FC2ブログ

豊国神社

税理士のシマです。

先週、京都へ行ってきました。

前半は仕事で、後半は観光・・・
修学旅行以来の京都です。

修学旅行の時は、正直なところ寺だの神社などの観光地はどうでも良かった気がします・・・
それよりも、その時お付き合いしたばっかりの彼女がいたんで、その娘と行動できるのが、ただただ楽しかったような気がします。

今思うともったいないですよね・・・歴史のある街で、自然もいっぱいな京都に来て、何も感じなかった・・・
若さで得することもあれば、損することもあるんですね(^^;)


ただ、京都に旅立つ前は「糺の森」や「嵐山の竹林」などの自然を歩けば満足と思ってました。
ヨメに「どこか行きたいところはないの?」と聞かれても、「俺は自然の中を歩ければOK!」としか言っていませんでした。

ただ、歴史っていうのはおもしろいですねぇ。
自分の知っている点と点の知識が、線状につながってくると楽しくなってきます。


しかし・・・!


僕の今の知識はNHK大河ドラマの「江」で見たことだけなので、豊臣秀吉を中心とした時代のことだけです・・・なので、線状にはならないっす(笑)

その「江」の後にやっている番組で「豊国神社」の紹介がされていたのを思い出しました。

その番組で、豊臣秀吉と徳川家康が一緒に祀られている唯一の神社という語りを聞き、ちょっと行ってみたい気分になりました。家康は秀吉が嫌いなはず・・・なんで一緒に祀られてるんだろうと興味が湧いてきたんです。

実際、豊国神社に行ってみたところ、秀吉がいるが家康はいない・・・
「どういうことなんだ???テレビで言ってたことは間違っているのか!」
結局、家康の存在を見つけられず、その場を離れました。


その次の日、大阪の親戚の家に泊まり、その翌朝、大阪城の観光に行きました。
そして、その時大阪城にも豊国神社があることを知って、「あぁ~もしかしたら、京都の豊国神社ではなく、大阪の豊国神社に家康がいるんだ。」と、勝手に思いこみ・・・

大阪城を見学した後、豊国神社へ・・・

そして、やっぱりいない・・・「なんでだろう????????」


その「なんで?」はしばらく忘れていて、このブログを書くときにふと思い出し、検索検索♪



で・・・


やっぱり、僕の勘違いでした(笑)しかも大きな大きな勘違い(^^;)



真相は・・・

NHKのホームページの中に以下の文章がありました。
「伏見区にある御香宮神社は、千姫ゆかりの神社。境内に湧き出る「御香水」は、神社の名前の由来ともなりました。神社としては珍しく、家康をまつる「東照宮」と、秀吉をまつる「豊国社」が同じ敷地内にあります」


僕はテレビの語りを聞いていたとき、たぶん、これと同じような語りを豊国神社のことだと思いこみ、「豊国神社は秀吉と家康が祀ってある」と思いこんでしまってたようです・・・


やっとすっきりしました。

ブログを読んでくださっている方には大変失礼いたしました。
途中まで誤情報を流してしまい、申し訳ございませんm(_ _)m




豊国神社の本当の情報は下記の通りです。

(ウィキペディアより)
 豊国神社(とよくにじんじゃ)は、京都市東山区に鎮座する神社。豊臣秀吉を祀る。

 主祭神が大名として統治した地である大阪市の大阪城公園(中央区)や滋賀県長浜市、石川県金沢市のほか、出身地の名古屋市中村区にも豊臣秀吉を祀る同名の神社がある。

 豊臣秀吉の死去の翌年の1599年、遺体が遺命により方広寺の近くの阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、その麓に方広寺の鎮守社として廟所が建立されたのに始まる。後陽成天皇から正一位の神階と豊国大明神の神号が贈られ鎮座祭が盛大に行われた。しかし、1615年に豊臣宗家が滅亡すると、徳川幕府により神号が廃され、社領は没収、社殿は朽ちるままにされ、神体は新日吉神社にひそかに移し祀られた。

 1662年6月京都で地震が起きたとき、豊国神社周辺に被害がなかったため、地震除けの流行神として参詣者が集まった。

 1868年、明治天皇が大阪に行幸したとき、豊臣秀吉を、天下を統一しながら幕府は作らなかった。
 尊皇の功臣であるとして、豊国神社の再興を布告した。1873年、別格官幣社に列格した。1880年、方広寺大仏殿跡地の現在地に社殿が完成し、遷座が行われた。



スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2011.10.28 19:36 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/1060-013f5b05

| ホーム |