FC2ブログ

春よ来い

雪もだいぶ溶けて暖かくなってきた今日この頃。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、
体調管理をしっかり行っているつもりのカッツです。


本日は、退職金控除についてご紹介します。
まず、退職所得とは、退職により勤務先から受ける退職手当等の所得のことを言います。

退職所得控除額は、勤続年数(=a)により次のように計算されます。

①勤続年数が20年以下→40万円×a(80万円に満たない場合は、80万円)

②勤続年数が20年超→800万円×70万円×(a-20年)

退職所得は原則他の所得と分離して所得税額を計算します。

退職金等の支払いの際に、退職所得の受給に関する申告書を提出している人は、
退職金等の支払者が所得税額及び復興特別所得税額を計算し、退職手当等の支払いの際、
退職所得の金額に応じた所得税等の額が源泉徴収されるため、原則確定申告は必要ありません。

一方、退職所得の受給に関する申告書の提出がなかった人は、退職金等の支払金額の
20.42%の所得税額及び復興特別所得税額が源泉徴収されますが、受給者本人が確定申告を
行うことにより所得税額及び復興特別所得税額の精算をします。


税金を気にするほど退職金がもらえると嬉しいですね…笑

皆さん季節の変わり目体調にはお気をつけ下さい。

ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

スポンサーサイト



2019.03.26 20:00 | 職員カッツ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |