FC2ブログ

震災

こんばんは。またまたジャスティスです。


朝礼の当番と ブログ当番はクジで決めているんですが、幸運にもまた当たってしまいました。笑


余震が続き、まだまだ気を抜けない状態が続きますが、皆さまはご無事でしたでしょうか。


一部の地域の方々は今もなお大変な思いをされているかと思いますが同じ北海道民として一日も早い復旧を心から願っております。


さて、地震などで家屋などの私財が被災した場合には、雑損控除という税制面での優遇措置が適用される場合があります。


この制度は、確定申告によって所得税の減免が受けられるようになっています。


制度の具体的な内容は以下のようになっています。


損害の原因

損害の原因は以下のいずれかの場合に限定されます。
・自然現象の異変による災害(震災、台風や洪水、落雷など)
・人為による異常な災害(火災や火薬類の爆発など)
・生物による異常な災害(害虫、害獣など)
・盗難(空き巣やひったくり)
・横領




控除額の金額


控除される金額は、次のうち多い金額です。
①(差引損失額)-(総所得金額等)×10%
②(差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

「災害関連支出の金額」とは、災害により滅失した住宅、家財などを取壊し又は除去するために支出した金額などです。


差引損失額の計算

差引損失額 = 損害金額 + 災害等に関連したやむを得ない支出の金額 - 保険金などにより補てんされる金額


※「損害金額」とは、損害を受けた時の直前におけるその資産の時価を基にして計算した損害の額です。
※「災害等に関連したやむを得ない支出の金額」とは、「災害関連支出の金額」に加え、盗難や横領により損害を受けた資産の原状回復のために支出した金額をいいます。
※「保険金などにより補てんされる金額」とは、災害などに関して受け取った保険金や損害賠償金などの金額です。



雑損控除の計算例

総所得金額550万円の人が火災に遭い、火事で損失額100万円、災害関連支出額が50万円、保険の補填30万円を受けた場合、上記の①に当てはめると、(100+50-30)-550×10%=65万円、②に当てはめると、50-5万円=45万円となりますから、多い①を適用し、雑損控除額65万円となります。



雑損控除を受けるための手続きと必要書類

雑損控除を受ける場合は、確定申告書の「雑損控除」に関する事項欄に記載するとともに、火災は消防署、盗難は警察が発行する被害額届出用の証明書、災害等に関連して支出した金額についての領収書を添付します。給与所得のある人は、給与所得の源泉徴収票を申告書に添付します。



これはどうなのかな?と思ったら、証明書や領収書は全部保管し、詳しくは顧問税理士に確認するようにするのが良いと思います。



以上、本日のブログでした。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト

2018.10.11 20:26 | 職員ジャスティス | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |