FC2ブログ

早くも

1年が終わりますね。

今年はシマ会計の体制が変わって、慣れるのに必死な1年でした。
申告書の作成件数が、毎月大体20から30件、3月決算は70件近くあったので、なかなかですね笑

ミス件数が減るよう頑張ります。



今回は消費税の「任意の中間申告」について書こうと思います。

かなり最近制定された制度です。


何かというと、「消費税の予定納税のない人でも申請をすれば、予定納税(分割納付)できる」というものです。

通常予定納税が発生する人は、国税分の消費税の年税額が48万円を超える人になります。

ただ、予定納税がないからと言って、決算や確定申告の時に一括で支払うのはなかなかキツイですよね。


そういう場合、「任意の中間申告をする旨の届出」を税務署に提出すれば、予定納税(前年の半分)を前もって払うことができます。


仮決算で実状にあった金額を収めることも可能なので、結構いい制度だと思います。



ちなみに、前年消費税がなかった免税事業者から課税事業者に切り替わる人でもこの制度を適用することが可能です。

切り替わった年は予定納税がないので、決算の時に何百万という高い金額を一括で納めるのは大変だと思います。

法人なりした方については、ある程度収入が確定してると思うので、税額は多いはずです。


届出書を出していれば、仮決算で収めることが可能なので、是非ご検討ください!



ちなみに、届出書の提出期限は、「最初に中間申告期限が到来する日まで」。

つまり、事業年度開始の日(個人の方は1月1日)から、6ヵ月を経過する日までです。


期限をすぎたらできませんので、気をつけましょう!



それでは、お疲れ様でした。


※このブログは平成28年12月15日時時点の法律によっています。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2016.12.16 20:00 | 職員スギちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2375-ce162390

| ホーム |