税収で財政の運営をしている
東京都の23区や神奈川県の川崎市は、この交付金を受けておらず
減ってしまった収入がそのまま影響してしまっているようです。

100万円とか200万円であれば自治体にとって影響は少ないのですが
東京都の世田谷区では、ふるさと納税によって約40億円の収入が減ってしまったそうです
これはかなり大きな金額ですね。

40億円は学校1校分の建て替えに必要な金額になるそうで
毎年1~2校の学校を建て替えていた世田谷区にとっては、大きな打撃になっているようです


収入が減っている自治体があるという事は
その一方で収入が増えている自治体もあります

大阪市にある泉佐野市では、ふるさと納税の金額が約135億円あったそうです
2番目に多い宮崎県の都農町(つのちょう)の約79億円とも比べても、かなり多い金額ですよね

ただ、多いからと言って良い話ばかりでは無いようです

ふるさと納税の金額が多く集まるという事は、魅力的な返礼品があるという事が理由なようで
泉佐野市では、新潟県産のお米や他の自治体のお酒などが販売されており

返礼品目当てのふるさと納税は良くない!という声も多く寄せられているそうです

最近では換金性の高い商品券や、返礼品の額が高額になりすぎないように
という事で総務省も規制をかけているそうです。

泉佐野市としては、地元の業者をつかっているという言い分もあるようです

この泉佐野市はふるさと納税が始まる前は市の財政が悪化しており、2012年には市の命名権の売却まで
打ち出して話題になっていた自治体です
なのできっとたくさん考えてふるさと納税の金額が増えているという事なんでしょうね


また、きっかけはふるさと納税ではありますが
寄付をすることによって今まで知らなかった自治体に対して、ふるさと納税を通じてかかわりを持つことで
今まで知らなかった自治体を応援しよう!という流れもあるようですね

いろいろと問題はあるようなのですが、ふるさと納税を通じてサラリーマンの方なども
知らない間にいくら給料から控除されている税金に興味を持って

ふるさと納税があって良かったと思われるようになっていくといいですね

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.09 15:25 | 職員ダカウー | トラックバック(0) | コメント(0) |

配偶者控除

こんにちは、ぐっさんです。

あっという間に8月に入り、もう今週末はお盆ですね。
今年はかなり暑い日が続いているので、だんだん涼しくなってくれるといいのですが。。

そして先月に、結婚式をしました。
準備期間があまりなかったので色々詰め込んでバタバタでしたが、
なんとか無事に終わることができました。
結婚式やってみて、良かったです。
結びの挨拶をして下さった所長、参加してくださった社員の皆さま、
お祝いの言葉や電報をくださった社員さん、パートさんの皆さま、本当にありがとうございました!

今日は配偶者控除についてお話ししたいと思います。
平成30年分から、控除を受ける納税者本人の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除は受けられなくなりました。

控除対象配偶者となる人の要件は、国税庁のHPによると、
・民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しない)
・納税者と生計を一にしていること
・年間の合計所得金額が38万円以下であること(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
・青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと
 又は白色申告者の事業専従者でないこと
となっています。

今までは、配偶者の年収が103万円以下の場合は、納税者本人の給与額に関係なく、
38万円の控除が受けられましたが、H30年1月からは所得制限が設けられ、
控除額が段階的に減額されることになりました。

所得金額900万円以下      → 配偶者控除38万円
所得金額900万円超950万円以下  → 配偶者控除26万円
所得金額950万円超1,000万円以下 → 配偶者控除13万円

所得金額が900万円以下の人は、今までと変わらない配偶者控除を受けられますが、
900万円超の人は控除額が減ることになるようです。

※老人控除対象配偶者の場合には控除額が異なります。
又、配偶者特別控除にも変更になった点がありますが、
そちらはまた別の機会がありましたらお話しします。

それでは今回はこの辺で、失礼します。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.08 14:03 | 職員ぐっさん | トラックバック(0) | コメント(0) |

仮想通貨

こんばんは。ジャスティスです。



本日、会社の健康診断でバリウム検査を受けてきました。



バリウムを飲むのは今回で2度目なのですが、とても飲み物とは思えない粘度の白い液体。しかも結構な量を一度に飲みます。



ちなみですが、バリウム検査とは、正式には、上部消化管造影検査というそうで、食道・胃・十二指腸の病変をチェックするための検査です。



通常のレントゲン写真と異なり、X線を連続して照射しながら行います。



バリウムは、X線を透過しないので、バリウムが口から食道、胃、十二指腸へと流れていく様子を動画で見ることができるそうです。



また、胃の粘膜についても、体を回転させてバリウムを粘膜に付着させることで、胃潰瘍やがんによる粘膜の凹凸の有無や、胃炎の有無なども見ることができます。



検査結果は3週間後になります。何も異常がないことを祈っています。笑



さて、税務関係の話になりますが、今年1月26日に580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」を流出させた仮想通貨取引所、コインチェックが引き起こしたあの騒動で被害にあった顧客に対して補償を行うことが決まっていましたが、補償金を受け取った場合の課税関係について改めて確認してみたいと思います。



国税庁のタックスアンサーで正式に公表されている内容を参考に記載します。。


 仮想通貨を預けていた仮想通貨交換業者が不正送信被害に遭い、預かった仮想通貨を返還することができなくなったとして、日本円による補償金の支払を受けました。
 この補償金の額は、預けていた仮想通貨の保有数量に対して、返還できなくなった時点での価額等を基に算出した1単位当たりの仮想通貨の価額を乗じた金額となっています。
 この補償金は、損害賠償金として非課税所得に該当しますか。


 一般的に、損害賠償金として支払われる金銭であっても、本来所得となるべきもの又は得べかりし利益を喪失した場合にこれが賠償されるときは、非課税にならないものとされています。
 ご質問の課税関係については、顧客と仮想通貨交換業者の契約内容やその補償金の性質などを総合勘案して判断することになりますが、一般的に、顧客から預かった仮想通貨を返還できない場合に支払われる補償金は、返還できなくなった仮想通貨に代えて支払われる金銭であり、その補償金と同額で仮想通貨を売却したことにより金銭を得たのと同一の結果となることから、本来所得となるべきもの又は得られたであろう利益を喪失した部分が含まれているものと考えられます。
 したがって、ご質問の補償金は、非課税となる損害賠償金には該当せず、雑所得として課税の対象となります。
 なお、補償金の計算の基礎となった1単位当たりの仮想通貨の価額がもともとの取得単価よりも低額である場合には、雑所得の金額の計算上、損失が生じることになりますので、その場合には、その損失を他の雑所得の金額と通算することができます。



つまり、補償金がNEMの取得価額を上回った分は課税対象になり、原則として雑所得になります。また、これらの所得は、30年分の確定申告が必要になります(申告期限は平成31年3月15日)。補償金がNEM取得価額を下回る場合は、その分が雑所得の計算上、損失が生じていることになり、損失分を他の雑所得と通算できるかたちとなります。ただし、給与所得などの他の所得と通算はできないことになっています。



該当の方は、専門家に相談されることをおすすめ致します。



それではお疲れ様でした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.07 20:26 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

配偶者居住権


こんにちは。猫大好きクミちゃんです。 
  

私の実家で飼っている猫は「もも」という名前で、気まぐれなところが多々ありますが、甘えん坊で可愛すぎます。最近、「もも」と田舎の大自然の中で遊べないのが寂しいのですが、「岩合光昭の世界ネコ歩き」というテレビ番組を見て癒してもらってます!

  
さて、今回の話題は改正民法の「相続」です。
  

遺産相続の仕組みが1980年以来、およそ40年ぶりに変わります。相続分野の規定を見直す改正民法が先月6日に成立し、2年以内に施行されるものです。
  

今回の改正の大きな柱は、残された配偶者が遺産である家に住み続ける権利、いわゆる「配偶者居住権」の新設です。


配偶者の一方が死亡した場合、残された配偶者は、それまで居住してきた建物に引き続き居住することを希望すると思います。


特に残された配偶者が高齢の場合、住み慣れた居住建物を離れることは精神的にも肉体的にも大きな負担となりますからね。


そこで、残された配偶者の生活に配慮し、配偶者に居住権を獲得させて、所有権が第三者に移転しても、これまで通り、家に住み続けることができるように法整備されるものです。


では、遺産分割で配偶者居住権はどのように評価されるのでしょうか?


配偶者居住権は居住建物に長期間にわたって無償で居住できる権利であり、当然、財産的価値があります。  


評価方法としては、賃料相当額をベースとしたもの、簡易に固定資産税評価額を基にしたものなどが参考として示されていますが、財産評価基本通達の改正を含め、今後の実務動向に注目したいと思います。

 
いずれにしても、建物を居住権と所有権に分けて、それぞれを配偶者と子で相続すれば、配偶者の相続する預貯金が増える想定となるため、配偶者は生活資金を確保しやすくなります(配偶者が残りの人生で困窮しないようにする狙い)。


なお、配偶者居住権の譲渡や売却はできません。また、居住建物の現状維持に必要な修繕費や固定資産税は居住する配偶者が負担することになります。 
  

また相続税の申告が複雑になりますね~!


それでは、お疲れ様でした。 

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.06 21:58 | 職員クミちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

プレゼントにも、税金が!?

おはようございます。シマ会計初のエネルギッシュ営業マンこと、バンです!!

時間が経つのは早いもので、僕が入社してから1ヶ月経ちました( ̄^ ̄)ゞ

たくさんの方からお祝いの言葉をいただきましたが、転職祝いのプレゼントもまだまだ受け付けていますので、

皆さんお待ちしております(^-^)/

さて、ここからは真面目なお話をしたいと思います。

プレゼントと言えば、人にものをあげた時には、「贈与税」という税金がかかることがあります。

今回はその「贈与税」についてお話ししたいと思います。

そもそも「贈与」というのは、相続以外で自分の財産の一部をタダで相手に譲ることです。

そして、「贈与税」というのは、もらった金額によって、もらった人が自分で申告して納税しなければならない税金の事です。

この税金は、毎年1月1日から12月31日までの、1年間の総額が対象です。

贈与税には、「暦年課税」という方法と、「相続時精算課税」という2つの方法があります。

今月にまた僕の登場回がございますので、今回は「暦年課税」についてお話しして、「相続時精算課税」については、

次回にお話ししたいと思います。

「暦年課税」というのは、原則として110万円以内は、基礎控除によって税金がかからないという課税制度のことです。

これは、あげた人が何人いても、また受け取った人が何回もらっても、総額が110万円を超えると課税されるので、

注意が必要です。

具体的な計算方法は、以下のようになります。

●贈与税額=(課税価格—110万円(基礎控除))×税率

例えば、AさんがBさんから、1年間で500万円を贈与されたとします。

するとまず、500万円から基礎控除の110万円を引くので、課税の対象になる金額は、390万円になります。

次に、この場合、課税対象になる金額が「400万円以下」になるので、20%の税率がかかるので、

控除前の贈与税は、78万円になります。

最後に、「400万円以下」の場合は25万円の税額控除があるので、控除前の贈与税の78万円から25万円を引いた、

53万円が実際に納める「贈与税」の金額になります。

ここまでが、原則によるお話です。

ただし、あげる人が親や祖父母などの直系尊属で、もらう人がその年の1月1日に20歳以上である子や孫の時は、

贈与が、「特例贈与」の扱いになって、一般贈与より税率が低くなります。

例えば、Aさんが22歳の孫で、Bさんが祖父だったとします。

この時、基礎控除は一般贈与と同じ様に引かれるため、課税対象となる金額は、390万円になります。

ここで、 特例贈与では「400万円以下」の税率は15%(一般の場合は20%でしたね!)で、控除前の贈与税は、

58万5000円となります。

さらに、「400万円以下」では10万円(一般の場合は、25万円でしたね!)が税額控除されるので、

差し引いた48万5000円が「贈与税」の金額になります。

以上が、贈与税と、そのなかの「暦年課税」という方法の説明です。

札幌市内をはじめ、道内はまだまだ暑い日が続くようですので、みなさん、熱中症などには十分に気を付けてくださいね(^∇^)ノ

それでは、バンでした~(^-^)/

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.03 09:09 | 職員バン | トラックバック(0) | コメント(0) |

たばこ税 増税

こんばんはハカマです!
昨日から8月に入りました。
最近暑い日が続いていますが、
事務所内は空調のおかげで快適です。
仕事もはかどります。
外との温度差で体調を崩さないように
気をつけたいと思います!

今回は増税されるたばこ税について書いていきます。


たばこ税はたびたび増税されてきましたが、
2018年10月から段階的に増税されます。
増税の内容は以下の通りとなります。

【紙巻きたばこ 増税予定】
2018年10月 1本当たり1円
2020年10月 1本当たり1円
2021年10月 1本当たり1円

加熱式たばこはメーカーごとに
1本当たりの税額が違います。
各メーカーとも1本当たりの税額が
紙巻きたばこより低くなっていますが、
課税の方法を見直しし
紙巻きたばこに税額を近づける予定です。

紙巻きたばこは4年で1本当たり3円増税され、
1箱500円以上となることが予想されています。
喫煙者には厳しい増税ですが、
3円の増税で2400億円程度の増収が
見込まれています。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.02 18:50 | 職員ハカマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日から8月です!

こんにちは、税理士のシマです。

今日から8月ですね。

7月は忙しくないはずだったのですが、イベント続きで結局バタバタでした。

どんなイベントがあったかと言うと・・・

7月4日      経営計画発表会
   7日      シマ会計創立記念 大人の修学旅行(神社仏閣参り、滝もあるよ)
  14日~16日 コーチング基礎コース研修(シマは受けていないですが・・・)
  20日~21日 北海道ミロク会計人会 帯広大会(21日はカーリング初体験)
  21日夜     従甥の結婚式
  22日       弊社副所長ユースケの結婚式・披露宴(祝辞はシマ(笑))
  25日       シマ会エコプロジェクト ゴミ拾い
  26日      ミロク会計人会連合会 システム開発委員会札幌開催
  27日       システム開発委員会参加メンバーによる小旅行
  28日       弊社ぐっさんの結婚披露宴(結びはシマ(笑))

これだけ、仕事以外のことがあると、スケジュールを組むのがきつかった。。


なんとか乗り越えましたが、今月はお盆があり営業日数が少ないため、同じようなことになりそうです。

しかも個人面談を行おうと思っており、通常業務と含めて月予定を組んでみると、これは無理という結果に・・・

優先順位を決めて、何かを後回しにしないとダメですね。。

またやり直しです。

頑張ります!

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.08.01 11:50 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |