FC2ブログ

シマ会計の方向性

こんばんは、税理士のシマです。

かれこれ1ヶ月ほど風邪をひいています。
咳がとれません。

室内が乾燥していることが原因かと思います。
飴が離せません。。

ただ、完治しない最大の原因はほぼ毎日飲みに出ているからでしょう。。
今日はひさしぶりの休肝日です。


さて、2月1日から事務所の体制を変更しております。
お客様にはこれから体制変更のお知らせをお配りしようと思っております。

具体的にどのように変更していくかというと、税理士である植島と僕は財務コンサルタントとして、お客様の未来の数字を作っていきます。

僕ら財務コンサルタントは何を一番伝えたいか・・・?

利益の必要性です。

恐らく、大半の経営者はまず今までの実績を考慮して、あがるであろう売上を考えます。そして、その売上か原価を引いて、経費を引いて、利益がこれだけ残るだろうという計画の立て方をします。

でも、これじゃダメなんです。

会社やそこで働いている人がどのようになりたいのかの最終形が見えないんです。
成り行きでこうなるだろうって感じです。

ただ、経営というものはなにか?

ゴールを決めて、それに達するにはどうしたらよいか考えることです。

具体的には「会社にとって必要な利益を考えること」です。

必要な利益ってわかりますか?

まず勘違いしている方が多いのは、借入の年間返済額は利益を出さないと会社のお金は減っていきます。
と言うことは、借入の年間返済額分は税引後で稼がなければなりません。

しかも先を見据えて必要な利益を計算します。

先を見据えて、今後必要なお金・・・設備投資であったり、昇級であったり・・・を考えて、今期必要な利益を計算します。


簡単にお話ししましたが、それほど簡単なものではありません。
とことん考えると、切りがなくなります。
たぶん、常に会社の未来像を考えていて、「あ、あれもあった。これもあった。」という感じで際限なく出てくると思います。

考え尽くした方がいいのですが、ある程度考えたらあきらめて、必要な利益を決定します。

その利益から売上を逆算します。
これは必要な利益をあげるための売上です。

多くの方が考える可能な売上ではありません。

今までそんなことを考えなかった方はとんでもない途方に暮れるような売上になるかもしれません。

その途方もない売上を上げるためにどうしたらいいかを頭に汗をかいて考えるわけです。

もしかしたら、一年でどうにかなるものでないかもしれません。

何年もかけて、その売上を達成していくことになるかもしれません。

そうなると、経営計画が必要になってきます。

何年もかけて達成していく会社の未来像を目に見えるものにしていきます。

目に見えるものにしていくと、不思議とその通りになっていきます。


ちょっと長くなりましたね・・・

今日はここまでとしますが、もう一度いうと「利益の必要性」を伝えていくのが、僕ら財務コンサルタントです。

その他の役割を担当していくスタッフについては、またお伝えしていきます。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2016.02.03 20:02 | 税理士シマ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2156-c34815cd

| ホーム |