FC2ブログ

消費税③

どーも、イノッチです(^o^)

まずは、訂正があります。
先日、消費税①として書いたブログの中で、
「~寄付金や補助金・保険金は受け取っても対価がないため該当しません。~」
と書きましたが、「対価性がない」と表現すべきでした。

「対価を得て」とは「物品の販売などをして反対給付を受けること」をいいます。
本当にスイマセンでした。

今日は“非課税”という考え方について調べます。
“非課税”とは「消費に負担を求める税金として性格がなじまないもの」と、
「社会政策的に課税されないもの」の二つに分けられます。

主な取引として前者には「土地の譲渡・貸付け」「利子や保険料を対価とするサービス」「印紙・証紙などの譲渡」などがあります。
後者には「医療や福祉、助産に係る取引」「学校教育に関する取引」「住宅の貸付け」などがあります。

他にも“非課税”となる取引もありますし、更に細かく分かれますが、
考え方としては「消費税がなじまないもの」と「社会的に配慮されたもの」と考えます。

「非課税」の中でも特に「住宅の貸付け」に注意して下さい。

住宅なので金額が大きくなります。
建物の貸付けでも、住宅なのか事業所なのかで取扱いも変わります。
事業所と併設されていたり、附属設備等が一体となっているなど、
区分する上で注意する点もあります。

通常の取引でも建物の貸付け等は頻繁に出てくると思いますので注意しましょう。


  このブログは2008年5月19日現在の状況ですので、注意して下さい。

スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2008.05.19 19:45 | 職員イノッチ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/169-8589cbc4

| ホーム |