FC2ブログ

事業所税

お久しぶりです。

かわちゃんですよ‼︎


最近、髪をバッサリ切りました。さっぱり‼︎

気分も変わるし、イメチェンはいいですね。



さてさて、話は変わりますが、今日は事業所税についてご紹介します。

事業所税とは一定の規模の個人や法人に課される地方税です。
よく耳にする事業税とは、別の税金なのでご注意下さい‼︎

事業所税には2種類あり、一つは事業所の面積を元に計算される資産割、もう一つは従業員の人数で計算する従業員割です。

資産割は床面積が1000㎡以下の場合、従業員割は従業員が100人以下の場合は免税となります。

しかし、この条件を超えると、超えた部分だけではなく、全体に課税がかかります。

このことからも、中小企業ではなかなか課税となる企業は少ないかと思います。ただ、注意したいのは、在庫を保管するための倉庫などを持っている会社です。この場合、大きい倉庫などでしたら、資産割の条件に当てはまる企業はあるかもしれません。


資産割は1㎡あたり年額600円です。
調べてみると、札幌ドームのグラウンド面積は14,460㎡でした。もし、同様の規模の事業所だったら、年間800万を超える事業所税となります。

もちろん、床面積の内、娯楽教養室、食堂、売店の福利厚生施設など非課税部分もあります。

ですが、倉庫などは基本ほとんどが課税面積となります。


しかし、実はこの税金、すべての都市で納めなければならない訳ではありません。人口30万人以上の都市と決められています。

ですので、大きい事業所を計画されている方は、事業所税を課している都市か、ホームページなどで事前に確認をしてみて下さい。また、事業内容によっては免税になる場合もあります。やはり、確認は大切ですね。
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.11 23:51 | 職員カワちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2720-359ebde3

| ホーム |