FC2ブログ

103万円の壁

インフルエンザの予防接種を打ったら、腕がバンバンに腫れました。

こんにちは、ユースケです。

この年末の時期になると、色々な会社さんで、旦那さんの扶養に入っているパートさんが労働時間を調整して、年収を103万円以内に抑えようとします。

なぜかというと、給与年収103万円以内であれば、旦那さんの扶養に入り、旦那さんの税金を計算するときに「配偶者控除」を受けることができるため所得税と住民税が安くなります。
ですので、皆さん給与年収を103万円以下にしようとします。

いわゆる、「103万円の壁」というやつです。

ですが、本当に103万円を超えない方がお得なのでしょうか?

具体的な金額で計算してみましょう。

旦那さんデータ
給与年収600万円
社会保険加入
35歳
生命保険等の控除なし

まずは、奥様の給与年収が103万円の場合(扶養の場合)です。

この時の旦那さんの手取りは以下の通りです。

給与600万円 - 社会保険85万円 - 所得税・住民税45万円 = 年間手取470万円

そして、奥様の手取りは以下の通りです。

給与103万円 - 住民税1万円 = 年間手取102万円
※103万円だと住民税がかかるんです。

で、お二人の合計手取りは572万円です。


では、奥様が103万円を超えて、年間給与120万円になったらどうなるでしょう?

旦那さんの手取りは

給与年収600万円 - 社会保険85万円 - 所得税・住民税50万円 = 年間手取465万円

奥様の手取りは

給与年収120万円 - 所得税・住民税3万円 = 年間手取117万円

そして、お二人の合計手取りは、582万円となります。

なんと、10万円も手取りが増えましたね。

税金は増えますが、実は扶養を超えて働いた方が、手取りは上がります。
「扶養の方が得」という世の中の空気がありますが、実は違います。

ただし、
・旦那さんの年収がすごく高い
・社会保険の扶養も外れてしまう
・奥様の年収が103万円超えるとだと、会社独自の扶養手当などが無くなってしまう
などの状況になると、また計算が変わってきますのでご注意ください。

是非一度「扶養」の考え方を考え直してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2016.11.17 16:14 | 職員ユースケ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2354-60037e63

| ホーム |