FC2ブログ

こうさいひ

インフルエンザの予防接種に行かなきゃ。。

こんにちは。
デーキタです。

前回のわたくしのブログで書きました「予定納税の減額申請書」の
提出期限がすぐそこまで迫っております。

11月15日が日曜日ですので16日が最終期限です。
提出予定の方はお早めに!!





さて、今日は交際費について書いていこうと思います。

法人の交際費は原則的には経費としては認められません。



が、しかし!
現在は2種類の特例が用意されています。



まず、一つ目が
定額控除といわれるもので、年間800万円までは経費として認めますよーというものです。
こちらはご存じの方が多いのではないでしょうか。

800万円を超えた部分は経費として認められないので、
例えば年間の交際費が900万円だった場合は、
800万円をはみ出た100万円部分について税金を計算するときに
なかったものとされてしまうんですねー。

ただし!資本金が1億円以下の中小企業しかこの特例は利用できません。


そして二つ目が、
接待飲食費の50%相当額を経費としてみとめますよーというものです。
例えば、交際費が1,000万円ですべて接待飲食費だとした場合、
1,000万円×50%=500万円を経費としてOKということですね。


こちらは、上記の中小企業はもちろんのこと大企業でも利用可能になります。


中小企業ですとどちらか有利な方を選択することになりますが、
どちらを選択するかのラインはザックリですが1600万円となりますね。
(交際費に含まれている飲食費の額が1600万円を超える場合は
その50%の金額が800万円超になるため)


ただ、1600万円を超える飲食費を支出する中小企業はなかなか考えにくいので、
ほとんどの中小企業は800万円の定額控除を選択することになると思われます。


接待飲食費の50%控除は大企業向けの特例という感じがしますね。

スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2015.11.09 20:14 | 職員デーキタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2099-a8f22555

| ホーム |