FC2ブログ

暑い

こんばんは、スズメです。

今日は暑かったですね!!

暑くて、今年初めて事務所のエアコンをつけました。

もう、そんな時期なんですねー。

前回のブログでは、従業員が妊娠したら…という話だったので、今回は従業員の家族の介護が必要になったら?という話です。

まだ、私の両親は60代前半ぐらいなので、高齢ではないのですが、いずれ看病が必要になる時が訪れるかもしれません。

健康で長生きしてもらいたいのですが…

そこでそんなときに、介護のため休業することになったら雇用保険の給付のひとつに「介護休業給付」があります。

介護休業に入ると、会社からのお給料の支給がなくなる、または減額されるのが一般的です。

その部分をケアするために、支給されるものになります。

この介護休業の対象になるのは、親だけではなく配偶者、兄弟姉妹、祖父母、孫の介護も対象になります。

期間は、最長で3ヶ月(93日間)給付金の受給が出来ます。

支給される金額ですが、介護休業開始前の6ヶ月間のお給料の平均日額の67%になります。

ただ、会社からお給料が出る場合には、その金額により、給付金は減額されます。

介護休業給付金の対象者は、雇用保険の受給資格者、介護休業開始時に同一の会社で1年以上勤務していること、過去2年間の間に1年以上雇用保険に加入していること、この3つの条件を満たしている方になります。

また、介護休業中に出勤した場合、その支給単位期間(支給対象期間を1ヶ月あたりに区切ったもの)に、11日以上出勤すると、その期間は支給対象にならなくなります。

こちらの給付金の申請は、会社側がハローワークに行います。

申請期間は、介護休業が終了した翌日から2ヶ月を経過する日の属する月の月末までになります。

5月16日に介護休業が終了した場合には、7月31日迄が申請期間になります。


また介護休業中に、退職した場合には最後の支給単位期間の給付はありません。

詳細は、ハローワークにおたずねいただければと思います。

それではお疲れ様でした!!
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています!
 
よろしければクリックをお願いします!

Twitterボタン

2018.05.16 23:59 | 職員スズメ | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://simatax.blog119.fc2.com/tb.php/2723-4dceb164

| ホーム |