FC2ブログ

年金。

どーも、イノッチです(^o^)

久し振りにブログを書きます。
数えてみると4月1日から10日間も書いていませんでした。
4月に入ってから少しボリュームのある仕事があり、しばらくブログを怠けていました。
なので、今日は僕がブログを書きたいと思います。

少し前の話ですが、社会保険についてのニュースが流れていました。
内容としては、年金に関するニュースです。

通常、会社では社会保険(健康保険や介護保険・厚生年金)に加入していると思いますが、
社会保険は給料に保険料率を乗じて計算されており、給料が上がれば保険料も上がります。
サラリーマンの方なども、社会保険料を給料から天引きされていることでしょう。
ですが、その保険料については会社が半額を負担してくれているのです。

今回、ニュースになっていたのは、会社側が一定の方法を行って、
会社が負担する金額を、個人が負担する金額で賄っていたということらしいのです。
テレビでも放送していましたし、実際の手続きを書いて、
それを実行する人がいるとは思いませんが、詳細については書きません。


具体例をあげてみましょう。
例えば、Aさん(35歳)の給料が月30万円だったとします。
とすれば、Aさんが負担するのは健康保険12,300円と厚生年金22,494円です。
合計34,794円、約35,000円です。

この時に会社側で一定の方法を行っていたとします。
Aさんの負担額が健康保険と厚生年金の合計で約11,300円まで下げていたとすると、
会社負担分を合わせても保険料の総額で約22,500円を納めれば良くなります。

何を言っているかというと、会社がAさんから天引きした35,000円で保険料の総額を支払っても、
会社は一円も負担せずに、さらには約12,500円が会社に入ってくるのです。

しかしAさんには、通常通りの給料が支払われているため、
異常が起きていることには気づかないでしょう。


年金の論点から見ると、自分が払っていると思っている金額よりも、
実際には少なく払っている可能性があるということでした。
結論として、将来もらえる年金が減るのです。

ニュースではその方法を社会保険事務所の職員が、会社へ指導したようです。
払えない金額を滞納されるよりも、払える金額を徴収させるために行われているようです。

正直な話、会社でそんなことをされると全て自分でチェックすることになりますが、
保険や年金、税金などは私達の生活に必ず関わってくるものなので興味を持ってみましょう。

税金や保険については、僕もなるべく払いたくありませんが、
払うべき金額についてはきちんと払いましょうね。

スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2008.04.11 22:53 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/146-8d8d28f9

| ホーム |