FC2ブログ

暑いですね。

シマヨメです。

本格的に夏になりましたね。
暑い日が続いています。

シマ事務所は相変わらずあまりクーラーをつけていません。
窓全開、ドアも全開で仕事をしています。

クーラーをつけてしまってもいいのですが、
私→冷房があまり好きではない。
シマ→冷房をつけると何となく体がダルくなる。
イノッチ→天然節約家。
と、こんなメンバーなので、
なんとなくクーラーをつけずに頑張っています。

ここ最近、窓を開けると虫が入ってくるようになりました。
昨日は事務所で一人、舞い込んできた大きな蜂と戦っていました。
暗くなってからはあまりにも虫が入ってくるので、
さすがに窓を閉めてクーラーをかけないと、
事務所の中が大変なことになるそうです。(イノッチ談)

今日、以前から発注していた網戸がようやく事務所に取り付けられました。
これでようやく快適にすごせそうです。

さすがにこれ以上暑くなると冷房に頼ることになりそうですが、
冷房の効いた部屋に長時間いると、体調を崩しがちになります。
そこで、以前お世話になった上司から聞いた体調管理術。
ちなみに、この方は北海道出身。転勤で数年間大阪の猛暑を経験しています。
上司の話によると、関西の夏は外は猛暑、建物の中は冷蔵庫のように冷えているとか。
そのため、北海道人が関西へ行くと、1年目の夏は必ず体を壊すと言われているそうです。
その上司が独自に編み出した方法をご紹介します。

冷房の効いた部屋にいると、汗をかかない。
しかし夏なのだから、季節的に汗をかくのは当たり前。
体調を壊すのは、汗をかかないからだ!
だったら、冷房で汗をかかなかった分、汗をかけば体調が維持できるのではないか?
        ↓
サウナでもお風呂でもいいから、昼間汗をかかなかった分、とにかく汗を出す!
そうすれば、体を壊すことはない!

よく、冷房による体調不良対策では「冷え」に着目して、
「お風呂で体を温めましょう」とか、
「膝掛けなどで冷えから体を守りましょう」と言われていますが、
上司の説では「冷え」よりも汗に着目していたのが新鮮でした。
その上司はこの方法で関西の夏を乗り切ったそうです。

この方法を聞いて以来、
冷房で体がだるくなったときには、とにかく汗を出すようにしています。
岩盤浴でも、お風呂でも、サウナでも、
ビリーズブートキャンプでも、コアリズムで腰を振りまくっても、
汗さえかけば方法は何でもOK。

そうすると、確かに上司の言うとおり、何となく体が楽になります。
科学的な根拠があるのかどうかはわかりませんが、
ただ漠然と体を温めるよりも、効果がありそうな気がします。
オススメです。

そろそろ冷房に頼りたい時期になりましたが、
しばらくは敢えて冷房に頼らずに
「地球にやさしいシマ事務所」とエコアピールをしつつ、
暑くて耐えられなくなったら下のコンビニでアイスを補給し、
夏を満喫しようと思っています。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2008.07.15 18:07 | シマヨメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/210-de6d073b

| ホーム |