FC2ブログ

保険。

こんにちは。
シマヨメです。

保険、かけていますか?

あー、いや、保険を売ろうとしているわけではございません。
別に、「ねぇねぇ、いくらのどんな保険入ってるの?」と聞くつもりもございません。

それから、税理士事務所らしく、保険の節税効果について語ったりもしないし、
保険についての為になる情報も書いていません。
相変わらず読んでためになるブログでもございません。

あぁ、今日もダメじゃん。私。


先日、保険について考える機会がありました。

よく「人生設計」とか「何歳までに○○」という言葉を聞きますが、
自分がかかわる保険について考えると、
とてもリアルに今後の人生を想像してしまいます。

うちは、シマと私の夫婦。

たとえば、もし今シマが病気やケガで長期入院したら、
シマ家は個人で自営をやっているため、
仕事を長く休んでも、社会保険関係の給付金などを受ける事ができません。

そうなったら、通常の入院に備えた保険の他に、
生活費を貯金しておくか、民間の保険でなんとかするしかないわけで。

さらに最悪シマが死んでしまった場合。
取り残された私はどうするのか。
自分でしっかり稼いで生活するのが一番だけど、
ある程度の保障があると安心。
シマは何かしら考えてくれているようです。
頼りないヨメで、すまんね。

いつ亡くなったら、いくら必要なのか。
それは一括で受け取るのか、毎月受け取るのか。


私が病気やケガをした場合に、いったいどの位の保険があれば、
家計が破綻しないのか。
私が死んでしまったときにはお葬式代くらいでOKだけど、
それは、掛け捨てで安く済ませるのか、
保険料が高くなっても貯蓄目的を兼ねたものにするか。

何歳でこうなったらという最悪のシナリオを考え続けながら、
必要な保障を出していきます。

一通り出そろったら月々の保険料がいくらになるのか、
それは、きちんと無理なく払えるのかを検討。

なかなか濃い時間です。
頭がグルグルします。

世の中に「何歳までにこうなりたい!」という夢や希望にあふれた人生設計は
たくさんあります。
それは、心身健康であってこその人生設計。

保険について考えるときには、どうしても病や死について考えた、
リアルな人生設計になります。
自分の人生だけではなく、自分がいなくなった後のことも
めいいっぱい想像する不思議な時間です。

うちは夫婦だけですが、子供がいたらもっと考える事が多くて、
リアルに想像しすぎて、泣いてしまうかもしれない。

自分は独りだし、別に保険なんか要らないよという方も、
万が一の病気などを考えると、戦えるだけの資金が必要になるでしょう。


20才位の頃、何も考えずに知人のすすめで初めて保険に入ったときには、
説明を聞いても、ここまで考えなかったなぁ。

っていうか、自分も周りの人達も、いつまでも元気でいると思っていた。
保険が必要になるケースなんて、全くリアルに想像できなかった。
若くて、おめでたくて、幸せだった。

初めてきちんと考えたのは、20代の半ばで結婚した頃。
その時に出会えた説明上手な保険屋さんのおかげ。

そして今30代半ば。
自分はボケーッと生活していても、色々と考えさせられる事が増えてきた。




年、とったなぁ。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2011.08.24 20:47 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/1015-d995af85

| ホーム |