FC2ブログ

住民税について。再び・・・

税理士のシマです。

本格的な夏になりましたねぇ~~~。アツい・・・

アツがりには厳しい季節になってきました。

事務所には一応クーラーはついているのですが、「僕の頭に直撃する」ということで使用を控えています。
その代わり、事務所は一応クールビズということでネクタイは外して業務を行っています。
ネクタイを外すだけでも全然違います。

でも、そろそろクーラーは必要ですね。


今日は久しぶりに税金のことを書いてみます。

住民税(道市民税)がもどってくる話しです。

実は以前も同じ内容を書きました。今月中が申告期限となりますので、再度お話しさせていただきます。

過去記事はこちら → http://simatax.blog119.fc2.com/blog-date-20080116.html
(同じ内容を書いてますので、見なくても結構です。)

ただ、適用されるのはレアなケースで、しかも該当する方には郵便でお知らせされます。

ですので、忘れるという可能性は少ないのですが、僕自身、このレアなケースに該当し、札幌市役所からの郵便が来なく、電話連絡すると「漏れてました。」との解答。

もしかしたら、「僕のような郵便が届いていない人もいるかも?」、そして、僕のお客様の中に「郵便の内容を全く確認していない。」という方がいらっしゃいましたので、再度ご紹介します。


まずは住民税が戻ってくる話しの前に、住民税の計算について、以下の2点の約束事があります。
ちょっと、お付き合いください。


①道市民税は、前年の所得に基づいて課税されます。

 先月くらいに道市民税の納付書が届いていると思います(※サラリーマンは会社で控除されます)
 これは、昨年(19年)の所得に基づいて、住民税が計算されているわけです。

 つまり、「20年分の税金は19年の所得で計算」  「19年分の税金は18年分の所得で計算」
 という感じです。


ここまでが1点目の話しです。いかがですか?わかりましたでしょうか?


では、次に2点目です。

②住民税は19年に税率が変わりました。

 詳しいことは書きませんが、18年と19年を比べると倍になっている人もいるんです。
 (※住民税が上がる代わりに、所得税が下がっています。)

 具体的には、所得が200万までの部分について『 5% → 10% 』になっています。

  ※逆に税率が下がっている所得層もあります。説明の都合上、省略していますが・・・


以上の2点を踏まえた上で、住民税の還付(戻り)の話しです。


まず、還付の対象は19年の住民税についてです。

②にあったように、税率アップで税金の負担が増えています。

この税金の計算は18年の所得が基準です。

では、僕のように19年に独立開業して、19年の収入が少ない。

なのに、税金計算の基準が前年なので、税金はくる。しかも税率アップした状態で・・・


 例えば、
   
   17年度 所得200万

   18年度 所得200万    住民税 : 200万(17年)× 5%=10万

   19年度 所得  0万    住民税 : 200万(18年)×10%=20万

   20年度 所得  ?     住民税 :   0万(19年)×10%= 0万

    19年度はキッツイですよね。収入がないのに、税金を払わなければならないんです。


では、今回の話しは、これを救済しようというものです。

『退職や独立などして、19年の所得が『0』に近い人は税率アップさせるのはかわいそうだ。

アップ分を返してあげよう。1年遅ればせながら・・・』


上記の例であれば、

  200万×(10%-5%)=10万 (税率アップ分)  が還付されます。



この住民税の還付の対象となる人は、簡単に書くと以下の通りになります。

 ①19年度に住民税を払った人
 
   かつ

 ②20年度に住民税がない人(19年の所得が0に近いため)


どのような状況の人が、これに該当するかというと、

 僕のように  「18年中はサラリーマンで、19年に独立開業した人」

 または     「18年中はOLで、18年中又は19年初旬に結婚して、主婦となった人」
          
  まず、上記のような状況の人(19年の所得が0に近い人)は、ちょっと気にしてみてください。


該当していそうな人で、市役所から郵便が届いていない人は、問い合わせた方が良いかもしれません。


そして、その郵便が届いている方は、名前・住所等と還付先の口座を書いて、返信するだけです。

簡単な手続きですから、必ず忘れずに申告してください。

申告期限は7月中になります。


説明の都合上、省略している部分があります。詳しく聞きたい方はコメントをいただけると助かります。
※コメントを公開したくなければ、その旨も書いていただけると助かります。


※今回の内容は20年度(今年)についてのみ適用されます。20年度の一回こっきりの適用です。
  他の年度には適用されません。
  例えば、「退職した翌年にガッパリ住民税が来た。」と言っても、21年以降は無関係です。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2008.07.02 15:44 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(1) |

コメント一覧

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.07.09 09:21  | # [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/201-ecfc204d

| ホーム |