FC2ブログ

いろいろと痛い

こんばんは、スズメです。
先週の土曜日から、生まれてはじめて帯状疱疹にかかってしまいました。
痛み止めの薬も効かなくて、毎日激痛が走り、痛みのため眠れません。
会社には出ているのですが、そんな状態のため仕事が一向に進まず…。

帯状疱疹は免疫力低下やストレスや過労とかが原因の病気らしく、完治するまで結構かかり、慢性的になってしまうと痛みが一生続く人もいるそうです。

なにはともあれ、本当に痛くて痛くて何も出来ないので一刻も早く直したいです。

そんな状態で痛くて痛くて仕方ないのに、足の小指を強打してひどい内出血にはなるわ、帯状疱疹の薬は高くてお財布にも激震が走りました。

帯状疱疹のお薬は1錠だけで500円くらいするものがあり、比較的帯状疱疹の治療するお薬は高めみたいです。

そこで今日は高額な医療費がかかってしまったときの救済である高額療養費と医療費控除について書きたいと思います。

医療費控除は1年間に支払った医療費が一定額を越える場合にはその年の所得金額から控除を受けることが出来ます。

医療費控除は次のように計算します。
一年に支払った医療費の総額-保険等で補填される金額-10万円(総所得が200万以下の場合は、その5%の額になります。)=医療費控除額(最高200万)

医療費控除は年末調整では受けれませんので、確定申告時の控除になります。

高額療養費は、治療費が一定の金額を越えた部分が払い戻される健康保険の制度になります。

こちらは被保険者の所得により、自己負担額が異なります。


例えば標準報酬月額が26万以下の人は自己負担限度額は57,600円なので、70歳未満の方で1ヶ月の治療費が30万の場合には、30万-57,600円=242,400円が支給されます。

健康保険の限度額の認定を受ければ、窓口で支払う医療費を自己限度額までとすることも出来ます。


高額療養費はいろいろと条件がありますので病院の窓口などで、確認をされた方がよろしいかと思います。

今年は医療費がいっぱいかかっているので、私も医療費控除を受けることが出来そうです。

いいのかわるいのかわかりませんが…

それではおつかれさまでした。


スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2017.02.17 23:55 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2415-da1b2ed5

| ホーム |