FC2ブログ

個人事業主かそれとも法人成りか?

こんにちは、ノリオです。




今日は、法人成りについて、お話ししたいと思います。




個人事業から会社形態にすることを「法人成り」と言います。


法人成りにはメリットとデメリットがあるので、状況に合わせて判断する必要があります。


メリットについてですが、


一般的に、事業所得が多い場合には、所得税より法人税のほうが有利になる。
→所得税の最高税率は45%の累進課税、法人税は実効税率、約30%の比例税率だから


経営者の報酬を費用として計上できる。
→個人事業主の場合、経営者(個人事業主)の給料は経費として計上できないが、
法人成りすれば、給料として費用計上でできる。


退職金の支給ができる。(費用計上できる)



次にデメリットですが、


交際費の計上に制限がかかる。
→個人事業主の場合には、交際費の計上に制限はないが、法人の場合には、交際費の計上に制限がある。


赤字の場合でも法人住民税の負担がある。
→個人事業主の場合、赤字なら事業所得分の税負担はない。


記帳や事務手続が煩雑になる。お金がかかる。
→設立費用がかかる。


んー、なかなか難しいですねー。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.04.06 19:49 | 職員ノリオ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2699-71c3a379

| ホーム |