FC2ブログ

振り回されるなー!!

ブログランキングに参加しています!


よろしければクリックをお願いします!

どーも、イノッチです(^o^)

最近、移動中に読んでいる本について、書かせてもらいます。
「実践するドラッカー ~利益とは何か~」

前にもドラッカー教授に関する本を読んで、
製品のライフサイクルについて書いた事がありますが、今回はもっと本格的に学んでます。

そして、今まで関わってきた会計に対する考え方との違いにほんの少し戸惑いつつ、
改めて、ドラッカー教授に会計を学んでいる状況です。


「マネジメントにおける利益」と「会計における利益」
この「利益」に対する正しい理解なしに、成果のあがるマネジメントはないと・・・

学ぶことが多くて、全然ページが進みません(笑)
それでも、少しずつ学んだ事をシェアさせていただきたいと思います。



今日の税制は、産業社会に時間単位として365日を強制することによって、
不景気の年には設備投資をできないようにしている。
業績が年を越えられないようになっており、決算期ごとに事業は再スタートする
形になっている。                   『企業とは何か』より。。

要は、一年という会計期間に振り回されない!!


会計期間は制度です。
これに対して経営は、何千日、何万日と続く実体そのもの!!

決算に合わせて、3月31日の利益のために、売りやすい製品に力を入れ、
明日の市場のための製品をないがしろにしていないか?
4月1日になると、それまでと180度違った指示を出したり・・・


制度のために行動・意識を変えるのではない!!
社会に貢献する組織を存続させるために行動・意識を変える!!

利益はその結果であり、仕事ぶりの尺度。。。
「事業活動」の有効性と健全性を計る。。。


会計は一定のルールと、経営者の判断で成り立っています。

例えば、売上が確定するタイミングも出荷時・検品時・引渡時・入金時などのうち、
適正だと思われるタイミングを社長さんが選択して、売上を確定させる。
他にも、在庫や減価償却なども、経理の方法によって利益は変わります。

表現が正しいのかはわかりませんが、利益は選択できるっていうこと。。
その選ぶことのできる利益に振り回され過ぎている・・・
ということをドラッカー教授が、指摘しているんだと思います。


利益は目的ではなく、企業存続のための条件である!
短期的な視点だけでも、長期的な視点だけでもダメ。

ただ、短期的な視点にばかりを気にしている会社さんは多いですよね。


もっと何回も読んで、ちゃんと説明できるようにならねば・・・
僕の拙い文章では、伝わりきらないと思うので、
是非、本を買って、読んでみて下さい。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2014.02.25 23:51 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/1685-a4bd86bf

| ホーム |