FC2ブログ

目標は大事・・・!?

本を読むと眠気に襲われるスズメです。

先週有休をいただいて、健康診断等を受けてきました。

久しぶりにゆっくり出来たので、本を読んでいたのですが・・・
気がついたら、寝てました・・・

数時間も使ったのに、全然頭に入らない・・・。

何故頭に入らないかを考えてみたところ、これを読んでどうこうするって目的?
目標?がないからなのではと思いました。

いつも本を読んだりするのは、試験勉強のため等であるから
覚えなきゃ!!と思っているからかもしれません。

自己暗示ではありませんが、目標・目的は大事ですね。


今日は請求書についてです。

請求書の作成は、手書き、エクセル、またはクラウド型の請求書等いろいろありますよね。

弊社では専用ソフトを使ったり、エクセルを使う等をしています。

手書き、エクセル、クラウド等それぞれのメリットやデメリットがあるかと思います。

まず手書きの請求書のメリットはデータが改ざんされる心配もありませんし、データが消える心配がない、
自分が書くことによって、自分の記憶にも一番残りやすい気がします。

ただデメリットは手書きなので一つ一つ書かなければならない、計算ミスや
記入ミスのリスクがあること、量が多いとそれだけに割く時間も膨大になることかと思います。

エクセルの請求書のメリットは、一度計算式を設定してしまえば
数字等を変えるだけで請求書が作れてしまう手軽さかと思います。

住所や名前などもリストを作っておけば、それだけで宛先等も
毎回作る必要もありませんし。

ただエクセルのデメリットは、エクセルのデータがなんらかの理由があって
壊れてしまっても気がつきにくいことや、データそのものが消えてしまう可能性もあります。

最後はクラウド型の請求書です。

これはあらかじめフォーマットも用意されていますので、こちらに金額等必要な情報を入力をすると
請求書が出来て、それをメールで配信等することが出来ます。

そのサービスの内容によっては、紙ベースの請求書を発行し
郵送代行をしてくれるところもあります。

請求書の郵送がなくなると、送料・紙代・印刷代等が節約が出来ます。

何百通も出すような会社であれば、かなりの節約になるかと思います。

クラウドの請求書であれば、それに対応する会計ソフトがあれば
請求書の情報と連動して、請求書データの仕訳入力が省略出来たりもします。

請求書の発行数が多い会社さんで、相手先も請求書が紙ベースの郵送ではなく
メール配信でOKと言ってくれるようなところであれば、クラウド型の請求書を使ったら
業務の効率化、それにかかる費用も節約が出来て、一石二鳥かもしれません。

シマのエクセルの請求書も、そのうちクラウドにしようかな~と思います。

それではお疲れ様でした!!







スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.04.05 21:09 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2696-31456482

| ホーム |